カラダが生まれ変わるファスティングレポート!(準備期~ファスティング期)

はくと
ねぇねぇこはく!”ファスティング”って何か知ってる?
こはく
言葉自体の意味は”断食”になるわね
はくと
えーー!断食って何も食べないことでしょう?大丈夫なの??

 

こんにち和!現在ファスティングに挑戦中のかつたです。

今回はファスティングを実際に行ったわたしがどのような準備と取り組みをしたのかを記事にまとめます。

なぜ、いきなりファスティングなのかって…?

それは、オンラインサロンIYASAKAでは半年に1度ファスティング月間を決め、皆で取り組んでいるからです。

 

と言っても、会員が全員メタボだらけでダイエットが必要だから!という理由ではありません。

詳しい理由は順に書いていきますので、ファスティングというワードが気にかかっている方は目次から順にご覧ください。

この記事を読んでわかること
・ファスティングに必要な期間
・ファスティングでどんな準備を行うのか?
・ファスティングの本来の目的
・準備~ファスティング期でどんな食生活を行うのか?

 

この記事を書いた人

 

ファスティングの本来の目的

ファスティング=ダイエット

のイメージが強いと思いますが、ファスティングを行うことによって、日夜食べ物の消化にエネルギーを使っている消化器官をお休みさせてあげ、カラダ本来が持っている力を活性化することがファスティング本来の目的です。

 

体内では、食べ物の消化に関わる消化酵素と、肌や髪のターンオーバーや呼吸、細胞自体のキズの修復、排泄に関わる代謝酵素の2種類の酵素があります。

どちらもバランスよく働いていれば体調は良いのですが、食べ過ぎ、添加物の多い食品や消化の悪い食品を多く摂取することによって消化にばかり酵素が使われてしまい、代謝酵素の働きが悪くなってしまいます。

 

代謝酵素の働きが鈍くなることで、カラダ全体の代謝量も落ちますし、生まれ変わりしにくい細胞となってしまいます。

 

現代人は1日3食を基本とし、日々食べることにかなりのエネルギーを使っています。そのエネルギーを代謝にたくさん回してあげることでカラダが変化し、細胞が生まれ変わります。

 

ファスティングでほとんどの方が体重が減るのは事実であり、ダイエット目的に行っていらっしゃる方も勿論多くいらっしゃいますが、体重が減るのは、いつも食べる量を減らしたり、数日間酵素ドリンクなどの水分で過ごす事からの副産物であると言えます。

 

 

ファスティングのやり方はどんな感じ?

ファスティングは3つの期間に分けられます。

  • 準備期
  • ファスティング期
  • 回復期

全ての期間を通じてカフェイン、喫煙、食品添加物、白砂糖、肉、などを控えて過ごします。

 

最短ではそれぞれを1日ずつ、合計3日間で行う方法もありますが、今回はスケジュールを確保し、

  • 準備期2日
  • ファスティング期3日
  • 回復期3日

の予定で取り組んでいます。(この記事を書いているのはファスティング期3日目)

 

ファスティングにも色んな方法がありますが、今回わたしが試したのは酵素ドリンクを用いた方法です。(ファスティング期の3日間は酵素ドリンクを飲んで過ごす方法)

 

酵素ドリンクとは、植物から抽出したものを発酵させたもので、商品になっているものは甘みが強く、飲みやすいものが多いと思います。

 

実は以前にもファスティングを行ったことがありましたが、その時には酵素ドリンクを使うという方法を知らなかったのでファスティング期は水と塩だけで過ごしました。(半分修行…(;^ω^))

 

ファスティングを行った際の感じ方は人それぞれですが、持病をお持ちの方やカラダが弱い方はしっかりと事前準備をし、主治医がいらっしゃる場合は一度相談してから行うのが良いかもしれませんね。(もちろん、大人なので全て自己責任です。)

次に、準備期とファスティング期にどのような過ごし方をしたのかをお伝えします。

回復期のレポートは別記事に綴っています。

回復期には十分ご注意を!ファスティングレポート(回復期~日常まで)

2020年11月6日

 

ファスティングに取り組む前に準備しておきたいもの

ファスティングを行うには、ある程度の準備が必要です。今回は酵素ドリンクを使うこと前提で、必要なものをピックアップします。

  • 良質な水
  • 酵素ドリンク
  • 無添加の梅干し
  • 無添加の甘酒
  • 良質な塩
  • ノンカフェインのお茶

水はファスティング期間中を通じて、準備と回復期には1L、ファスティング期には2Lを摂取します。

酵素ドリンクはファスティング期はもちろん、準備と回復期の朝に活用します。

その他、ファスティング期には無添加の梅干しや塩で塩分補給をする場面が出てきますし、血糖値が急激に下がった場合には酵素ドリンクや甘酒を用います。

1日に必要な水分量を摂取するのに、水そのままだと飲むのが辛い時があるので、そんな時にノンカフェインのお茶があると大変役に立ちます。

 

では、準備が整ったところで、どのような食事を進めていけばよいか実際に写真付きでご紹介致します。

 

準備食で食べたもの

1日目の実食

朝:酵素ドリンク20ml+水

昼:玄米大豆ご飯、味噌汁(山芋、大根、ネギ)、落花生、ブロッコリー、レンコン+トマト麹、みかん

夜:玄米小豆ご飯、梅干し、サツマイモの素揚げ、柿、アボカド(写真を撮り忘れました)

 

2日目の実食

朝:酵素ドリンク20ml+水

昼:わかめ蕎麦

夜:玄米小豆ご飯、味噌汁(干しエビ、切り干し大根)、レンコン、春菊と柿の和え物、ねぎぬた、みかん

準備は2日間設けましたが、しっかりと噛んで食べること、バランスよく食品を摂取するのが大切だと思います。また、水分も1L摂取することも大切です。わたしは1日1本が分かりやすかったので、準備期にも水2Lを摂取していました。

 

NGフードが多くある中、食べる品目を守ることも必要ですが、どうしても外食しか出来ない時などはガチガチにルールを固め過ぎず、ゆるく行うことも大切だと感じます。

 

わたしも実際準備食の2日目は外食せねばならないシチュエーションがあり、うどん屋に入りましたが、うどんを蕎麦に変更したり、天ぷらやカレーうどんを選ばず、わかめうどんにすることで対策をしました。

 

また、食事は20時までに済ませるというルールもあるのですが、人によってはハードルだと感じるでしょう。わたしも食事を夜遅く摂る事が多かったので、20時までの食事というのは案外きつかったです。

 

けれど、完璧にしようとするといつまで経っても実行できないので、出来る部分と出来ない部分を明確にして、自分が良いと思える範囲で取り組むのが大切だと思います。

 

ファスティング期3日間

1日に酵素ドリンク300ml+水2L

梅干し

コールドプレスジュース

ファスティング期は、酵素ドリンク1日300mlを水分と共に摂取します。

また、水は酵素ドリンクと共に摂取するものを含めて2L摂ることを頑張りましょう!

 

他には、無添加の梅干し、ノンカフェインのお茶を準備することをオススメします!

なぜなら…酵素ドリンクはかなり甘みがあり、それだけで過ごすのはかなり難しいからです。

 

また、水2Lはペットボトル1本ですが、これを一日で飲むことは慣れないとお腹がちゃぽんちゃぽんになります(実際私がそうでした。)

 

常温の水を飲むのがつらい時には水を沸かしてカフェインが入っていないお茶と共に飲むことで、2Lという量を消化することができます。冷たいものよりも温かいものの方が好きな方もいらっしゃるので、温度を変えるというのもひとつの方法だと思います。

 

ルイボスティーをはじめ、ノン・カフェインのお茶は大丈夫なので、何種類か用意しておくことで3日間を快適に過ごすことが出来ますよ!(コーヒーや緑茶はNG)

 

また、梅干しを摂取する際には、お湯を注いで梅干しを潰して食べるのがオススメです!

酵素ドリンクの甘みに飽きて来た時には梅干しに救われました。

たまたま今年自分で漬けた無添加の梅干しがあったのでとても役に立ちました!

酵素ドリンクと梅干しは毎日摂取しましたが、ファスティング2日目に、酵素ドリンクを購入したお店に寄る機会があったので、ファスティング中も大丈夫というコールドプレスジュースをいただきました。

スムージーのようにドロッとしてなく、さらっとした飲み心地で、酵素ドリンクとフルーツが入っているようですが、りんごの味がして、とても美味しかったです。

 

ファスティング中のカラダの変化

ファスティング中には頭痛や吐き気をもよおしたり、カラダの節々に痛みを感じるなどかなり個人差があるようですが、わたしは非常に眠いと感じました。

 

理由を考えると簡単ですが、今まで食べ物としてエネルギーが入ってきていたものが体内に入ってこないため、カラダが省エネモードに入るからみたいです。

なるべく活動量を抑えるには睡眠が一番ですよね。

 

きっとお仕事中にファスティングを行っている方は気が張っていてあまり眠気は感じないかもしれません。しかし、わたしはファスティング用にスケジュールを確保しておいたので、気がいつもより緩んでいるのか本当に眠くなり、ファスティング1日目と2日目はお昼寝をしました。

 

そして、眠気を強く感じた時に、「いつもの睡眠の質や量を見直した方が良いかな?」とも感じました。

 

何故なら余計なものがカラダに入ってこない分、ファスティング期というのは感覚が研ぎ澄まされているからです。その時に感じたことは、自分に普段足りていないことで、気が付いていないことかもしれないと思いました。

 

他には、いつもは体温が高く、手先足先まで温かいのですが、ファスティング期2日目以降は手先が冷たく感じることがありました。いつもは栄養素があってカラダを燃やしてくれていますが、その材料がなかったので、代謝は少し落ちたように感じました。

あまりにも長い間続けると、筋肉から減っていくというので、回復期には少しカラダを動かそうと思います!

ここまでは、あまり良い反応とは言えないような内容ですが、3日目はとても快適でした!

 

ファスティング2日目までは非常に眠気が強かったのですが、3日目はカラダが非常に軽く(重力を感じないという表現がピッタリ!)気分もとても良かったです。

いわゆるファスティングハイなのかもしれません。

最近目の疲れを感じていましたが、それもなく、物事に取り掛かるのに面倒くさいという感情が湧いてきません。(おかげでブログレポートを執筆することが出来ました♪)

 

明日から回復食なので、今回のレポートはファスティング期までとなりますが、また回復レポートも記事にしていきますので、これからファスティングを考えていらっしゃる方は是非参考になさってくださいね。

回復期には十分ご注意を!ファスティングレポート(回復期~日常まで)

2020年11月6日

 

何故オンラインサロンでファスティング?

ここまで読み進めていただいたあなたがきっと不思議に思っていらっしゃることがあると思います。

それは、「何故、オンラインサロンでファスティングなのか?」

ということです。

IYASAKAでは、【古き良き時代の日本と現代を融合した生活】を意識しています。

日本では年に2回、6月と12月末に大祓(おおはらえ)という行事があり、日頃から積み重なった罪や穢れを祓う儀式がありますが、ファスティングはカラダの中に知らず知らずのうちに溜め込んだ罪や穢れを祓う(=排出する)という見立てをすることも出来ますね!

 

また、食事を大切にいただくという考え方も大切にしており、ファスティングを行うことで、日頃の食生活がいかにありがたいかを感じることにも繋がります。(本当に回復食の時の味噌汁の美味しさは忘れられません!)

そんな理由も含め、年に2回というファスティングをサロンでは行っています。(自由参加ですが、同じ時期に行っている人がいるとかなりコミット出来ますよ!)

IYASAKAには今までの価値観を変える沢山のものが溢れています(*^^*)

 

お子さんが小さいママでも取り組める14時間ファスティングの記事はこちら

忙しい子育て中ママに絶賛オススメ!14時間断食〜ファスティングレポート〜

2020年10月30日

 

まとめ

ファスティングについて、本来の目的や実際の経過を含めてお伝えしてきましたが、これから取り組もうかな?と思っていらっしゃるあなたの参考になったでしょうか??

 

今回酵素ドリンクを使ったファスティングを行うに当たり、以前よりもかなりリサーチしましたので、その知識とわたしの実体験がこれから行う方のお役に立てたら幸いです。

 

この記事を読んであなた自身が日頃の食生活を見直すきっかけとなるのも非常に嬉しいです(*^^*)

 

【バイブル~魂の栄養~】では、日々役立つ情報や心が軽くなる生き方、精神性を高める方法などをブログ記事としてご紹介しています。

そんな人生の糧になる要素をギュッと詰め込んだ

「セルフチェンジの教科書~思い通りのわたしになる3ステップ~」

を、現在無料公開中です(PDF形式135ページ)

・大切な人との人間関係に悩んでいる
・やる気はあるはずなのになかなかうまくいかない
・失敗が怖くていつも一歩を踏み出せない
・すぐに出来なかったことに着目し、自分を責めてしまう

そんな方に是非読んでいただきたい内容です。

きっと、あなたの人生を変えるきっかけになると思いますので、

気になるかたは以下の画像をクリックして是非無料で手に入れてくださいね!

 

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

あなたの幸せがますます増し、豊かな時間で満たされますよう。

こはくと
ぼくたちも月からあなたのことを応援しているよ!

 

※期間限定公開中!詳しい内容は以下の画像をクリック‼

みんなで光を広げよう!

ABOUTこの記事をかいた人

着る活動で着物を22世紀に繋げるきもの講師 【10年後のわたしが喜ぶ和服レッスン】主催。 発酵食で光り輝く‟発光美人”を増やすべく活動中。 年間200日の和服生活や発酵食生活を実践中。 花嫁さんの介添え歴8年。婚礼業界17年。視覚障害者のガイドヘルプなど、「その人に寄り添う」お仕事に従事中。