彼氏が欲しい!その本当の理由とは…?彼氏が欲しいと感じる瞬間7選

「彼氏が欲しい!」と感じる時、女性の心の中はどうなっているのでしょうか?

 

モテたい?

寂しい?

幸せになりたい?

 

「彼氏が欲しい!」と言っても、人によって理由は様々です。

 

本音の本音は、彼氏が欲しいわけではなく、満たされない何かを埋めたいだけかも…!??

 

「彼氏が欲しい!」女性たちの心理について迫ります。

 

彼氏が欲しいと感じる瞬間1、友達の結婚式

身近な友人の結婚式に参列した時、今まで仕事一筋だった女性でも、恋愛や結婚を考えるようになるようです。

 

素敵なチャペルと、披露宴会場

新婦の美しい花嫁姿

優しそうな新郎のエスコート

二人の幸せそうな笑顔

オープニング映像で知る二人の奇跡的な出会い

友人や会社の人たちからの祝福

親族の喜びと寂しさ…

 

そんなことを肌で感じ、自分のことを振り返った時に

 

「私、このままでいいのだろうか…?」

 

と焦りを感じるのです。

 

結婚して、パートナーと生きていく覚悟を決めるということは、とても素晴らしい選択の一つです。

 

けれど、イベントとしての結婚式は一瞬です。

結婚とは、その後、ずっと続いていく日常のこと。

 

「結婚式がしたい!」

「ドレスを着て写真を撮りたい!」

「みんなに祝福してもらいたい!」

 

と、彼氏を探したり、結婚を焦ると、思いもよらぬ間違った方向に、進んでしまう可能性もあります。

 

結婚式の雰囲気に飲み込まれずに、自分が本当に求めていることとは何か?しっかり向き合っていきましょう。

 

彼氏が欲しいと感じる瞬間2、幸せそうなカップルを見た時

結婚式も同様ですが、

 

街中で仲良く寄り添って歩いているカップルを見た時、

友達から彼氏とのラブラブ話を聞いた時

 

など、周りに感化されて「彼氏が欲しい!」という感情が 湧いてくるようです。

 

ここで気をつけたいのが、彼氏が欲しいというより、「自分だけ取り残されてしまうのではないか…」という焦りです。

 

みんなが彼氏の話をしているのに、自分だけ輪に入っていけないような疎外感を感じる。

 

その寂しさから、自分も彼氏を見つけなければ…!と焦っているのなら、その友達と無理をして仲良くする必要はないかもしれません。

 

本当の友達なら、あなたに彼氏がいようといまいと、あなたに寄り添い、話を聞いてくれるはずです。

 

幸せそうなカップルを見た時に、「私もこんなふうに、彼氏と二人で幸せな時間を過ごしたいな」と思うなら、出会いの準備を進めましょう!

 

けれど、「取り残されてしまう…!?」という焦りを強く感じるのなら、自分の本心と向き合う必要があるのではないでしょうか?

 

彼氏が欲しいと感じる瞬間3、恋人とのイベント前

花火

クリスマス

バレンタイン

誕生日…

 

イベントの季節に、一人で過ごすことを寂しく感じる女性は多いものです。

 

「友達と浴衣を着て花火も楽しいけれど、やっぱり彼氏と行きたいな」

「女子会でクリスマスパーティーもいいけれど、彼氏とロマンチックなデートがしたいな」

「自分自身に誕生日プレゼントもいいけれど、やっぱり彼氏から貰いたい!」

 

などなど、週末を一人で過ごすことに慣れている女性でも、テレビや雑誌、ネットからの情報から、恋人と過ごすイベントに触れると、憧れや寂しさが溢れ出るようです。

 

とはいえ、イベント事に間に合わせようと、焦って彼氏を見つけようとするのは危険です!

 

イベントを、どんな風に未来の彼氏と過ごしたいのか?

そんな未来の彼氏と出会うためには、どんな自分であるべきなのか?

 

少し落ち着いて考えてから、出会いのステップへと進みましょう。

 

彼氏が欲しいと感じる瞬間4、会社と家の往復に虚しさを感じた時

仕事はそれなりに充実している。

けれど、繰り返される会社と家との往復の日々に、虚しさや寂しさを感じ、彼氏をも求めるパターンです。

 

社内に出会いがない場合、会社と家との往復の生活では、出会いを期待することはできません。

そんな時は、勇気を出して、いつもと違う行動パターンを。

 

彼氏は欲しいけれど「出会いを探そう!」という積極的な気持ちになれない場合は、趣味で習い事を始めてみるのもいいですね。

 

最近は、オンラインサロンなどネットでつながり、オフラインでも交流のある場が増えています。

彼氏とは出会えなかったとしても、例えば「副業」や「資格」についてオンラインで学びながら、様々な出会いが生まれる…!

 

そんな風に充実した日々を過ごしていると、ガツガツ出会いを探している頃より、自然とご縁が結ばれてしまうから不思議ですよね。

 

彼氏が欲しいと感じる瞬間5、仕事やプライベートで辛いことがあった時

仕事で頑張りを認めてもらえなかった、

気軽に悩みを相談できる相手がいない、

身内に不幸があり、寂しさから立ち直れない、

 

そんな時、励まし合える彼氏がいたら…

辛いことがあった時こそ、そう感じるのではないでしょうか。

 

同性の友人に励ましてもらうのも一つですが、彼氏という信頼できる異性の視点からのアドバイスは、とても頼りになり、心の支えになるようです。

 

男性は、弱いものを助けたくなる、優しい生き物ですもんね。

辛い時に優しくしてくれた相手には、感謝せずにはいられません。

 

とはいえ、弱っている時は、とにかく支えが欲しくなって判断を謝る危険も!?

 

「異性」として見ることのできない男友達に甘えてしまい、後で大変な思いのしないよう、注意をしましょう。

 

彼氏が欲しいと感じる瞬間6、親に言われた時

20代も半ばくらいになると、親から

 

「○○ちゃん、結婚したんだって!?」

「あんたは彼氏はいるの??」

「今のうちに婚活しないと!」

 

などと、急かされはじめ、意識しだすパターンも多いですよね。

 

親や先生のいうことをよく聞く、優等生タイプの女性は特に、自分自身は特に彼氏が欲しいと思っていなくても、親や世間の常識に流されてしまうことが多いようです。

 

で、焦って出会いの場にいくけれど、全然楽しくない…

私はみんなと違って、どこかおかしいのかしら…

 

なんて、不安になったり。

 

親は心配をして言ってくれているはずなので、その気持ちはありがたいですが、自分の人生は自分でしか責任を取れません。

 

例え、親の紹介で、ものすごい条件の良い男性と出会えたとしても、付き合って幸せを感じるかどうかは、自分次第なのです。

 

親からの心配(愛情)だけはしっかり受け取って、自分の人生は自分で決める強さを持てたら、無駄に悩まずにすむのではないでしょうか。

 

彼氏が欲しいと感じる瞬間7、将来の不安を感じた時

孤独死のニュースなどを見て、

 

「彼氏もいないまま、年を重ね、一生一人で生きていくのか…?」

「子供は生まない人生なのか…?」

「老後はどうするのか…?」

「病気になったら、生活していけるのか…?」

 

と、将来に不安を感じた時、切実に「彼氏が欲しい!」と思う女性も多いようです。

 

助け合えるパートナーがいるのは素晴らしいことです。

 

彼氏との出会いを求めることも、もちろん良いですが、もし、一人で生きていくのは不安だけど、本心では彼氏を作るのは面倒…

 

というのであれば、一人で迎える老後のシュミレーションをしておくのも良いかもしれません。

 

人は、先が見えない暗闇や、予測できない状況に恐怖を感じるものです。

 

シュミレーションをすることで、どれくらいお金が必要で、貯金がどれだけ必要かなどが明確に分かれば、得体の知れない不安からは解放されるはずです。

 

彼氏が欲しい!その本当の理由とは…? まとめ

「本当に支え合えるパートナーが欲しい!」

「一人は不安、みんなに置いていかれる焦り」

「親のいうことや世間体が気になり…」

 

など、「彼氏が欲しい!」と言っても、様々な感情が隠されています。

もし、「彼氏が欲しい!」と感じた時は、少し落ち着いて、自分はどのパターンなのか分析してみてください。

 

そして、自分の欲を満たすためだけに彼氏を探しても幸せにはなれません!

 

「二人で」どんな未来を描いていきたいのか?

自分ばかりにならず、相手のことも思いやってみてくださいね。

 

THE BIBLE  彼氏が欲しい! 

「彼氏が欲しい!」気持ちの裏には、様々な想いが。

少し落ち着いて、自分が本当に求めている未来、感情を見つめること。

 

 

みんなで光を広げよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください