【二十四節気】大暑(たいしょ)にからだの声を聴く

はくと
ねぇ、こはく見て!!暑中見舞いってのが届いたんだよー!うれしいな(^^♪
こはく
あら!もうそんな季節なのねぇ~!普段会わない人からのお便りが届くと嬉しいわね。暑中見舞いは小暑、大暑の期間で梅雨明けから出すって言われているわね。次の節気の立秋になると残暑見舞いに変わるのよね。
はくと
そっかぁ、じゃ、暑中見舞いで早速お返事を書こうっと!

こんにちは。

今回は、二十四節気(にじゅうしせっき)の大暑(たいしょ)7月22日~8月6日について簡単に分かりやすく、さらに、味わいながら過ごしていただけるようなお話をさせていただきます。

この記事を書いた人

二十四節気(にじゅうしせっき)とは

春秋戦国時代の中国で作られた暦です。

地球が太陽の周りを1週する1年を24等分にしてそれぞれの時期の天候や動植物の様子を示したもので、昔から農業の指標に使われています。

四季よりもリアルな季節の移ろいを表すもの、とも言えます。

一つの節気は約15日間 = 1年365日 ÷ 24 です。

二十四節気の特徴

1)毎年だいたい同じ月日に同じ節気がくる
2)農業の目安として使われている

「立春」「立夏」「立秋」「立冬」
「春分」「夏至」「秋分」「冬至」

は二十四節気の名前です。

 

大暑(たいしょ)とは

二十四節気の12番目の節気で「最も暑さが厳しい」頃です。夏の最後の節気ですが、暑さのピークとも言えるでしょう。

2021年の大暑(たいしょ)は7月22日〜8月6日の期間です。

大暑が明け、秋の節気「立秋」になると、ニュースなどでも「暦の上では秋」と言われます。(2021年は8月7日が立秋)

 

「立春」「立夏」「立秋」「立冬」に入る前には必ず【土用(どよう)】という期間があります。

夏の土用が一番有名で、今回は7月19日から土用入りしています。土用は18日前後続くので、大暑の期間はずっと土用の期間に当たります。

 

「土用の丑の日にはうなぎを食べると良い」と言うのが有名ですが、2021年土用の丑の日は7月28日の1度だけになりますので、

「土用の丑にうなぎを食べる」と心に決めている方は見逃さないようにしましょう♪

 

また、昔から土用の時期には、「土いじりは控える」と言われています。五行説の木火土金水の考え方では「土」の時期に当たり、土の気が盛んな時期に、掘り起こすことが凶とされました。土木工事、家の建築、井戸堀り、現代ですとガーデニングなどが「土いじり」に当たります。

ですが、土用は約18日間続くため、土いじりをしても凶にならない【間日(まび)】が設けられています。

夏の期間中は、卯、辰、申の日が間日に当たり、今回の夏土用では、

7月19日、23日、30日、31日、8月4日

の5日間となっています。

 

大暑前後の二十四節気

立秋(りっしゅう)8月7日~8月22日

【二十四節気】立秋(りっしゅう)に感性を研ぎ澄ませる

2021年8月5日

小暑(しょうしょ)7月7日~21日

【二十四節気】小暑(しょうしょ)に想いをめぐらす

2021年7月6日

 

大暑(たいしょ)のいろいろ

大暑の色

二十四節気の一つの節気をさらに3つに分けた七十二候(しちじゅうにこう)というものがあります。七十二候ではさらに具体的な季節の変化が表されていて、それぞれの期間には伝統色があります。

二十四節気 1年365日 ÷ 24 = 約15日間/節気

七十二候 1節気約15日間 ÷ 3 = 約5日間/候

節気 期間(2021年)
大暑 7月22日〜26日 桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ) 空色(そらいろ)
7月27日〜8月1日 土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし) 藍白(あいじろ)
8月2日〜6日 大雨時行(たいうときどきにふる) 水色(みずいろ)

 

一年中使える模様 – 麻の葉文様(あさのはもんよう) –

六角形の幾何学模様で、平安時代から使われてきています。後に形が麻の葉に似ていることから麻の葉文様と言われるようになりました。

鬼滅の刃で、主人公炭治郎の妹・禰豆子(ねずこ)が身に着けていることで一躍有名になりましたね。

人々はこの模様に麻の葉の生育の早さ、丈夫さから【子供の成長】という願いを込めました。

子供だけが身に着けられるという意味ではなく、大人も身に着けられ、通年使える文様となります。

 

 

大暑の体調

梅雨が明け、暑さが厳しい為、からだは必然的に冷たい飲み物を欲します。

しかし、氷を入れたドリンクやアイス、24時間の冷房で体の芯は意外と冷えています。

冷たいもののとりすぎは胃腸の働きを低下させ、体内に余分な熱や水を溜め込んでしまう結果に!

季節の野菜であるトマトきゅうりなす、ズッキーニは体に潤いをもたらし、熱を冷ます効果があるので旬の食材を積極的に取り入れていくのがおススメ!

また、暑気払いやビヤガーデンなど飲酒の機会も増えます。お酒を飲むとその時は気分が上がったり、陽気になったりしますが、酔いが冷めたときにはその反動でネガティブになってしまうことも…。ちょっと飲みすぎかも…と感じた時には早めにからだを休ませましょう。

 

 

大暑におすすめのレシピ- 焼きなすのトマトマリネ –

◆食材に含まれる栄養素◆

<リコピン>
トマトの赤色に含まれる抗酸化物質であるリコピンは、紫外線によるダメージを予防・回復させてくれる効果が期待できます。

<カリウム>
熱中症予防に、水分と共に塩分を意識的に摂取する時期ですが、なすに含まれるカリウムの働きで体内の余計な塩分を排出してくれます。結果、むくみ解消、高血圧予防に効果的と考えられます。

 

おわりに

夏休みに入り、海や山でのレジャーの季節となります。夏は陽の気が盛んなので、ついついはしゃぎすぎたり、ハメを外してしまうことも多く、後から振り返ると「ちょっとやりすぎた」「もう少し控えておけば…」と後悔することも多いですよね(´;ω;`)

とにかく、開放的になるため、【ほどほど】をいつも以上に心がけ、しっかりと自分自身の心とからだの声を聴いていきましょう。

こはくと
しっかりと体調管理をして、夏を楽しもう♪

 

参照サイト・書籍

令和三年 神宮館高島歴 東京神宮館

七十二候の食薬レシピ 大友育美 (Gakken)

あ、その情報ほしかったんです

 

【二十四節気】夏至(げし)に背伸びする

2021年6月17日

IYASAKAをもっと知りたい!

 

週刊IYASAKA無料メルマガ配信中!

みんなで光を広げよう!