上品な人に自然と備わる「品格」とは?上品な人の意外な特徴が明らかに…

こんにち和、西野です。

上品な人というのは、自然と周りの心を軽くし、明るく前向きに導く特徴が備わっています。

ですが、この「上品」というのは、ある一部の人だけが備えているものではありません。

実は、全ての人に 上品 な一面が備わっているのです。

今回は、

・そもそも上品な人とはどういう人をさすのか?
・どうすれば 上品な人 になれるのか?
・上品な人に備わる品性の特徴

について詳しくご紹介していきたいと思います。

上品とはどういう意味?

そもそも「上品」とはどういう意味か?

まずデジタル大辞泉「コトバンク」によると、以下のような 意味 として解説されています。

品質のよいこと。また、高級品。⇔下品。
・品格のあるさま。品のよいさま。また、味などの洗練されているさま。⇔下品。

引用:コトバンク

 

おそらく、上品な人 と表現する場合、「品格がある人」のことを指しますよね。

上品な人 に共通する特徴から学ぶ「品格」

上品な人には、自然と人としての“品格”というものが備わっていますよね。

では、人としての「品格」とは、どんなことを指すのでしょうか?

それは、上品な人に共通する特徴を見ていくと、非常に多くのことが学べます。

 

上品な人の特徴1. 物音を立てない


上品な人は、出来るだけ物音を立てないようにします。

コップやお皿、スマホなどをテーブルに置くときにも「バン」「ガン」という激しい音を立てるのは、決して上品ではありませんよね。

あるいはドアを閉める際にも、「ガチャン!」と閉める人は上品ではありません。

基本的に、激しく大きな音を出すのは上品ではありません。

お茶を出すとき、物を置くとき、扉を閉めるとき、歩くときなどに発する音を、できる限り静かにする人は、とても品格がありお上品です。

 

上品な人の特徴2. 人を立てる

上品な人は、「私が一番!」と自己主張するのではなく、あくまで自分以外の周りの人たちを立てます。

これは、人を持ち上げたり媚を売るのとは違います。

そうではなく、自分は一歩下がって、

「これは**さんのおかげです。」

と言って、常に手柄を自分以外の人に立てようとする人は、とってもお上品ですよね。

 

とはいえ、「自分なんて・・・」と下に蔑むことでもありません。

あくまで、「今の自分があるのは周りの人のおかげです」という心を持てる人は、自然と品格のある人間性が備わっていきます。

 

上品な人の特徴3. 口を慎む


上品な人は、誰かの悪口や文句を決して口にしません。

「言葉は創造のもと」というのを理解しているので、上品な人ほど口を慎み、無駄口は叩かないようにしています。


そして、積極的に良い言葉を使い、周りの人が喜ぶような言葉を掛けてあげるのが上手です。

悪き言葉は慎み、良き言葉を口にする。

これは上品な人の大きな特徴と言えます。

 

上品な人の特徴4. 感謝の心を忘れない

上品な人は、とにかく全ての物事に自然と感謝ができています。

食事に関しても、下品な人ほど「ただ物として食べる」ことをしています。

が、上品な人 は食べ物に対しても「自分のために命を捧げてくれているのだ」という感謝の気持ちを持っています

だからこそ、自然と食べるときの姿勢も丁寧になり、上品さが備わっていくのですね。

人は感謝を忘れて、なんでも当たり前だと思っていくほど、上品さを失い、下品な人へと落ちぶれていくのです。

 

上品な人の特徴5. 節度をわきまえる


上品な人は、節度をわきまえています。

「もっと欲しい!」
「こんなじゃ足りないわ!!」

などと欲深い人というのは、下品です。

逆に、節度をわきまえ、今の恵まれていることに目を向け、

『足るを知る』

人ほど、自然と上品な人としての品格が備わっていきます。

常に物足りなさを訴え、飢えている人は獣(けもの)であり、上品な人とは言えませんよね。

 

上品な人の特徴6. 呼吸がゆったり

上品な人は、静かでゆったりとした行動を取ります。

逆に、下品な人ほどうるさく、荒く、激しい動きをします。

 

現代のほとんどの人は、社会の影響によって行動が荒く、せわしなくなっています。

そんな中で、心にゆとりを持ち、ゆったりとした優雅な動きをする人は、ひときわ目立ちますよね。

いつも慌ただしくしている人は下品です。

 

そして、いつも荒く、慌ただしくしている人ほど、自分の「呼吸」に注目してみてください。

そういう人ほど、呼吸が浅く、早くなってしまっています。

ですから、意識的に呼吸を長くゆったりとしていくことで、自然と動きや仕草もゆったり優雅、上品になっていきます

 

上品な人の特徴7. 気配りができる


上品な人は、気配りがとても上手ですよね。

上品な人ほど、一歩下がってゆったりと、周囲の状況を把握することができるので、自然と気配りができるのですね。

逆に、「自分が!」という思いが強い人ほど、周りが視界に入らず、自分だけしか見えなくなり、自分勝手になっていきます。


「この人は喜んでくれているかな?」
「嫌な思いをさせてしまっていないかな?」

そういう気配りができる人って上品ですよね。

 

上品さは「武士」や「大和撫子」に見習う!

昔の日本人というのは、世界的に見ても非常に民度も高く、品性の豊かな人種でした。

特に、武士や大和撫子(やまとなでしこ)と呼ばれていた人たちは、この「人としての品格」に重きを置いて生きていたため、常に目指すべき人物像とされてきました。

そして、上記に挙げてきた 上品な人 の特徴は、全て武士や大和撫子が備えている特徴でもあります。

ですから、上品さを身に付けたいなら武士や大和撫子を見習うべし!

 

ということで、上品さを身に付けたい人にオススメの書籍をご紹介しておきます。

上品さを身に付けたい男性向け書籍

 

武士マニュアル

〈内容紹介抜粋〉

戦国時代から幕末にかけて、武士のあいだで伝えられた数々の「武士の心得」を、近世史料の第一人者が縦横に読み解いた書籍。独立心、克己(こっき)心、誠を尽くすなど、多くの教えが現代人の心にも1本の筋を通してくれます。

上品さを身に付けたい女性向け書籍

 

女子の教養 (武士の娘だった祖母が教えてくれた)

〈内容紹介抜粋〉

表情・姿勢・挙措、素行、品位のたしなみから、お茶の出し方、返事の仕方に至るまで示唆は多岐にわたるが、「泣いてすませるのは卑怯者の振る舞い」「人生をどう受け止めてるのか、歩き方を見ればわかるんだよ」など、鋭く含蓄ある祖母の言葉には、思わず襟を正される思いがする。明治期の外国人による記録も随所で紹介され、世界が憧れた当時の日本女性の姿は、現代人の範ともなろう。なお、教養を「たしなみ」と読ませているのは森信三師の教えによるもの。たしなみとは人柄や人格に融け込んで生きているもので、日常で実践してこそ意味があると強調する。お子様やお孫様の躾にもぜひ役立てていただきたい。

 

まとめ:上品な人ほど慎しみ深い

いかがでしたか?

とにかく上品な人 に最も共通する特徴は「慎しみ深い」ことです。

軽はずみな言葉や行動は取らず、1つ1つ物事を丁寧な姿勢で向き合う人ほど、自然と上品さが備わっていきます。

自己主張を抑え、まるで道端に生えている美しい花のように、そこにいるだけで周りを明るくする。

そんな人こそ、まさに上品な人に相応しいと言えますね。

 

それでは、今回の記事は以上です。

ありがとうございました。

弥栄ましませ

西野ゆきひろ

〈続いての記事はこちら〉

品のある女性の8つの特徴〜服装、見た目、髪型などの共通点とは?〜

みんなで光を広げよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください