【二十四節気】立春(りっしゅん)にほほ笑む

はくとくん
こはく、おはよう!

2月3日から立春(りっしゅん)だね。気分が明るくなってきたよ。

こはくちゃん
はくと、おはよう!はくとが朝から元気で何よりだよ。

ところで、立春(りっしゅん)てなに?

はくとくん
暦の上では2月のはじめは立春(りっしゅん)といって春を迎える時期なんだよ。
こはくちゃん
へー、そうなんだ。

でも、まだ2月だし寒いし、春の感じがしないな。

井上りか
はくとくん、こはくちゃん、おはよう。

私もこはくちゃんの気持ちわかるなぁ。まだ雪が積もっている地域もあるしね。

2021年の立春(りっしゅん)は2月3日〜17日です。今日は立春についてのお話です♪

 

こんにちは。井上りかです。

今回は、二十四節気(にじゅうしせっき)の立春(りっしゅん)について簡単に分かりやすく、さらに、味わいながら過ごしていただけるようなお話をさせていただきます。

 

この記事を書いた人

 

二十四節気(にじゅうしせっき)とは

春秋戦国時代の中国で作られた暦です。

地球が太陽の周りを1週する1年を24等分にしてそれぞれの時期の天候や動植物の様子を示したもので、昔から農業の指標に使われています。

四季よりもリアルな季節の移ろいを表すもの、とも言えます。

一つの節気は約15日間 = 1年365日 ÷ 24 です。

二十四節気の特徴

1)毎年だいたい同じ月日に同じ節気がくる
2)農業の目安として使われている

今日お話する「立春」や

「立夏」「立秋」「立冬」
「春分」「夏至」「秋分」「冬至」

は二十四節気の名前です。

 

立春(りっしゅん)とは

二十四節気の1番目の節気で春が立つ=春の兆しが見え始める時期です。二十四節気の上では1年のはじまりとなります。

まだまだ寒い時期が続きますが、立春を過ぎてからはじめての強い南風「春一番」を迎えると本格的に春が進みます。

ちなみに、2021年の立春(りっしゅん)は2月3日〜17日の期間です。

 

立春(りっしゅん)のいろいろ

立春の色

二十四節気の一つの節気をさらに3つに分けた七十二候(しちじゅうにこう)というものがあります。七十二候ではさらに具体的な季節の変化が表されていて、それぞれの期間には伝統色があります。

二十四節気 1年365日 ÷ 24 = 約15日間/節気

七十二候 1節気約15日間 ÷ 3 = 約5日間/候

節気 期間(2021年)
立春 2月3日〜7日 東風解凍(はるかぜこおりをとく) 菜の花色
2月8日〜12日 黄鴬見睨(うぐいすなく) 卵色
2月13日〜17日 魚上氷(うおこおりをのぼる) 菜種色

 

早春の花 -菜の花(なのはな) –

2〜3月にかけて川原を散歩していると、春の訪れを告げる菜の花を見かけます。

花言葉は「快活」「明るさ」。

私たちも早春の温かい日は外に出たくなったり、明るい気持ちになりますね。

菜の花と言われるものには、観賞用、菜種油の原料となるナタネ、スーパーでよく見かける食用のなばななどがあります。それぞれ異なる品種です。

↑の左の紋様は源氏香(げんじこう)と言われるものの一部です。源氏香については、次に詳しくご紹介します。

 

年中使えるデザイン性の高い紋様 – 源氏香(げんじこう) –

今回は源氏香を取り上げました。

源氏香は江戸時代初期に香道(こうどう)から生まれた遊び「組香(くみこう)」の一種です。

組香とは二種以上の香を焚いて香の異同を判別することです。

源氏香の紋様は52種類でそれぞれに源氏物語(全54帖)の2〜51帖の帖名が付けられています。

※[三]香りを「嗅ぐ」ではなく香りを「聞く」といいます。

 

立春の体調

暦の上では春とはいえ、まだまだ寒い日が続きます。

体は体温を逃さないように毛穴が閉じている状態です。血液循環が悪く老廃物がたまりやすいので、むくみや肌荒れが起こりやすくなっています。

また、年度や生活の切り替えを控えているなど、心にもストレスを感じやすい時期です。

徐々に温かい日も増えてくるので新陳代謝が活発になる一方で、自律神経に負担がかかります。

菜の花、あさり、緑豆もやしなど、この時期ならではのデトックスを促す食材を取り入れて、心身への負担を軽くしましょう。

 

立春におすすめのレシピ- 菜の花の卵とじ –

七十二候の伝統色である菜の花色、卵色にちなんで菜の花の卵とじをご紹介します。

菜の花の苦味成分は余分な熱を鎮めたり、精神を安静させてくれます。

<菜の花に含まれる主な栄養>
・β-カロテン 体内でビタミンAに変換される。免疫力アップ。
・葉酸 ビタミンB12とともに赤血球をつくる。細胞の生産や再生を助ける。
・ビタミンE 老化防止に効果あり。
・ビタミンK 出血時に血液を固めて血を止める。骨の形成を促す。

 

おわりに

いかがでしたか?

日差しを暖かく感じて外に出ていきたい気持ちになる時期ですね。

私自身は、体が軽く感じたり、心がウキウキして前向きな気持ちになりますが、ちょっとしたことが気になったり落ち込んだりもします。

心身がストレスを抱えやすい時期なのだと分かっていると、自分の不調も受け入れやすくなるのではないでしょうか。

デトックス食材で心身の負担を軽くしながら、穏やかに笑顔で過ごしていきましょう。

弥栄ましませ。

こはくと
わーい!一足お先に春の気分だね〜^^

IYASAKAをもっと知りたい!

 

週刊IYASAKA無料メルマガ配信中!

みんなで光を広げよう!

ABOUTこの記事をかいた人

オンラインサロンIYASAKAメンバー。 プライベートでは育児・家事をしながら、フリーでビジネスをしているワーキングマザー。IYASAKAを広める活動を通じて”本当の幸せや豊かさとは何か”を追求してきた。たとえ暗い過去を背負っていても、自分次第で理想の未来を生きることができるという体験を広めていきたい。現在は、人がそれぞれに持っている本来の素晴らしさを引き出すセルフコーチとして活動中。 Twitter:井上りか✏️引き出して視覚化するコーチ ameblo:https://ameblo.jp/graphic-coach