自己顕示欲が強い人10の特徴。強くなる原因と抑える方法は?

自分を表現して注目されたい、自分の存在をアピールしたい、そんな欲求を自己顕示欲と言います。

自己顕示欲の強い人は、目立ったり人前に立ったりすることが得意ですが、度がすぎると周囲に不快を与えたりもします。

そして、自己顕示欲の強い人は、自分がそうだと気づきにくい傾向もあります。

 

そこで、今回は自己顕示欲が強い人の特徴をみていき、あなたの自己顕示欲は強いかチェックしてみましょう。

また自己顕示欲が強くなる原因と、度が過ぎないようにする対策についても探っていきます。

この記事を書いた人

自己顕示欲が強い人の特徴

特徴1:自分の話ばかりする

自己顕示欲の強い人は、すぐ自分の話をしたがる人が多いです。

人の話を聞いているかと思いきや、返答する時の主語がかなりの確率で「私は〜」になります。

 

また、人の話を乗っ取るくせがあります。

人が話終わる前に、「いや俺はね!〜」と口を挟んできたら、自己顕示欲が強い可能性が高いです。

やられる側としては深いなので、自分がそうなっていないか注意しましょう。

特徴2:自分が中心でないと嫌

自己顕示欲が強い人は、いつもどんな組織でも中心でいたがります。

話題の中心から取り残されることがとても嫌なのです。

途中から話に入ってきて、一から説明させるなんてこともします。

そして自分が中心であると信じてもいます。

特徴3:空気が読めない

自己顕示欲が強い人は、空気を読みません。

人の話も平気で腰を折るし、イタい発言をしちゃって場を凍らせることもあります。

このように天然で空気が読めないタイプもいれば、意図して空気を読まない猛者もいます。

特徴4:自分をすごそうに見せたい

自己顕示欲の強い人は、自分がいかに大きく、優秀にみられるか、ということをとても気にします。

とにかくその場で一番注目を集めたいのです。

例えば、こんな経歴があるとか、過去の栄光を少し盛って話したり、こんなすごい人物と知り合いなんだアピールなどをします。

特徴5:知ったかぶりをする

自己顕示欲の強い人は、相手より自分が下に見られることを嫌います。

自分の方が劣っていることを、絶対に認めないのです。

すると、相手が話す内容にもし知らないことがあっても、知っているフリをするのです。

いかにも、「それくらい知ってて当然だよね」的な空気を出すのです。

特徴6:人を見下す

自分が上であることを信じていたいため、人の悪いところを見つけて裏で批判したりします。

それを誰かに話すことで、自分の優位性を示したいという心理なのです。

陰口や悪口が多くなる傾向もあります。

しかし、明確に見下すことは少なく、厄介なのは「彼はこういうところは優秀だよね、でもここは弱いとこだよね」などと、あたかも達観したかのように話す場合です。

より高い視点からものを見ているぞ、というアピールです。

特徴7:人に教えたがる

自己顕示欲が強い人は、聞いてもいないのにやたらと人にモノを教えたがる傾向があります。

時には勝手に説教が始まったりもする始末です。

当然、それは自分の優位性を示そうとしているだけなので、聞いているほうのためにもなりません。

特徴8:場を仕切りたがる

自己顕示欲が強い人は、自分が中心でいたいし、中心であると信じてもいます。

なにかと場を仕切りたがり、およびでないのに仕切ってきます。

これは統率力アピールでもあります。

特徴9:人のアドバイスを聞かない

自分が優位であると信じたいし、実際そう思っているので、まず人の話を聞きません。

しかも、いい人とも見られたいため、一見すると返事は良いようです。

人から教えられると上に立たれている気がするので、無意識に拒否してしまうのです。

特徴10:実は打たれ弱い

自己顕示欲が強い人は、今までの人生を自分が上だと信じて生きてきました。

もしそうでなくても、自分が下であることを認めるのが怖いため、現実に向き合わなくなってしまうのです。

ですから、完膚なきまでに失敗をしたり、完敗を喫したりすると、めちゃくちゃ凹んでしまうのです。

叱られることにも慣れていません。

自己顕示欲が強くなる原因

自己顕示欲が強くなってしまう原因と考えられるのは、大きく3つです。

  1. 甘やかされた環境で育った
  2. あまり構ってもらえなかった
  3. 実際に少し秀でていた

それぞれ見ていきましょう。

甘やかされて育った

幼少のころから、親や大人たちに甘やかされて育つと、自己顕示欲が強くなる可能性があります。

なぜかというと、周りからチヤホヤされるのが当たり前の環境だと感じてしまうからです。

ちょっと何かをすれば褒められ、甘やかされ、叱られることなく育ってしまった。

普通に生きているだけで周りから注目されるので、それが当たり前になってしまったのです。

あまり構ってもらえなかった

今度は少し逆になりますが、幼少期に構ってもらえなかった場合も、自己顕示欲が強くなる可能性があります。

なぜかというと、構ってもらうためには、自分をアピールして注目を集めることが必要だからです。

その行動基準が身につき、大人になってからも過剰に自己を目立たせようとしてしまうわけです。

実際に少し秀でていた

幼い頃に容姿が優れていたり、かけっこが速かったり、なにか少し秀でているものが実際にあったパターンです。

これは結局1の甘やかされるに繋がりますが、実際にこのパターンだった人は多いでしょう。

小さい子供の頃は、少し誕生日が違うだけで大きな差がつきます。

ですから、その頃の優位性が記憶の中に残っており、そうでない現実を認めたくないという心理になっていくのです。

自己顕示欲を抑えるために

自己顕示欲の強い人の特徴を、かなり負の側面を強調して説明してきました。

ですが、これは程度の差はあれ、誰しも少なからず持っている傾向でもあります。

というのは、現代は特に、インスタやツイッターなどのSNSの普及により、自己顕示欲が煽られているということです。

フェイスブックやインスタで日夜行われているのは、「リア充アピール合戦」です。

まさに自己顕示欲のパレードなのです。

 

ですから、気づかぬうちに、あなたも自己顕示欲の強い行動をしてしまっている可能性もあるのです。

 

そこで、自己顕示欲を抑えるためにはどうしたらいいか?ってことなんですが、それは

他人からの評価を手放す

ことです。

自己顕示欲は他人から注目されたい欲求ですから、実際に注目してくれるのは他人です。

他人というのは、自分が思うようには見てくれないものです。

ですから、はじめっから諦める。

 

わざわざ無理してSNSで注目を集めなくても、あなた自信にもともと魅力がありますから、勝手に見てくれる人は見てくれるのです。

まとめ

ということで、今回は自己顕示欲の強い人の特徴をみてきました。

全体的には、自己顕示欲は良くないもの、といった論調で書いてきましたが、場合によっては必要な特性でもあります。

ただそれが重度になってしまうと、周囲に不快をあたえることもあるので、自分がそうならないためには、自覚していることが大切です。

THE BIBLE 〜自己顕示欲の強い人の特徴 編〜

  • 自己顕示欲とは、人から注目されたい欲求のこと
  • 強くなりすぎないためには、他人からの評価を手放しましょう

自分ばっかりになるのでなく、周囲と調和を図っていきたいものですね。

あなたが明るく軽くなっていただけますように!弥栄

みんなで光を広げよう!