【二十四節気】穀雨(こくう)に喜び感謝する

こはくちゃん
はくと、おはよう!

4月もあっという間に過ぎていくね。最近は日差しが眩しいよー。外で遊んでいると帽子が手放せないな。

はくとくん
こはく、おはよう。

そうだね。昨日、友だちと外で遊んで家に帰ったらお母さんが「日に焼けたねー!」ってビックリしてたよ。

こはくちゃん
言われてみれば、、、、はくと、ちょっと焼けたかもね。ちゃんと帽子かぶりなよ。
はくとくん
ありがとう。帽子を忘れないように気をつけるよ。

ところで、二十四節気(にじゅうしせっき)では4月20日から穀雨(こくう)だね。

井上りか
はくとくん、こはくちゃん、おはよう。

二人ともお外でいっぱい遊んで気持ちよさそうだね。日焼け止めと帽子を忘れずに思う存分外遊びを楽しんでね〜

2021年の穀雨(こくう)は4月20日〜5月4日です。今日は穀雨についてのお話です♪

 

こんにちは。井上りかです。

今回は、二十四節気(にじゅうしせっき)の穀雨(こくう)について簡単に分かりやすく、さらに、味わいながら過ごしていただけるようなお話をさせていただきます。

 

この記事を書いた人

 

二十四節気(にじゅうしせっき)とは

春秋戦国時代の中国で作られた暦です。

地球が太陽の周りを1週する1年を24等分にしてそれぞれの時期の天候や動植物の様子を示したもので、昔から農業の指標に使われています。

四季よりもリアルな季節の移ろいを表すもの、とも言えます。

一つの節気は約15日間 = 1年365日 ÷ 24 です。

二十四節気の特徴

1)毎年だいたい同じ月日に同じ節気がくる
2)農業の目安として使われている

私たちに馴染みのある

「立春」「立夏」「立秋」「立冬」
「春分」「夏至」「秋分」「冬至」

は二十四節気の名前です。

 

穀雨(こくう)とは

二十四節気の6番目の節気で「穀物に実りをもたらす雨がしっとりと降りそそぐ頃」と言われています。

変わりやすい春の天気もこの頃から安定し、次第に日差しも強まりはじめます。この時期に種をまくと雨に恵まれることから、作物がよく成長すると言われます。

2021年の穀雨(こくう)は4月20日〜5月4日の期間です。

 

穀雨(こくう)のいろいろ

穀雨の色

二十四節気の一つの節気をさらに3つに分けた七十二候(しちじゅうにこう)というものがあります。七十二候ではさらに具体的な季節の変化が表されていて、それぞれの期間には伝統色があります。

二十四節気 1年365日 ÷ 24 = 約15日間/節気

七十二候 1節気約15日間 ÷ 3 = 約5日間/候

節気 期間(2021年)
穀雨 4月20日〜24日 葭始生(あしはじめてしょうず) 紅梅色
4月25日〜29日 霜止出苗(しもやみてなえいずる) 薄紅
4月30日〜5月4日 牡丹華(ぼたんはなさく) 桜桃色

 

4〜5月に使える模様 -藤柄(ふじがら) –

藤の咲く季節は4月~5月。ちょうど桜の季節が終わった頃から藤が咲きはじめます。

古来、日本では、藤の花の紫は高貴な色とされています。「万葉集」でも多く詠まれ、「枕草子」には‟めでたきもの”‟貴なるもの”と称えられています。

藤は繁殖力が強く、他の樹木に絡みながら伸びていくことから長寿、子孫繁栄の象徴とされてきました。また、「ふじ」は不二、不死につながることから、平安時代に栄華を極めた藤原氏が名前や家紋に取り入れました。

また、他の多くの花が上向きに咲くのに対し、藤の花は下向きに花穂が垂れ下がります。このことから、藤の花は天と大地をつなぐものであり、神や仏が地上に降臨する時の雲を意味すると言われています。

なお、藤が散る頃に藤の着物を着るのは避けるのがマナーです。

穀雨の体調

この時期は血流が悪化しやすく、古い血が体内に溜まっています。このため栄養が全身に巡りにくく、代謝も低下しています。特に、長時間のスマホやパソコン作業で目を酷使したり、座りっぱなしのデスクワークは血流を悪化させる原因となります。

血の巡りを促すために入浴はシャワーで済ませず、湯船にゆっくり浸かりましょう。また、ちょっとした時間でできるストレッチや近所を軽く散歩してみるなど体を動かすことも効果的です。

睡眠時間を十分に取ることも血行促進のために大切です。

体を温めて血流を良くする納豆、肩こりを改善したり安眠に効果のある三つ葉を積極的に摂り入れて、イライラや鬱々した気分を解消することで心と体を整えてまいりましょう。

 

穀雨におすすめのレシピ- 納豆と三つ葉とマグロのなめろう –

血行を良くして肩こりや冷えを改善する効果のある納豆、三つ葉を使ったお手軽レシピをご紹介します。

◆食材に含まれる栄養素◆

<納豆>
5大栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラル)のほか食物繊維も豊富な優良食品。発酵食品でもあるので代謝酵素となり疲労回復やストレス・イライラの解消を促します。

<三つ葉>
βカロテンと塩分の排出を促すカリウムが豊富。βカロテンは体内でビタミンAに変換され、髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、そして、喉や肺など呼吸器系統を守る役割を持っています。

 

おわりに

いかがでしたか?

4月下旬に入りました。新生活や新年度がスタートして気持ちや生活の切り替えも落ち着いてきた頃でしょうか?

ワクワク、ドキドキといった緊張感から解放された途端、それまでの疲れがどっと出て心身の不調が出やすい時期でもあります。

血の巡りを良くする食材を摂り入れたり、湯船につかって体を温めたり、近所をお散歩したり、血行を良くする生活習慣を一つ取り入れてみましょう!

弥栄ましませ。

こはくと
いつもあなたのことを応援しているよ〜^^

IYASAKAをもっと知りたい!

 

週刊IYASAKA無料メルマガ配信中!

みんなで光を広げよう!

ABOUTこの記事をかいた人

オンラインサロンIYASAKAメンバー。 プライベートでは育児・家事をしながら、フリーでビジネスをしているワーキングマザー。IYASAKAを広める活動を通じて”本当の幸せや豊かさとは何か”を追求してきた。たとえ暗い過去を背負っていても、自分次第で理想の未来を生きることができるという体験を広めていきたい。現在は、人がそれぞれに持っている本来の素晴らしさを引き出すセルフコーチとして活動中。 Twitter:井上りか✏️引き出して視覚化するコーチ ameblo:https://ameblo.jp/graphic-coach