【二十四節気】啓蟄(けいちつ)の戸を開ける

はくとくん
こはく、おはよう。

最近、日中はポカポカ日差しが暖かいね〜

こはくちゃん
はくと、おはよう!

今朝、道ばたで早咲きの桜に遭遇したの。すごくキレイだった〜

はくとくん
もうすぐ桜の季節だね。

そうそう、二十四節気(にじゅうしせっき)では3月5日から啓蟄(けいちつ)に入ったんだよ。

こはくちゃん
ん、ケイチツ?

どんな季節感なのかまったく想像がつかないよ〜

井上
はくとくん、こはくちゃん、おはよう。

私も、近所のお家の桜が咲いているのを見たよ。いよいよ春も本番だね。

2021年の啓蟄(けいちつ)は3月5日〜19日です。今日は啓蟄についてのお話です♪

 

こんにちは。井上です。

今回は、二十四節気(にじゅうしせっき)の啓蟄(けいちつ)について簡単に分かりやすく、さらに、味わいながら過ごしていただけるようなお話をさせていただきます。

 

この記事を書いた人

 

二十四節気(にじゅうしせっき)とは

春秋戦国時代の中国で作られた暦です。

地球が太陽の周りを1週する1年を24等分にしてそれぞれの時期の天候や動植物の様子を示したもので、昔から農業の指標に使われています。

四季よりもリアルな季節の移ろいを表すもの、とも言えます。

一つの節気は約15日間 = 1年365日 ÷ 24 です。

二十四節気の特徴

1)毎年だいたい同じ月日に同じ節気がくる
2)農業の目安として使われている

私たちに馴染みのある

「立春」「立夏」「立秋」「立冬」
「春分」「夏至」「秋分」「冬至」

は二十四節気の名前です。

 

啓蟄(けいちつ)とは

二十四節気の3番目の節気で、啓には「ひらく」という意味があり、蟄には「地中で眠る虫」という意味があります。

つまり、啓蟄は冬ごもりしていた虫が穴を開けて地中から顔を出す(そろそろ暖かくなる)時期とされています。

ちなみに、2021年の啓蟄(けいちつ)は3月5日〜19日の期間です。

 

啓蟄(けいちつ)のいろいろ

啓蟄の色

二十四節気の一つの節気をさらに3つに分けた七十二候(しちじゅうにこう)というものがあります。七十二候ではさらに具体的な季節の変化が表されていて、それぞれの期間には伝統色があります。

二十四節気 1年365日 ÷ 24 = 約15日間/節気

七十二候 1節気約15日間 ÷ 3 = 約5日間/候

節気 期間(2021年)
啓蟄 3月5日〜9日 蟄虫啓戸(すごもりむしとをひら) 若緑
3月10日〜14日 桃始笑(ももはじめてさく) 若葉色
3月15日〜19日 菜虫化蝶(なむしちょうとなる) 青磁色

 

春の花 -桃の花(もものはな) –

桃の花の見頃は3月下旬〜5月で、一重咲き、八重咲きがあり、花色も白、ピンク、赤などたくさんの品種があります。

花言葉は 「チャーミング」「気立ての良さ」「私はあなたのとりこ」「天下無敵」。

桃の花はたくさんの実をつけることから多産を意味する縁起の良い花とされ、女性を象徴する花言葉がつけられています。また、「天下無敵」は、古事記でイザナギノミコトが桃を投げつけて鬼女を退治した逸話からつけられたとされています。

ちなみに「桃」の節句といえば3月3日です。実際の桃の花の見頃より少し早いタイミングですが、なぜでしょうか?

もともと桃の節句は旧暦の3月3日です。旧暦(太陰暦)は現在の私たちが使っている太陽暦と1ヶ月ほどズレがあります。旧暦の3月3日は太陽暦の4月はじめ頃、つまり、桃の見頃時期となるのです。

 

啓蟄の体調

地中で冬眠していた虫が外に出てくる、という意味のあるこの時期は暖かさを感じる日が増えてくる頃です。

冬にため込んだ老廃物を排出しようと「肝」機能が活発に働くので体に負担がかかります。さらに、年度の切り替えといった環境変化を控えてストレスを抱えやすく、心の不調があらわれやすい時期です。

憂鬱な気分を和らげる効果のあるピーマン、不安定な精神を落ち着かせる作用のあるマグロ、イライラを抑えたりむくみや便秘解消を促すもずくを積極的に摂り入れて、心の負担を軽くしましょう。

 

啓蟄におすすめのレシピ- 白身魚のカルパッチョ –

この時期にあらわれやすいイライラ、目の疲れ、耳鳴りなどの不調を和らげる効果のあるもずくグレープフルーツを使ったお手軽レシピをご紹介します。

◆食材に含まれる栄養素◆

<もずく>
水溶性食物繊維の一種でぬめり成分でもあるフコイダンがおもな成分。フコイダンには、腸内環境を整え、コレステロールを排出し、アレルギー症状を抑えるといったはたらきがあります。糖質がほとんどないので、糖質制限をおこなっている方が摂り入れやすい食材です。

<グレープフルーツ>
風邪や美肌などアンチエイジング、また、がん予防に効果があるビタミンC、塩分の排出を促すカリウムが豊富です。特に、果実の赤いものは抗酸化作用が強く動脈硬化にも効果があります。なお、フラノクマリンという薬の血中濃度を上げる成分が含まれているので、薬を服用中の方は注意が必要です。

おわりに

いかがでしたか?

ポカポカ暖かくて上着を着て歩いていると暑く感じられるようになってきました。

明るくて空気も爽やかで気持ちの良い季節ですが、私自身はこんな陽気とは裏腹にちょっとしたことで気分が浮いたり沈んだりして、ため息が出ることが多いです。

柑橘系の匂いを嗅いだり、体がスッキリする食材を積極的に摂り入れて、晴々とした気持ちで新しい年度に向かっていきましょう。

弥栄ましませ。

こはくと
いつもあなたのことを応援しているよ〜^^

IYASAKAをもっと知りたい!

 

週刊IYASAKA無料メルマガ配信中!

みんなで光を広げよう!