やったことは返ってくる!因果応報の由来や本当の意味・類語とは?因果応報を科学的に考える

こんにち和。

日常でもよく耳にする「因果応報」という言葉ですが、あなたはどんな意味で使っていますか?

もしかしたら「悪いことが起きる」というようなネガティブなイメージを持つ方が多いかもしれません。

しかしこの言葉の意味をしっかり理解するとしないとでは、人生の深みが変わってきます。

今回は「因果応報」の意味や由来、似たような言葉や、決して迷信やオカルトではなく科学的に証明された話をお伝えしようと思います。

この記事を書いた人

因果応報の意味とは?

因果応報の意味を辞書で調べてみますと、

因果応報
仏語。前世あるいは過去の善悪の行為が因となり、その報いとして現在に善悪の結果がもたらされること。
出典:デジタル大辞泉

とあります。

因果応報の文字を分解してみますと、

因・・・原因
果・・・結果
応・・・反応
報・・・報(むく)い

となります。

つまり、自分の起こした行動の原因と結果に対して、周りが反応して報いとして自分に返ってくるというエネルギー循環のことなのです。

因果応報の由来とは?

因果応報という言葉の由来は仏教から来ています。

意味としては「現世での行いが来世の自分に返ってくる」ことです。

仏語の中には「善因善果・悪因悪果」という言葉があります。

これは良い行いをすれば良い結果が返ってくる、悪い行いをすれば悪い結果が返ってくるという意味です。

ですので本来の意味としての因果応報とは、悪い行いだけを指すのではなく良い行いも含まれます。

ただ一般的なイメージとしては、因果応報と聞くと悪い行いの方を思い浮かべる方が多いのが現状です。

因果応報の類語とは?

因果応報の類語、似た意味の言葉をいくつかご紹介します。

因果応報の類語1:自業自得

因果応報の類語に、「自業自得」があります。

自業自得とは「自らの行いの結果は自分から受けなければならない」という意味です。

こちらも仏教からの言葉ですが、

因果応報・・・過去世も含めた行いが返ってくること
自業自得・・・現世での行いが返ってくること

という違いがあります。

場合によって使い分けてみてください。

因果応報の類語2:自縄自縛

因果応報の類語には「自縄自縛(じじょうじばく)」もあります。

自縄自縛とは「自分の言動が自分をしばって、自由に振る舞えずに苦しむこと。」という意味があります。

こちらは自分から勝手に苦しむ行動を選択しにいくといったニュアンスが含まれます。

因果応報の類語3:身から出た錆

因果応報と似た言葉に、「身から出た錆」があります。

刀をほったらかしにしておくと錆びてしまうことから、この慣用句が生まれました。

因果応報は悪い行いだけでなく良い行いも含まれるのに対し、身から出た錆は悪い行いに対してだけ使われます。

因果応報を科学的に見る

因果応報は仏教からの言葉ですし、昔の人の迷信やオカルトだと思われそうですが、実はそうではなさそうです。

イギリスのカーディフ大学とアメリカのテキサス大学の研究者は共同で、「善悪応報」の因果関係を研究しました。

その研究結果によりますと、健康な少年犯罪者でも時間が経って中年になると急速に健康状態が悪化するケースが非常に多かったそうです。

入院治療が必要になったり身体に障害をおこしたりするリスクが、一般の人より数倍も高かったのです。

これは過去に犯罪を犯すと健康を害するほどの罪悪感を抱えることとなり、結果悪事の報いを受けるということなのです。

また別の研究では、アメリカのエール大学とカリフォルニア大学から「社会関係の良し悪しが死亡率に如何に影響するか」という研究結果が発表されています。

ランダムに選んだ7千人を9年間追跡調査したところ、周りと穏やかに仲良く付き合っていて他人を快く助ける人は、他人を助けず自分の利益を追求する人よりも圧倒的に健康状態が良いそうで、死亡率も1.5~2倍もの差があったそうです。

これは人種、階層、生活習慣が違っても同じ結果だったそうで、「善行を積む人は寿命を延ばせる」という科学的証明なのです。

因果応報の本質とは?

因果応報の本質とは「やったことはそのまま自分に返ってくる」ということです。

言葉にすると何ともシンプルな話なのですが、これがやはり真実なのです。

世の中はすべてエネルギーで成り立っていて、エネルギーが常に循環しています。

そして良いエネルギーを発信すれば良いエネルギーが返ってきますし、悪いエネルギーを発信すれば悪いエネルギーが返ってきます。

そして思考や感情だけでなく行動もすべてエネルギーですので、やはり良い行動を行えば良いエネルギーを発信したことになり、良いエネルギーが返ってきます。

それは物なのかお金なのか人脈なのか愛情なのかどういった形で返ってくるかは分かりませんが、良いエネルギーが返ってくることだけは確かです。

こういった視点で見ると、因果応報はエネルギー循環を表した言葉なのだと理解できます。

関連記事
【幸せのための基礎知識】上手くいく人はみんな取り入れている「エネルギーの概念」とは?

因果応報:まとめ

THE BIBLE 〜「因果応報」 編〜

  • 因果応報とは良いことも悪いことも、すべて自分に返ってくるという意味
  • 因果応報は近年、科学的にも証明されてきている
  • 因果応報の本質はエネルギー循環

因果応報という言葉は仏教から来ていますので、もしかしたら科学的でない昔の人の迷信だとかオカルトなんかだと思うかもしれません。

しかし近年では科学的、学術的に証明されてきていますし、なにより人が幸せに生きるうえで大切な考え方になっています。

私自身、自分の経験や人から聞いた話を振り返ると、因果応報は真実だなと認めざるを得ないことがたくさんあります。

もしもあなたが今より人生をより良くしていきたいというのであれば、因果応報の言葉を思い出し、良いエネルギー循環を意識して過ごしてみてください。

必ず人生が拓けていくことでしょう。

それでは最後まで読んでただいてありがとうございました。

弥栄ましませ。

※期間限定公開中!詳しい内容は以下の画像をクリック‼

みんなで光を広げよう!