EQとは何か?EQが低い人の特徴とその原因|成功者はEQが高い

EQという言葉を知っていますか?

EQとは、心の知能指数と呼ばれる概念で、簡単にいうと「感情をコントロールする能力」のことです。

EQが高いと年収も高いという研究もあり、私たちが充実した人生を遅れるかどうかに、深く影響してくる指標といえます。

ですので、EQが低いよりは高い方が良さそうなんですが、低い人の原因はどこにあるのでしょうか?

EQが低い原因を知り、自ら高めていくことができれば、あなたの年収を大幅にアップさせることもできる亀知れません。

ということで、今回はEQを高める方法についてみていきましょう。

この記事を書いた人

EQとは?意味と使われ方

EQとはどういった概念でしょうか?

EQとは、Emotional Intelligence Quotient です。

コトバンクによると、こう解説されています。

情動の知能指数。いわゆる「頭のよさ」を指し示すIQ(知能指数)に比した概念

IQがおもに「知能」の発達速度を示すのに対して、EQは仕事への取り組み姿勢や人間関係への関心の度合いなどを感情という視点から測定する指数

社会的に成功する者の多くは、情動を調整する能力に長けているとされるが、EQでは問題処理能力や事務処理能力に加え、環境に適応する能力や仕事に対するモチベーションをコントロールする力など、知能を多面的にとらえたより実質的な判断基準として、企業の採用や人材育成などの判断材料となっている。

コトバンク

なるほど。

IQが高い人は「頭がいい人」

EQが高い人は「人格がすげえ人」

みたいなイメージですかね。

確かに、人間関係の構築が上手い人や、セルフコントロール能力が高い人は、仕事で結果を出していますね。

単に頭がいいだけで「この人にはついていきたくない」という人いますもんね。

それよりかは、個人的には、頭悪くても人間性が出来てる人の方が、協力したくなります。

EQが低い人の特徴

このように、EQが低いと人から信頼されなかったり、コミニュケーションに問題が生じる可能性があります。

感情のコントロールも出来ていないので、波が激しく仕事や人間関係に支障が出ることもあります。

つまり、EQが低いとは、「人間力が低い」とも言えるのです。

そんな、EQが低い人の特徴を見てみましょう。

怒りやすく感情的

EQの低い人は、感情をセルフコントロールすることができないので、情動を抑えることができません。

あなたの身の回りにも、異常に沸点が低い人っていませんか?

またはいつも何かに不満でブツブツ文句を行っている人。

このような人は、衝動的でもあるので、衝動買いなど極端な行動もしがちです。

人の話を聴かない

EQの低い人は、相手の気持ちがわからない人が多いです。

ですから、人の話を聴かずにとにかく自分の意見をゴリ押しするのです。

人が話をしていて、話し終わる前に腰を折ってくるような人は、EQが低い可能性が高いです。

責任感がない

EQの低い人は、人間関係の関係性を認識する能力が低いです。

つまり、空気が読めないので話の重要性もわかりません。

自分に責任があることでも、それがわからないので自分で責任を取ろうとしないのです。

平気で見下す

EQの低い人は、人がどう感じているか?自分の発言を相手がどう感じるか?ということに気を向けられません。

なので、ふつうに人を見下しますし、自分が常に正しいと思い込んでいます。

自己中心的

EQの低い人は、相手との関係性に関心がありません。

ですから、自分が常に中心だし、自分の意見がいつも正しいと思っています。

人の感情を考えないので、自己中心的に人を振り回したりします。

協調性がない

EQの低い人は、場を乱すような行動、発言を頻繁にします。

人の意見を聞けないので当然そうなりますが、人間関係の中で適切な答えを導き出そうということが出来ないのです。

愚痴が多く、反省しない

EQの低い人は、自分を省みて反省したり、改善したりということをしません

そのため、自分が常に正しいと思い込むので、相手の悪いところばかりを指摘するのです。

うまくいかないことを全て周りの性にするため、それが愚痴となって現れます。

寛容さがない

EQの低い人は、人の意見や人の弱いところを受け止める器がありません

ですから、相手の小さいミスにも目くじらを立てるし、そのくせ自分のことは棚に上げます。

少しの落ち度があっただけで、猛烈に攻め立ててくる人っていないでしょうか?

あらゆることに余裕がなく、寛容になることが出来ない人は、EQが低い可能性が高いです。

 

EQが低い原因と対策

それでは、なぜこのような状態になってしまうのか?EQが低い原因をいくつかみていきましょう。

EQが低い原因1:もともとの性格

EQの低さは、後天的に改善することもできますが、少なからず性格の部分が大きく占めるのも事実です。

人それぞれ性格が違うのは当然ですが、やはり中にはなかなか相手のことを考えられなかったり、つい自己中心的に考えてしまうこともあるでしょう。

しかし、それを自分で把握できていることが大切です。

誰でも初めから完璧ではありませんから、まずは自分の至らない部分を受け入れるべきです。

EQが低い原因2:心にゆとりがない

いっぱいいっぱいで、キャパオーバーしている状態だと、どうしても相手のことを気遣えなかったりします。

また、自分の感情のコントロールも効かなくなってきます。

精神的に追い詰められていたり、疲れていたりするとだれでもそうなりがちになるので、適切に休むなどのセルフコントロールが必要です。

EQが低い原因3:コンプレックス

本人が自覚している、いないに関わらず、コンプレックスはあなたの思考パターンに大きく影響します。

例えば、いじめられたことがコンプレックスになっていれば、その反動で議論に負けまいと人の話を聴かなくなる、なんてことも考えられます。

そのように自分の弱い部分を補うための、反動的な行動によってEQが下がっているかもしれません。

自分をよく知り、コンプレックスを理解しておくことが第一です。

EQが低い原因4:育った環境

性格、コンピレックスとも関わってくる部分ですが、やはり育った環境によってEQが低くなる可能性があります。

たとえば、兄弟の力関係だけでも影響がでますし、親との関係もかなり影響が大きいです。

例えば甘やかされて育ったら、自己中心的な傾向が強くなるかもしれません。

もちろんそのように決めつけることはできませんが、必ず影響はあるのです。

 

とはいえ、今のあなたが育ち方に文句を言ってもしかたないので、まずは今の自分を理解しましょう。

そして、客観的にEQの低い要素があれば、意識して直していくことが必要です。

まとめ

EQとは、要するに「人間力」です。

人格を高めることができれば、ビジネスでも人間関係でも成功することができるでしょう。

EQを高めるとは、要は人間力を高めるということですから、とにかくまずは自分が至らない人間である、ということを知ることからかなと思います。

そして具体的に人間力を高める方法といっても、それはたくさんありますしいろんな方法があります。

むしろ人間力を高め続けるのが、人生そのものと言ってもいいので、大事なのは学び続ける姿勢だと考えます。

THE BIBLE 〜EQが低い原因 編〜

  • EQとは、人間力のことである
  • EQを高めることは人間力を磨くことです。まずは自分を知ることからやってみましょう。

私たちといっしょにEQを高めて、人間性をどんどん磨いていきましょう!

あなたに光があふれますように。弥栄!

※期間限定公開中!詳しい内容は以下の画像をクリック‼

みんなで光を広げよう!