【おおざっぱさんの断捨離のコツ 】面倒くさがりでも簡単にできる!断捨離3ステップ

断捨離をして、すっきりした部屋で生活したいけれど、何から始めていいかわからない。

物を捨てて後悔はしたくない…!

どうしても片付けができない

 

そんな思いが解消する、面倒くさがりでおおざっぱさんでも簡単にできる、断捨離のコツをまとめてみました。

 

それでは最後までお付き合いください。

 

【おおざっぱさんの断捨離のコツ】 3ステップで簡単に!

 

いきなり捨てるのではなく、断捨離も事前の準備をすることが大切です。

 

事前の準備とは、捨てる基準を持つこと!!

 

いきなりミニマリストのように、最小限のこだわりあるものだけに囲まれた生活を目指そうとすると、断捨離に挫折します。

 

なので、捨てる基準を3ステップに分けて、無理なく断捨離しましょう。

 

1、明らかに不要なものを断捨離

まず最初のステップは、壊れているもの、使えないもの、明らかに必要のないものから手放していきます。

 

例えば…

 

破れていたり、汚れている服

サイズが合わず、着れなくなった服

インク切れのペン

使っていない、お菓子のかわいい空箱

消費期限切れの化粧品

使用済みの乾電池

壊れた電化製品

溜まったダイレクトメール

 

などなど。

この辺りであれば、ほとんど抵抗なく手放すことができるのではないでしょうか。

 

最初は深く考えず、とにかく明らかに不要なものを断捨離して、片付けの弾みをつけましょう。

 

この時に床に出ているものがあれば、棚などに収納します。

 

視界に入る空間が整うことで、「断捨離できた!」という達成感が味わえますし、いちいちものをどけることなく、簡単に掃除機をかけることができます。

 

2、一年使わなかったものを手放す

明らかに不要なものが断捨離できたら、次はもう一歩踏み込んで、1年以上使わなかったものを手放していきましょう。

 

服はたくさん持っているのに、 着る服がない…といつも悩んでいるようであれば、まずは服から断捨離するのがおすすめです。

 

服は、破れたり汚してしまったものでなければ、なかなか捨てられないのではないでしょうか。

 

1年間着なかった服は、着心地が悪かったり、似合わないと感じていたり、着ていく場所がなかったり、どこかに違和感があるはずです。

 

1年間着なかった服は、たとえ高かったとしても潔く手放す!

もし手放せないのであれば、着ていく機会を作る!

 

このように、循環させるクローゼット目指しましょう。

 

食器 、調理器具

食器棚から食器が取りづらい場合は、1年使ってないものを目安に、断捨離していきましょう。

 

たくさん食器を持っていても、意外と毎日使う食器は限られていませんか?

高価な食器をたくさん持っているのに、普段、自分が使う食器は、欠けていたりして…!

 

これを機に、今まで使っていなかった高価な食器を普段使いにする、 お気に入りのものを普段使いにするなど、 持っている食器を把握して、 活かしていきましょう。

 

来客用の食器をたくさん持っていても、年に数回しか使わないのであれば、足りない文は100円ショップなどを活用してもいいかもしれません。

 

フライパンや鍋、ミキサーなど、もし1年以上使っていないものがあれば、これらも手放しましょう。

 

思い出の品

 

どうしても捨てられないものを無理して処分する必要はありませんが、私は、昔の写真などは、すべてデータ化して処分しました。

 

ものを手放しても、思い出はなくなりません。

元彼からのプレゼントなども、感謝の気持ちを持って手放しましょう。

 

3、想い入れを語れないものを手放す

 

ここからは上級編です。

一年使わなかったものを手放したら、相当すっきりしたと思います。

 

ですが、さらにミニマリストを目指す!

という方は、自分にとってのこだわりが語れないものは手放す、こだわりが語れるものと買い替えていく、ということをしていくと、部屋以上に、自分の頭の中が整理されていきます。

 

身の回りが、想い入れのあるものばかりで生活できたら、理想だと思いませんか?

とはいえ、 人とも出会いがあるように、ものとの出会いがあります。

 

焦らずに、出会いとて話を繰り返していきましょう。

 

【おおざっぱさんの断捨離のコツ】始める前に!心得5ヵ条

 

1、時間を取って一気にやる

「1日」1捨て

そんなんじゃ、いつまでたっても片付きません!!泣

もし、できるだけ早く変わりたい、キレイな部屋で理想の生活がしたい…!

というのであれば、まとまった時間をとって一気に断捨離しましょう!!

 

とはいえ、「今日はこの部屋!」

など、ある程度の範囲を決めて行うと弾みがつきますよ^ ^

 

2、いつか使うかも…は、ほぼやってこない

これ、ついやってしまいがちなのですが、「いつか使う」は、ほぼやってこないです!!

もしあれば、また買えばいい。

保管場所、探す時間と比較して、今使う用途が確実にないのなら、手放しませんか?

 

3、捨てたものを後悔しない

後悔してもモノは戻ってきません。

同じ失敗を繰り返さないためには、そこから何を学ぶのか??

それが大切ですね。

 

私も時々、「あの服、とっておけば…!!」

と、後悔しそうになることがありますが、そもそも服には賞味期限があります。

 

一度手放したということは、今の自分にはもうふさわしくない、もっとぴったりの服との出会いがある!と、前向きに気持ちを切り替えます。

 

4、売ろうと思わない

売ることを優先して、「どこで売るのが得かな?」「売りたいけど手間で進まない…」と、なかなか手放せないのなら、売らずに処分してみませんか??

処分するのは、心が痛みます。けれど、そこから学べることもたくさんあります。

そして、早く部屋が片付きます。

 

売って得るお金のメリットと、今すぐスッキリできる時間のメリット、どちらを優先しますか?

それを選ぶ権利は、自分自身にあります。

 

5、感謝の気持ちで手放す

売るにしても、処分するにしても、「今までありがとう」の気持ちを大切に。

時には「大切にできなくてごめんね」という思いが出てくるかもしれませんが、あれこれ言い訳せずに、素直に謝ってお別れしましょう。

 

また、ぬいぐるみや思い入れのある品などを処分する際は、塩をふって処分すると良いと、神社の方に教えていただきました。

ぜひ参考にしてくださいね!

 

【おおざっぱさんの断捨離のコツ】まとめ

一度部屋が整ったとしても、意識しないとどんどん物は増えていきます。

定期的に見直して、部屋の中も循環させていきましょう。

 

THE BIBLE おおざっぱさんの断捨離のコツ 

完璧主義にならないで、まずはやってみることが大切!

やっていくうちに、自分なりの基準や、やりやすい方法が見つかってくる

 

 

みんなで光を広げよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください