集中できない、やる気が出ない・・・集中できない根本原因と集中力を高める5つの解決法とは?

こんにち和。

「仕事や勉強に取組みたいけど集中できない」「わかってはいるけどやる気が出ない」なんて思うことよくありませんか?

人は集中できないと「自分の能力がない」とか「怠けていてダメな人間だ」なんて考えてしまいがちです。

ですがそれではセルフイメージを傷つけてしまうので、全くの逆効果になってしまいます。

今回は「集中できない」「やる気が出ない」という方に、その悩みを解決する解決法をお伝えしていきます。

この記事を書いた人

集中できない、やる気が出ないのはモチベーションのせい?

集中できない、やる気が出ないときにまず考えてしまいがちなのは、「モチベーション」についてではないでしょうか。

モチベーションがないからやる気が出ないなどと考えて、モチベーションを上げようとします。

しかしそれで上手くいった試しはあるでしょうか?

モチベーションというものは、そのときの気分です。

モチベーションの上がり下がりで仕事の進捗状況が左右されるというのは、人生が気分に左右されているようなものです。

気分に振り回されているようでは、いつまでたっても上手くいかないですよね。

気分を一時的に上げても、必ず下がってしまう時が来ます。

人間はそうやってバランスを取っているからです。

ずっとテンション上がりっぱなしだと疲れてしまいますよね?

10テンションを上げれば、必ず10下がりますし、100上げれば100下がるのです。

集中できない、やる気が出ない原因をモチベーションなどの気分に求めているようですと、いつまでも上手くはいかないでしょう。

集中できない、やる気が出ないのはエネルギー不足

では集中できない、やる気が出ないというのは何が原因なのでしょう?

それは行動するためのエネルギーが枯渇しているからです。

エネルギーについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

【幸せのための基礎知識】上手くいく人はみんな取り入れている「エネルギーの概念」とは?

エネルギーが高まっていれば、自然にやるべきことに集中できますし、やる気も自然に出てきます。

気分に左右されずに行動できるものです。

集中できない、やる気が出ないというのは、行動するためのエネルギーが足りていないために動く余力が残っていないのです。

集中できない、やる気が出ないときの対処法

それでは集中できない、やる気が出ないときにエネルギーを高めて、行動できるようになるための対処法をお伝えします。

対処法1:エネルギーを意識する

集中できない、やる気が出ないときは、まずエネルギー循環を意識してみましょう。

気付かないところでエネルギーが漏れている部分を探すのです。

いくらエネルギーを高めたとしても、漏れた部分を放置しているといつまでたってもエネルギーが溜まりません。

まずはエネルギー漏れの部分を探して対処することが最優先になります。

対処法2:タスクを整理する

やらなければいけないタスクがたくさんたまっていると、気になってしまってエネルギーが漏れてしまいます。

やることがハッキリ決まっていないと、意識が分散してしまうからです。

ほんの少し気でも気になることがあるということは、それだけでエネルギーを使ってしまいます。

ですので何をどういう順番で進めていくのかを整理する必要があります。

対処法3:気になっていることを処理する

気になっていることを放置していると、それだけでエネルギーが漏れていきます。

例えば誰かに連絡しなければいけないことを後回しにしているとか、そういった些細な事でもエネルギーが漏れていくのです。

どうせやらなければいけないものならば、さっさと済ませてしまった方が気が楽でスッキリします。

対処法4:掃除をしてみる

部屋が散らかっていると、実はそれだけでエネルギーが漏れてしまいます。

想像してみてください、物がたくさんある部屋で作業するのと、ただ机があるだけで何もない部屋で作業するのとどちらが捗るでしょう?

人間の脳は、目に入ったものは意識しなくても勝手に処理してしまいます。

物がたくさんあればあるほど、そちらにエネルギーを消費してしまうのです。

断捨離して人生が良くなるというのは、それまで無駄に使っていたエネルギーが使えるようになるからでもあります。

対処法5:情報を遮断する

現代は情報に溢れまくっています。

TVやネットニュースなど、日々もの凄い量の情報を目にして生活しています。

そういった情報に触れるだけでも、脳は処理してしまうのでエネルギーを使うことになります。

何時間もYoutubeを見ていて、見終わった瞬間にドッと疲れが出ることってありますよね?

これはエネルギーを相当消費してしまっているということです。

ですので作業するときは、できるだけ情報を目にしないようにしましょう。

他にも作業中にSNSなどは遮断しておくことをオススメします。

SNSは繋がっていると、本当に意識を持って行かれます。

意識を持って行かれるということは、それだけエネルギーを消費しているということです。

現代人は無意識に、相当SNSにエネルギーを漏らしていますから、なかなか集中できないというのは当たり前のことなのかもしれません。

集中できない、やる気が出ない:まとめ

THE BIBLE 〜「集中、やる気」 編〜

  • モチベーションは気分に左右される
  • 集中できない、やる気が出ないのはエネルギーの枯渇によるもの
  • まずエネルギー漏れをなくすことが集中、やる気に繋がる

今回の記事はいかがでしたでしょうか?

集中できない、やる気が出ないのはモチベーションや根性のせいではありません。

もともと人間には物事を達成できるだけの能力やエネルギーが備わっています。

その与えられた能力やエネルギーを、いかに無駄にせずに使うかがポイントになります。

もしあなたが集中できない、やる気が出ないというのであれば、今回の記事を参考にしてエネルギー漏れをなくすことを意識してみてください。

それでは最後まで読んでいただいてありがとうございました。

弥栄ましませ。

みんなで光を広げよう!