【二十四節気】立冬~暦の上では冬!からだはセーブモードに突入。冬に向けた心の準備をしよう

はくと
あー、なんかここのところ空気が澄んでいてとても気持ちがいいなぁ
こはく
そうね!秋も深まってきたと思ったけど、暦の上では冬のはじまりになるわね
はくと
え!まだ雪も積もっていないのに、もう冬になっちゃったの~!

2021年の11月7日は立冬です。冬が立つと書いて、暦の上では冬のはじまりとなります。また季節がひとつ進みました。これから年越しに向けて今年中にやっておきたいこともまだまだありますし、体調管理も欠かしたくないですよね。

今回は、二十四節気(にじゅうしせっき)の立冬(りっとう)11月7日~11月21日について分かりやすく、日々の生活に深みが増し、味わいながら過ごせるようなお話をさせていただきます。

この記事を書いた人

二十四節気(にじゅうしせっき)とは

春秋戦国時代の中国で作られた暦です。

地球が太陽の周りを1週する1年を24等分にしてそれぞれの時期の天候や動植物の様子を示したもので、昔から農業の指標に使われています。

四季よりもリアルな季節の移ろいを表すもの、とも言えます。

一つの節気は約15日間 = 1年365日 ÷ 24 です。

二十四節気の特徴

1)毎年だいたい同じ月日に同じ節気がくる
2)農業の目安として使われている

「立春」「立夏」「立秋」「立冬」
「春分」「夏至」「秋分」「冬至」

は二十四節気の名前です。

今回の秋分は、毎年祝日なので馴染み深いですね。昼と夜の長さが同じになる日です。

 

立冬前後の二十四節気

霜降(そうこう)11月7日~21日

霜降アイキャッチ

【二十四節気】霜降にエネルギーを蓄える~秋土用は辰の日に【た】がつく食べ物、青を食べると吉

2021年10月22日

小雪(しょうせつ)11月22日~12月6日

 

立冬(りっとう)とは?この時期のイベントは?

二十四節気バイブル秋晴れ

二十四節気の19番目の節気。暦の上では冬のはじまりです。秋から冬へと移り変わる前に土用期間がありましたが、秋土用も終了しました。みなさま、辰の日に【た】がつく食べ物はお召し上がりになりましたか?

ようやく土用が明け、「さぁ!活動しよう!」という時期になりますので、出かけたい場所ややりたい事がある方は大いに楽しんでください。

立冬は冬が立つと書きます。注意深く観察すると、時々冬の気配が感じられる時期です。体感的にはまだまだ秋で、秋晴れで温かい日も多いですが、冬の気が入り始めたと理解すると良いですね。

二十四節気の冬は、2021年11月7日から2022年2月3日まで。これから

立冬→小雪→大雪→冬至→小寒→大寒

と6つの季節を経験します。

11月15日は七五三がありますし、今月は酉の市も立ちます(^^)

 

2021年の酉の市は?

熊手

11月9日(火)と21日(日)になります。

1か月に巡ってくる酉の日に開催されるので、一の酉、二の酉、三の酉まである年もあります。

2021年は二の酉までですね。21日は日曜日なので、賑わいが戻ってきそうですね。

浅草でも開催されるようなので、ご興味のある方は訪れてみてはいかがでしょう?

浅草酉の市

 

熊手が縁起物とされる理由

熊手の機能から、福を集めるという意味で縁起物として扱われます。はじめて購入する際には小さなものからはじめ、年々形を大きくするのが良いそうですよ!

1000円くらいの小さなものから、数十万円の大きなものまで本当に様々なものが売られています。

 

霜降(そうこう)のいろいろ

二十四節気バイブル色と模様

立冬の色

二十四節気の一つの節気をさらに3つに分けた七十二候(しちじゅうにこう)というものがあります。七十二候ではさらに具体的な季節の変化が表されていて、それぞれの期間には伝統色があります。

伝統色は植物や動物、自然のものから名前をとっています。少しずつ覚えて生活に取り入れていきましょう。

二十四節気 1年365日 ÷ 24 = 約15日間/節気

七十二候 1節気約15日間 ÷ 3 = 約5日間/候

節気 期間(2021年)
立冬 11月7日〜11日 山茶始開(つばきはじめてひらく) 鬱金色(うこんいろ)
11月12日〜16日 地始凍(ちはじめてこおる) 藁色(わらいろ)
11月17日~21日 金盞香(きんせんかさく) 黄土色(おうどいろ)

 

紗綾型(卍つなぎ)

地紋としてよく用いられる文様で、同じ柄が限りなく続く様子から繁栄や長寿を願う意味がこめられています。年間を通して使える柄です。

 

立冬の体調

夜の勉強

冬の澄んだ空気は気持ちをキリっとさせてくれ、身が引き締まります。夜が長いことから勉強や読書などに時間を費やすことが増えますが、内に内に向かいすぎるエネルギーが強まるとストレスが溜まってしまいます。

ついつい頑張りすぎてしまう方は、良い意味でほどほどを取り入れていきましょう。

舌の裏をチェックしてみて黒っぽいと感じた時には血流が滞っている可能性大!血を補う黒砂糖で気分転換のゆず茶をつくるのがおススメ!

立冬におすすめのレシピ- 黒糖ゆず茶-

◆食材に含まれる栄養素◆

<鉄分>
黒糖には血を補う鉄分が含まれています。白砂糖には測定できる鉄分が含まれておらず、普段の砂糖を黒糖に変えることで、鉄分を補うことができ、同時にカロリーダウンにもつながります。また、白砂糖と比べてカルシウムの量が240倍あることから、精製された砂糖よりも黒糖を使うことで、普段の食事から体に必要な様々な成分を取り入れることができます。

<ビタミンC>
ゆずには豊富なビタミンCが含まれます。実はビタミンCは、外部から侵入してきたウイルスや細菌と戦う好中球という血液細胞に多く含まれているため、免疫力アップにも効果を期待できます。

黒糖ゆず茶レシピ

 

おわりに

あっという間に季節は冬になりましたね!毎日少しずつ変化していく季節を感じられるのも日本に住んでいるからこそだと嬉しく思います。冬は内に向かうエネルギーが高くなるので、上手に活用してやりたいことを行っていきましょう!

インプットするときにアウトプットをイメージすると吸収スピードも効率も上がるので意識してみてくださいね(^^)/

こはくと
今から冬に備えて心の準備をしておこう

 

参照サイト・書籍

令和三年 神宮館高島歴 東京神宮館

七十二候の食薬レシピ 大友育美 (Gakken)

あ、その情報ほし

IYASAKAをもっと知りたい!

 

週刊IYASAKA無料メルマガ配信中!

みんなで光を広げよう!