幸福度が劇的にアップする!【幸せホルモン・オキシトシン】を分泌させる3つの方法

今あなたに‟必要な幸せの処方箋”

 

はくと
ねぇ、こはく。幸福度ってなんだろう??
こはく
優しい気持ちになれる時間や瞬間ってことかしらね??

 

突然ですが、「あなたは日々“幸せ“を感じていますか?」

 

いきなり痛い質問だったかもしれません。

今日、わたしがこんな質問をするのには、理由があります。

 

ここ5年という短い時間の中で、本国民の幸福度】が、軒並み下降しているからなのです。

 

国連の世界幸福度ランキングによると、5年前の調査では46位(それでも低いですが…)だった日本ですが、2020年にはなんと!62位までランクを下げています(16ランクダウン)。

参照レポート World Happiness Report 2020  https://happiness-report.s3.amazonaws.com/2020/WHR20.pdf

 

これは非常に残念な結果ですが、まぎれもない事実なのです。

 

そして、幸福度が下降を辿る一方というのは、とても危険なことですよね??

今よりも苦しい世の中なんて想像できないですし、そんな場所に身を置きたくありません。

 

ではどうすれば良いのか…?

 

ひとりひとりが自分で出来る【幸福度をアップする処方箋】が必要だと思いました。

 

そこで、注目したのが、わたしたちが元々体内に持っているホルモンです。

とりわけ、幸せホルモンと呼ばれるオキシトシンが効果抜群だとわかりましたので、この記事では、日常生活の中で簡単に出来る幸せホルモンの分泌を高める3つの方法に絞ってご紹介していきたいと思います。

 

この記事を最後まで読むと

・日常生活の中でたった3つを心掛けることで、日々の幸福度がアップし、充実した日々を送ることができる

・幸福度が上がることで人生を前向きに捉えることができ、やりたいことが出来るようになる

・家族や大切な人との関係が劇的に改善する

・不安や悩みが少なくなり、幸せ体質になる

 

以上の効果が期待できます。

 

この記事を書いた人

 

 

「幸せホルモン」オキシトシンとは...?

まずはじめにさらっとオキシトシンについて触れておきます。

オキシトシンとは、脳内から分泌される物質で、神経伝達物質と、ホルモンとしての2つの役割を持つ物質です。

ある特定の神経伝達物質やホルモンが分泌されると、その刺激によってわたしたちのカラダや心に変化が起きます。

 

とても有名なのがドーパミン。

ドーパミンが分泌されると、興奮状態になったり、メラメラと湧き上がるようなやる気が満ち溢れたりします。

 

そう!わたしたちの行動や感情は、こうした体内での物質によってコントロールされているんですね!

 

 

話をオキシトシンに戻しますが、こちらの物質は母と子の絆を深める物質と言われていて、お母さんが赤ちゃんに母乳をあげているときや、分娩の時に痛みを和らげる物質として知られていました。

 

が、近年、オキシトシンの働きとして【幸福度をアップする】という効果が発見され、再度着目されるようになりました。その効果は、犬と人という種を超えた絆について及ぶことも明らかになっています。

麻布大学獣医学部の研究チームによる論文:オキシトシンと視線との正のループによるヒトとイヌとの絆の形成

 

オキシトシンが分泌されるとどうなるの?

Image by Jill Wellington from Pixabay

では、実際にオキシトシンが分泌されると、わたしたちの心やカラダはどのような変化を起こすのでしょう??

現状で報告されている効果をざっと挙げると、

 

・幸せな気分になる

・ストレスが緩和する

・脳や心が癒される

・不安や恐怖が減少する

・美肌効果

・親密な人間関係を結ぼうという気持ちになる

・人と関わりたいという気持ちが高まる

・他者への信頼が増す

・好奇心が旺盛になる

・質の良い眠りをもたらす

・感染症予防につながる

 

などがあります。これだけ多くの心やカラダへの効果があるなんてステキなホルモンですね(*^^*)

変化をみていくと、ガツン!と効くというよりは、じわじわと効果を感じられ、相乗効果が得られそうなものばかりですが、確実に一日が良くなりそう。

 

この中でも最も分かりやすいのが、【幸せな気分になる】ではないでしょうか?この幸せ気分をどれだけ多くの間持続させられるかによって、人生の充実度が格段に変わってくるでしょう。

 

それでは、わたしたちが元々持っているオキシトシンの分泌を高め、より【幸せな気分になる】時間を過ごすために、実際に何に取り組めば良いのかを次にご紹介致します。

 

 

オキシトシンの分泌を高める3つの行動

家族、友人、子供とスキンシップをとる

オキシトシンスキンシップにより、分泌が促されるそうです!恋人同士は自然と手を繋いだり、お互いに触れあうことにより、自然と幸せ度をアップさせていますよね。

これは、家族や友人関係でも同じことが言え、『スキンシップ=触れること』が最も大切な点です。

施術としてのマッサージでも、実際にオキシトシンの分泌が高まるそうで、施術を受ける側はもちろんのこと、施術者の方にも効果があるんですって!マッサージに行くと気持ちよくなって眠ってしまいそうになるのも納得ですね。

 

近くに家族や触れ合える友人がいない人も諦めないでください。このスキンシップは、人間同士だけではなく、ペットとの触れ合いにも同様のことが当てはまります。ペットと触れ合ってぬくもりを感じたり、愛情をお互い感じているときには、オキシトシンがたくさん分泌されているんですね(*^^*)

 

毎日の入浴タイムで実感

わたしたちが毎日行っている入浴でも、オキシトシンの分泌を高めることができます。先程のスキンシップの例からも分かるように、わたしたちが「心地よいな~」と感じてリラックスしたり、癒されていると感じているときにたくさん分泌されているようですね!

入浴は日本人にとっては毎日の習慣だと思いますので、ここは是非、シャワーだけで済ませずに、しっかりと湯船にお湯を張って、全身をほぐしてあげてください。この時のポイントは、「心地よい」という感覚に集中すること!

実際に「気持ち良いなぁ~」と声を出しても良いですし、「はぁ~~♪」と長い息を吐くだけでも良いです。

1日1回、たかだか30分程度の入浴ですが、心と時間の余裕がなくなってしまうと、この極上タイムを疎かにしてしまいがちですよね。

お風呂に入っている時間までアレコレと考えてお仕事モードだと流れる疲れも流れていきません。本当に効率的なのは、しっかりと入浴で心とカラダをリフレッシュし、エネルギーチャージすることです。是非ご自身のカラダを優しくさすってあげたり丁寧に洗って清潔にしてあげたりしてみてください。

忙しいと、入浴の時間までケチってしまいがちですが、この時間だけは自分だけの時間!と決めて、入浴に集中できるように心掛けましょう。そうすることによって、もし、入浴後にまだお仕事が控えている場合にも、心が軽くなってお仕事の効率も上がってくるでしょう。

また、お風呂の後は自分だけの時間という方は、

お風呂タイムでリラックス→オキシトシンで幸福度アップ→快適な入眠へのリズムという良い循環を生み出したいですね。

分け合う、人に優しくする

Photo by Gary Bendig on Unsplash

誰かと何かをシェアすると、オキシトシンの分泌が高まります。

・食べ物を分け合うこと
・誰かに優しい声掛けをすること
・相手が喜ぶことをすること

などです。

こうした習慣を心掛けると、あなたの周囲の人は、あなたと一緒に居ると心地良いと感じ、また同時にあなた自身も幸福度が増すのです。(マッサージの施術者と受け手みたいな関係ですね!)

日本人は本来【和する】文化の元で生活をしてきました。

 

戦後、西洋の文化が取り入れられ、一般的に浸透してから、奪うことや誰かを踏み越えて抜きんでること、1位になること、上位になることが勝ち組という価値観が刷り込まれていますが、

 

そのような競争する価値観が生まれるもっともっと前から、我々日本人には、分かち合い、譲り合い、和する文化というのが遺伝子レベルでカラダに刻み込まれているのです。

 

幸福感が足りないと感じたら、人に優しくすることであなた自身も幸せになります。

まずは、奪ったり、誰かから貰おうとするのではなく、自分から与えるという姿勢が日頃から必要なんですね。

 

分け与えるのは必ずしもモノでなくても良いのです。気持ちや感謝を周囲の人と分かち合っていきましょう。

 

まとめ

 

いかがでしたか?今日はオキシトシンの分泌を高める方法についてお伝えしました。

 

 

この記事を最後まで読んだあなたは

・日々の幸福度がアップし、毎日を充実した日に出来る

・幸福度が上がることで人生を前向きにとらえることができる

・近しい人との関係が劇的に改善する

・不安が少なくなり、眠りにつくときに、幸せを感じながら入眠することができる

 

 

上記のことが出来るようになっているはずです!

とても簡単な3つの方法を是非実践し、幸福感を高めて日々の生活を充実させていきましょう(*^^*)

あなたが幸せになることで、周囲の人のことも同時に幸せにできることを忘れないでください。

 

こはくと
わたしたちも月からあなたのことを応援しているよ!

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

みんなで光を広げよう!

ABOUTこの記事をかいた人

着る活動で着物を22世紀に繋げるきもの講師 【10年後のわたしが喜ぶ和服レッスン】主催。 発酵食で光り輝く‟発光美人”を増やすべく活動中。 年間200日の和服生活や発酵食生活を実践中。 花嫁さんの介添え歴8年。婚礼業界17年。視覚障害者のガイドヘルプなど、「その人に寄り添う」お仕事に従事中。