チーム『IYASAKA』運営メンバー:橋本直博

 

みなさんこんにち和!

チーム『IYASAKA』運営メンバーの 橋本直博(はしもとなおひろ)です。

私は現在、

  • ブロガー
  • ボイスクリエーター(いわゆるボイストレーナー)
  • 文章家

として活動しています。

現在運営中のブログ『きんぱん』は、「日本の幸福度を世界一にする」というコンセプトのもと、立ち上げから半年で毎月15,000人以上のユーザーを増やし続けるサイトに成長、現在も訪問者数を更新しています。

もともと副業(本業はサラリーマンだった)で始めたブログですが、軌道に乗ったのを足掛かりに
開始から10か月後には独立を実現してしまいました。

ブログ『きんぱん』では主に
カラオケ・ボイストレーニング・成功者マインド について発信しており、「日本を世界一幸せな国にする」というミッションの達成を目指しています。

このように現在は、好きなことについての文章だけ書いたり、好きなカラオケを教えたり という超自由な生活をしている私ですが、

つい先月までは普ッ通のサラリーマンでした。

 

いや、普通のサラリーマンではなかったかもしれません・・・

というのは、私はいわゆる「鬱」になりかけていたことがあるからです。

私の元勤め先は、今では日本人の99.8%が知っている飲食系の某大企業です。

会社の名前を出すと、「へ~すごい!エリートなんですね」「年収高そう!」
などと言われ、世間的には 優雅な生活をしている と思われます。

実際、食べるものは困らなかったし、車だって買えるし、高級ブランドじゃなければ好きな洋服も買える。
たまにはおしゃれなレストランで食事だって、旅行だってできました。

それに比べて、世の中にはもっともっと厳しい境遇で必死に生きている人もたくさんいます。(むしろ日本にいる時点で本来は超ラッキー)
なので、
・鬱なんてどうせ〝自称” 鬱だろ
・ぜいたくなこと言うな
などと言われても仕方ないかもしれません。

でも、

でもですよ、

幸せじゃなかった

のです。

 

なぜなんでしょうか?

ここに、今の日本人の幸福度がとても低いことのヒントがありそうな気がするのです。
(2018年3月 国連発表の「世界幸福度ランキング」によると、日本は2017年に引き続き 主要先進国中最下位。)

 

仕事は確かに、飲食店営業ということもあり、肉体的にかなりキツイ時はありました。

それでも、30歳くらいまではなんとか元気にやっていたんですね。
その時は会社をやめるなんて1ミリも思ってません。

「俺はこの会社で一旗揚げる」
「早く昇進して会社のビジョンを実現するぜ」

っていう気概でやってましたよ。
嫌な仕事も、矛盾の多い上からの命令も、アルバイトから敵にされても、クレーマーから人格否定されようとも、1週間家に帰らずとも、いつか報われる時が来る
そう信じて 耐えてきました。
(今思うと、自分をダマしていただけかもしれません。。)

しかし。。報われる時は訪れませんでした。

自分のはダマせていなかったんでしょうか。

ある朝、正体不明の恐怖に襲われ 布団から一歩も出られなくなってしまったのです。

会社からの電話は鳴り続けましたが、恐ろしくてスマホを見ることができません。
そのまま、何日も何日も 逃げ回り続けました。

 

仕事をバックレて1か月くらい経ったころでしょうか。

おかん「おいナオ(私のこと)。外に会社の人来てるぞ。」

私「ああ、出ないでくれ。」

おかん「そうするわけにいかないだろうよ。あんたも子供じゃないんだから」

私「もう無理だ。勘弁してくれ」

おかん「このままだと解雇だって言ってるよ。迷惑だけはかけるなよ」

私(解雇・・・ さすがにそれは・・)

 

やむなく、ヒゲボーボー、頭フケだらけ、憔悴した重い体を引きずりながら、外に出ていきました。

来ていたのは、特に仲の良かった同期のH君でした。

H君「橋本君、みんな心配してるよ」

私「ごめん。。」

H君「生きてて良かった。」

私「ごめん。。ごめん。」

 

会社は丁寧に支社長との面談を設けてくれ、恩情で1か月間の休暇を与えてくれました。

その1か月で、私は自分を見つめなおしました。

俺は何のために働くんだろう?何がしたかったんだっけ?なんのために生きてるの?幸せって何?俺が死んでも世界に何の影響も無いよな?でも死ぬのはちょっと。。だとしたら俺は何をすれば・・・・?

いわゆる「自分探しの旅」をする中で、どうしたら本当に幸せになれるのか、考え続け 探し回りました。

そして、あるサイトに出会います。

そのサイトの中で、著者が言うには・・

 

『世界は自分の写し鏡なのです』

衝撃的でした。
つまり、今までの報われない世界は、他でもない自分自身が創り出していたのです!

さらに読むと、
『借金1000万を抱えた手首までイレズミの男が、8か月で年収2000万に。あなたの人生をビジネスにしよう』

な ん・・だと?(´゚д゚`)

 

それによると、なにやらブログなるものを作ることで、自分の好きな事で起業できるらしい。。

これだ

直観的にそう思いました。

それから私は、その『イレズミ男』のサイトを読み漁り、ブログ、そしてビジネス構築の全てを学びました。

お気づきだとは思いますが、この人こそ 後のチーム『IYASAKA』リーダーである西野氏だったのです。

 

その時点で私は、何千人といる彼のメルマガ読者の一人にすぎませんでした。
ですが、少しでも彼に近づきたい・彼のように生きたい・全てを吸収したいと思い ガツガツとセミナーや勉強会に参加していきました。

ある時は、会社の年1度の超重要行事を直前で休んでまで(会社のみなさんごめんなさい)、会いに行きました。

 

そうして、ありがたいことに 今回『IYASAKA』運営メンバーとして、チャンスを頂くことができたのです。

 

『世界は自分の写し鏡』です。

なので、あなたの身に起きること、あなたの目に映る世界は 全てあなた自身が創り出しています。

ということは、幸せは自分の中にある のです。

内面を変えていくこと これは世界を変えることに等しいのです。

 

だから、私はこの『IYASAKA』プロジェクトに参加します。

常に競争して、自分を犠牲にし、疲弊していく世界では幸せになれません。

日本人がもともと持っていた、「豊かで優しい心、自然と調和し、いろんな価値観を融合した 新しい生き方」 を実現し、世界に広げていきます。

 

今も、かつての私のように 魂を削って生きている社会人はたくさんいます。

私はそんな人たちが、本当の幸せを見つけられるように
まずはあなた自身の幸せな生き方を見つけて頂いて、
周りの人たちに広げていってほしいと思っています。

そんな仲間になって、一緒に世の中を変えていきましょう!

 

それでは、IYASAKAましませ!

橋本直博

みんなで光を広げよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください