【二十四節気】寒露は潤いを保つを心がけて!イベントは旧暦9月9日重陽の節句と10月の月見十三夜

寒露アイキャッチ
はくと
最近空気が澄んでいてとても空がきれいだね
こはく
そうねぇ、夕暮れが早くなったけど、夕焼けも綺麗よね
はくと
そういえば、先月のお月見をやったら、今月もお月見をするっていうのがあったよね!忘れるところだった

はくとくんの言う通り、今月は十三夜というお月見があります。

これは、9月の十五夜とセットで行うお月見で、満月の2日前の十三日目の月を眺めて収穫の感謝の気持ちを伝えることです。

はくとくん、思い出せてよかったですね(^^♪

 

さて、今回は、二十四節気(にじゅうしせっき)の寒露(かんろ)10月8日~22日について分かりやすく、日々の生活に深みが増し、味わいながら過ごせるようなお話をさせていただきます。

この記事を書いた人

二十四節気(にじゅうしせっき)とは

春秋戦国時代の中国で作られた暦です。

地球が太陽の周りを1週する1年を24等分にしてそれぞれの時期の天候や動植物の様子を示したもので、昔から農業の指標に使われています。

四季よりもリアルな季節の移ろいを表すもの、とも言えます。

一つの節気は約15日間 = 1年365日 ÷ 24 です。

二十四節気の特徴

1)毎年だいたい同じ月日に同じ節気がくる
2)農業の目安として使われている

「立春」「立夏」「立秋」「立冬」
「春分」「夏至」「秋分」「冬至」

は二十四節気の名前です。

今回の秋分は、毎年祝日なので馴染み深いですね。昼と夜の長さが同じになる日です。

 

寒露前後の二十四節気

秋分(しゅうぶん)9月23日〜10月7日

秋分アイキャッチ

【二十四節気】秋分に先祖をしのぶ~体調面は気分の塞ぎこみに注意!

2021年9月20日

霜降(そうこう)10月23日~11月6日

霜降アイキャッチ

【二十四節気】霜降にエネルギーを蓄える~秋土用は辰の日に【た】がつく食べ物、青を食べると吉

2021年10月22日

 

寒露(かんろ)とは?この時期のイベント

二十四節気の17番目の節気でいよいよ次は秋の最後の節気となります。草木に冷たい露がつき、空気が澄み渡る時期です。

十三夜

冒頭でもお伝えしましたが、2021年の十三夜は10月18日(月)

この日はお団子を13個ならべて収穫の感謝を伝えます。(下段:3×3=9個,中段:2×2=4個,上段:1個)

お月見には団子が欠かせませんが、実は簡単に作れるのでレシピを載せておきます。

月見団子レシピ

旧暦9月9日 重陽(ちょうよう)の節句

菊

2021年は10月6日が旧暦の9月1日に当たります。時期の関係から今はマイナーとなってしまった重陽の節句ですが、5大節句の中でも最も大切に扱われた節句です。旧暦の9月9日(重陽の節句)は新暦で言うと10月14日(木)にあたります。

新暦で花の準備が難しい分、この時期に菊の花を愛でたり、菊酒を楽しむのも良いと思っています。

土用入り

10月20日から土用期間に入ります。土用とは、季節の境目の約18日間のことで、年に4回あります。この時期は、土の気が盛んになっているので、土いじりや建物の基礎工事などを避けた方が良いと昔から言われています。

次節気の霜降は全て土用の期間に当たります。

 

寒露(かんろ)のいろいろ

寒露の色

二十四節気の一つの節気をさらに3つに分けた七十二候(しちじゅうにこう)というものがあります。七十二候ではさらに具体的な季節の変化が表されていて、それぞれの期間には伝統色があります。

伝統色は植物や動物、自然のものから名前をとっています。少しずつ覚えて生活に取り入れていきましょう。

二十四節気 1年365日 ÷ 24 = 約15日間/節気

七十二候 1節気約15日間 ÷ 3 = 約5日間/候

節気 期間(2021年)
寒露 10月8日〜12日 鴻雁来(こうがんきたる) 江戸紫(えどむらさき)
10月13日〜10月17日 菊花開(きくのはなひらく) 二藍(ふたあい)
10月18日〜22日 蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり) 葡萄色(えびいろ)

 

菊文

寒露の色

菊は中国から伝わり、昔は薬草として用いられました。長寿を意味し、邪気を払うとされ、重陽の節句には菊の花を愛で、菊花にかぶせた綿で身を清めました。

日本では皇室の花として用いられています。日本は世界一長く続く国なので、もしかしたら国としての長寿の意味も込められているのかもしれませんね。

菊は季節的には10月前後に咲く花ですが、一年中使える柄となります。

寒露の体調

潤い

秋の節気のテーマです、引き続き乾燥に注意し、潤いを保つことを心がけたい時期。【肺】を労わることが大切です。そのためには体に潤いを与えるものを取り入れましょう。肺が弱まると寂しくなったりネガティブになったりと気の巡りが悪くなります。乾燥を防ぎ、潤いを保ち、疲れを溜めこまないよう気の巡りを良くすることを心がけていきましょう。

この季節は梨が旬ですね。冬にかけては西洋梨も出てきます。梨は疲労回復効果が高く、エネルギー代謝を助けてくれる働きがありますので積極的に取り入れましょう。

 

寒露におすすめのレシピ- 梨のはちみつコンポート-

◆食材に含まれる栄養素◆

<アスパラギン酸>
梨に多く含まれるアスパラギン酸は疲労物質である乳酸をエネルギーに変える働きがあり、疲労回復に効果があります。

<食物繊維>
梨には食物繊維が含まれ、この働きにより腸内環境を整えてくれます。腸内に善玉菌が増えると美肌にもつながる嬉しい効果です。

梨のコンポートレシピ

簡単に作れます小腹がすいた時や食欲のない朝などにもおススメです(^^♪

気疲れが多くてしんどい…そんなあなたはHSPかも!

2020年9月20日

人生に絶望し疲れた時。復活するための具体的方法とマインドセットとは?

2019年7月17日

おわりに

例年ではこの頃にスポーツの日(体育の日)を迎えますが、2021年の10月は祝日がないですね。

10月なのに30度近くまで気温が上がる日もあれば、台風がやってきたりと季節の境目がなくなっているような気がしています。

極端な気温差が多いので体にも疲労が蓄積しやすくなります。いつも以上に疲れを溜めこまないよう自分を労わり、気を巡らす体と生活を心がけましょう。

2021年もあと3か月を切りました。だんだんと来年の気も流れ始める頃です。2022年を素敵に迎えられるよう、毎日を精一杯生きていきましょう。

 

こはくと
休息を入れつつ、潤いを保っていこう

 

参照サイト・書籍

令和三年 神宮館高島歴 東京神宮館

七十二候の食薬レシピ 大友育美 (Gakken)

あ、その情報ほしかった

IYASAKAをもっと知りたい!

 

週刊IYASAKA無料メルマガ配信中!

みんなで光を広げよう!