IYASAKAイベント【草木染め】植物の色とパワーを取り入れよう!

はくと
ねぇこはく。草木染めって知ってる?
こはく
えぇ、母なる大地、地球に存在する草木の力を借りて、色と植物の効果を身近なものに映し出すことでしょう♪
はくと
そうなんだぁ~、草木は食べるだけではないんだね?
こはく
では、はくとに質問ね!アボカドってあるでしょ。人間の女性が大好きな緑色の実よ。
アボカドで草木染めをすると、何色になると思う・・・?
はくと
え・・・アボカドでしょう。それはもちろん、緑色でしょう!
こはく
うふふ(*´艸`*)そう思っても仕方がないわね!でも、実は緑色ではない色に染まるのよ・・・
この記事を書いた人

 

かつた
こんにち和!今日は12月7日に開催される草木染めのイベントをご紹介させていただきます!
上記の楽しそうな写真は、
9月に東京の日本橋で開催した草木染ワークショップの時のものです。
両端の二人が今回12月も講師を務めさせていただく、佐々木(左)とかつた(右)となります。
佐々木が手に持っているものが、玉ねぎから抽出した色。
真ん中の女性と右から2番目の男性が持っているものが、蘇芳(すおう)という木の幹から抽出したものになります。
「え…?2人が持っている蘇芳から抽出した色が全然違うって…?」
気が付いた方は鋭いですね(*^^*)
実はここにはひとつのからくりがあるのです。
後に説明しますが、
さきほどのこはく、はくとの会話から
「アボカドから抽出される色って何色・・・?」
と気になると思いますので、まずはそちらから答え合わせをしていきますね(*^^*)

アボカドからは何色が抽出されるの?

女性が大好きアボカド。
サラダにお刺身にグラタン・・・
ヘルシーで美味しくて、美容にも良いと言われたら、女性は放っておきませんよね。
 
そのアボカドを食べる時、ナイフで種の周りをくるりと一周して、
皮が綺麗に取れた時の気分も最高です(*^^*)
普段食している部分は確かに緑なのですが、
草木染めに使用する部分は、普段は捨ててしまっている
【皮と種】
なんです。
で、気になるお色は・・・
季節や素材によっても若干違いますが、
サーモンピンク
なんですよ!
すっごく面白いと思いません?
そして、植物も人間と同じように、体調のようなものがあり、
同じ植物を冬に染めたときと夏に染めた時では、出る色が多少異なったりするんです。
言ってみれば一期一会なんですね(*^^*)
そんな植物の魅力に取りつかれ、
「植物の色、パワーを生活に取り入れる」
こんなことを講座ではお伝えしています。

植物から見えた、自分の可能性

 
草木染めを経験する中で、わたしが一番驚いたのは、
・植物が持っている見た目の色とそこから抽出する色が違っていること。
・媒染液という魔法液によって染め上がりの色が変わること。
 
 
ワークショップでは、そんな不思議をたっぷり体験していただきます(*^^*)
 
 
そして、これって実は・・・
人間も一緒なんですよね。
 
 
 
人それぞれが持っているものがある、外から見ただけではわからない・・・その人だけの色がある。
 
 
その日の体調や季節、温度、周囲の環境によって出てくる色も変わる・・・。
 
 
 
 
・そこにある植物に感謝する
 
・植物が持つ色やパワーを取り入れる
 
そして植物を通して得た経験を・・・自分自身のストーリーへと繋げていって欲しい。
 
 わたしたちの草木染めワークショップは、
そんなあなた自身の可能性に気が付く、自分がもっと好きになる
そんなワークショップです♪
 

ワークショップ概要 

■内容■
 
2019年12月7日(土)
13:30~15:30
 
ゲストハウスますきちさんにて
https://seto-masukichi.com/
 
参加費 おひとりさま 3500円
(当日現金にてお支払いください)
ご家族割引:ご家族でご参加の方は、お2人目からは1000円とさせていただきます。
 
定員:15名
 
講師:かつた ゆき
   佐々木 のぞみ
 
■体験できる事■
 
・絞り・・・伝統的な絞りを体験していただきます。ご自身で実際に布を絞って模様をつくります
・染め・・・布を植物の力で染めていきます
・媒染・・・媒染液という魔法の液で色を定着させます
 
染める布は、
●小風呂敷(絹:約45cm四方)
●手拭い(綿:約35cm×80cm)からお選びください。
 
 
染料は、アボカドまたは、びわの葉を予定しています。
 
 
■参加方法■
 
FBイベントの参加ボタンをクリック、または、
メッセンジャーにてご連絡くださいませ。
https://www.facebook.com/events/420832091947566/

FBを活用されていない方は、直以下よりご連絡くださいませ。

草木染め後のお楽しみ!コーヒー飲み比べも開催!

当日は、草木染めのワークショップの後に

瀬戸のコーヒー野郎こと、大澤てんちょーによる

【3種の豆による珈琲の飲み比べ】

をなんと、1000円にて体験することが出来ます!

わたしも実際に大澤てんちょーの入れる珈琲飲み比べを体験させていただきましたが、
豆によって、本当に味が

「ぜーーーーーーーーーーーーんっぜん」

違うんですよ!

▼ゲストハウスますきちで大澤てんちょーが珈琲を振る舞う様子はこちら

【活動報告!】瀬戸のゲストハウスでうまいコーヒー飲んできた

2019年9月28日

大澤てんちょーが当日の為に選び抜いた3種をあなたも体験してみませんか・・・?

彼の脳内に蓄積された膨大なデータ量から、
珈琲にまつわるちょっといい話や、トリビアを聞くことも出来ますよ(*^^*)

最後に・・・魔法の媒染液って?

記事の最初の方に触れましたが、蘇芳(すおう)という同じ素材で染めたものも、
媒染によって仕上がりの色が全く異なります。

わかりやすく例えると・・・

あなたが、AとBという別のグループに所属するとき、
きっとそこで発揮するパワーというのは、

AグループではAグループなりの、

BグループではBグループなりのものですよね?

人が環境や所属しているグループに影響を受けるように、
色も、媒染液という存在に影響されるんです。

面白いでしょう(*^^*)

 

・・・というわけで、続きは、7日にお話しますね!
普段は東京で開催している講座となりますが、愛知県瀬戸市での開催は今回で最初で最後になるかもしれませんので、
興味を持たれた方は是非、ご参加くださいませ。

実際にお会いできるのを楽しみにしております!

 

■参加方法■
 
FBイベントの参加ボタンをクリック、または、
メッセンジャーにてご連絡くださいませ。
https://www.facebook.com/events/420832091947566/

FBを活用されていない方は、直以下よりご連絡くださいませ。

みんなで光を広げよう!

ABOUTこの記事をかいた人

着る活動で着物を22世紀に繋げるきもの講師 【10年後のわたしが喜ぶ和服レッスン】主催。 年間200日の和服生活を通じて、暦を意識した生き方を実践、 日本人が行ってきた衣食住を探求中。 花嫁さんの介添え歴8年。婚礼業界17年。 視覚障害者のガイドヘルプなど、 「その人に寄り添う」お仕事に従事中。