立夏(りっか)に走り出す

はくとくん
こはく、おはよう。

いよいよ夏だねー!暑い日が増えてきたし、お外でいっぱい遊んだ後のアイスは最高だね!

こはくちゃん
はくと、おはよう!

えーっ!?まだ5月のはじめなのにもう夏なの?

はくとくん
そうなんだよ。二十四節気(にじゅうしせっき)では5月5日から立夏(りっか)に入ったよー
こはくちゃん
そっかぁ!暦の上では、夏が始まるってことなんだね。私も暑い日に食べるアイスが大好きだよ!
井上りか
はくとくん、こはくちゃん、おはよう。

連休はいっぱいお外で遊べたかな。この時期、私はお外で食べるジェラートが好きです。

2021年の立夏(りっか)は5月5日〜5月20日です。今日は立夏についてのお話です♪

 

こんにちは。井上りかです。

今回は、二十四節気(にじゅうしせっき)の立夏(りっか)について簡単に分かりやすく、さらに、味わいながら過ごしていただけるようなお話をさせていただきます。

 

この記事を書いた人

 

二十四節気(にじゅうしせっき)とは

春秋戦国時代の中国で作られた暦です。

地球が太陽の周りを1週する1年を24等分にしてそれぞれの時期の天候や動植物の様子を示したもので、昔から農業の指標に使われています。

四季よりもリアルな季節の移ろいを表すもの、とも言えます。

一つの節気は約15日間 = 1年365日 ÷ 24 です。

二十四節気の特徴

1)毎年だいたい同じ月日に同じ節気がくる
2)農業の目安として使われている

今回ご紹介する「立夏」をはじめ、私たちに馴染みのある

「立春」「立秋」「立冬」
「春分」「夏至」「秋分」「冬至」

は二十四節気の名前です。

 

立夏(りっか)とは

二十四節気の7番目の節気で「夏の兆しが見え始める頃という意味で、陽気も増し夏の気配を感じる」時期です。春に咲いた花が散り、緑が生い茂ってくるこの時期に田植えや種まきが始まります。

地域によっては、5月上旬から梅雨に入るまでの間に田植えの御神事や豊作を願う祭りが行われます。

2021年の立夏(りっか)は5月5日〜5月20日の期間です。

 

立夏(りっか)のいろいろ

立夏の色

二十四節気の一つの節気をさらに3つに分けた七十二候(しちじゅうにこう)というものがあります。七十二候ではさらに具体的な季節の変化が表されていて、それぞれの期間には伝統色があります。

二十四節気 1年365日 ÷ 24 = 約15日間/節気

七十二候 1節気約15日間 ÷ 3 = 約5日間/候

節気 期間(2021年)
立夏 5月5日〜日 蛙始鳴(かわずはじめてなく) 若苗色(わかなえいろ)
5月10日〜14日 蚯蚓出(みみずいずる) 若草色(わかくさいろ)
5月15日〜5月20日 竹笋生(たけのこしょうず) 若芽色(わかめいろ)

 

4〜6月に使える模様 -牡丹(ぼたん) –

牡丹の花は4月下旬〜5月に見頃の時期を迎えます。また、春と秋に花を咲かせる寒牡丹(かんぼたん)は11~1月にも花を楽しむことができますし、開花調整をして冬に咲かせる冬牡丹(ふゆぼたん)などもあります。

大輪で優美な花姿で格調高い印象を与える牡丹について、日本を代表する歌人与謝野晶子は、牡丹の花を「神秘の花」「熱の花」と呼び、歌をいくつも詠んでいます。原産地の中国では、楊貴妃のシンボルでもあります。

優雅で豊かな意味を持つ花言葉「王者の風格」「富貴」を持つ一方で、アジア人の奥ゆかしさも感じさせる「恥じらい」もその一つです。

 

立夏の体調

空が青く晴れ渡ってさわやかな風が吹き、体への負担が少なく過ごしやすい時季です。

新しい環境に慣れてきた頃に連休に入り、張り詰めた気持ちが一気に緩やかになってきます。ポジティブな気持ちに任せて仕事をがんばり過ぎたり、遊びに一生懸命になって、不摂生しやすい時期でもあります。

このため、知らぬ間に溜まった疲れが心身にダメージを与えます。

明るい時間に活動をして、夜はゆっくり休む、といった太陽に合わせた生活リズムを意識しましょう。

合わせて、疲労回復と免疫力アップに役立つアボカド、頭の重い感じ、倦怠感、憂鬱感を引き起こす原因となる体内の水分を排出する効果のあるレモンを積極的に摂り入れて疲労解消を促し、心と体を整えていきましょう。

穀雨におすすめのレシピ-アボカド、ベーコン、レモンのグラタン –

疲労回復や老廃物の排出に効果のあるアボカド、明るい気持ちになる香りの成分を持つレモンを使ったお手軽レシピです。

◆食材に含まれる栄養素◆

<アボカド>
お通じを促す食物繊維が多く含まれています。他にも脳が正常に機能するために重要なビタミンとなる葉酸、ナトリウムを排出して血圧の上昇を抑えるカリウムが豊富です。また、銅やマグネシウムなど骨や体の健康維持に欠かせないミネラルも含まれています。

<レモン>
皮膚や細胞のコラーゲンの合成に必須となるビタミンC、日常生活や運動後の疲労感を軽減し、カルシウムや鉄などのミネラルの吸収を高める働きのあるクエン酸が豊富です。他にもカリウム、葉酸、食物繊維が含まれます。

 

おわりに

いかがでしたか?

連休中は楽しくて朝から晩まで家族や仲間と、あるいは一人で、自由に過ごしたいように過ごすことが多かったのではないでしょうか?

そして、休暇が楽しければ楽しいほど、連休明けの心身のエンジンがなかなかかからないものです。

ただ、こういった心身の気怠さや憂鬱感は、生活リズムを整えたり、排出や疲労回復を促す食材を摂り入れたりすることでも改善できます。また、太陽のリズムに合わせて早寝早起きをはじめてみましょう。毎日少しずつ過ごしやすくなっていくはずです。

弥栄ましませ。

こはくと
夏に向けて心も体もスッキリしましょう^^

IYASAKAをもっと知りたい!

 

週刊IYASAKA無料メルマガ配信中!

みんなで光を広げよう!

ABOUTこの記事をかいた人

オンラインサロンIYASAKAメンバー。 プライベートでは育児・家事をしながら、フリーでビジネスをしているワーキングマザー。IYASAKAを広める活動を通じて”本当の幸せや豊かさとは何か”を追求してきた。たとえ暗い過去を背負っていても、自分次第で理想の未来を生きることができるという体験を広めていきたい。現在は、人がそれぞれに持っている本来の素晴らしさを引き出すセルフコーチとして活動中。 Twitter:井上りか✏️引き出して視覚化するコーチ ameblo:https://ameblo.jp/graphic-coach