人生を楽しむ方法!まず”手放す”べき8つのこととは!?

あなたは人生楽しんでますか?

もっと人生を楽しみたいのに、なんで多くの人が人生を楽しめないんでしょうか?

誰だってつまらないより、楽しい方がいいに決まってます。

でも、楽しめない。。。

 

私もサラリーマン時代、人生楽しめてませんでした。

毎日同じことの繰り返し、毎朝くっさい満員電車、面白くもない仕事、時間と体力と精神を削り続ける日々、将来に対する漠然とした不安、、、

いろんなものにがんじがらめにされ、ぜんぜん自分の人生を生きている感じがしなかったのです。

 

このままこの生活を繰り返しても、絶対人生つまらんままで終わる!ヤバイ!

そう思って会社をやめました。

 

大した計画もなんもないまま会社をやめてしまいましたが、1ミクロンも後悔してません!

なぜなら、人生を楽しむ方法がわかったからです。

 

なぜ人生が楽しめないか、それは

ムダな物をかかえすぎ

だからです。

会社員時代、いろんなものにがんじがらめでした。

30歳にもなればそれなりに責任はあるし、ちゃんと仕事しなきゃ世間体がやばいことに。
同年代のやつらとの年収やステータスの差。見栄も張りたい、すごいと言われたい。。

そう、いろんなものを勝手に背負い込んでいたのです。

 

人生を楽しむには、自分を縛り付けているものを手放すことです。

これらのことをほとんど手放した結果、すんごい軽くなり、苦しむこともなくなりました。

そこで今回は、

人生を楽しむために手放すべき8つのこと

をお話します。

 

人生を楽しむために手放す8つのこと

人生を楽しめない人は、たいてい何かに縛られています。

「楽しめばいいじゃん。」と言っても、

「いや、だって金もないし、仕事なくなったらヤバイし。。」

こうなるのが普通です。

 

ですが、これこそ不要なものです。

これって、仕方ない理由のようですが、実はこれは思い過ごしです。

いやいやそんなバカな!?

と思うでしょうけど、その辺のことを書いていきます。

 

手放すべきもの①ーお金への執着

まず正直ここが一番ネックだと思います。

  • お金が無いから好きなことができない
  • 会社やめて借金背負ったら人生終わる
  • お金をもっとたくさん稼げることじゃないとやるべきじゃない
  • 今より収入下がったら生活できない

この辺が大抵思うことです。

お金の問題のせいで、人生が楽しめない。。

ですが、これは思い過ごしです。

 

お金は大事なのは確かです。

でも、”お金の心配は一切いらない” としたらどうでしょう?

だとしたら、なんの恐れもなくやれそうですか?

 

YES,なら今すぐ人生楽しむことができますね。

なぜなら、本当にお金の心配は不要だからです。

借金背負っても大丈夫です。最悪自己破産があります。

収入が今より減っても大丈夫です。死にはしません。

たくさん稼げないとやるべきじゃない?稼げなくてもなんとかはなります。し、正しいやりかたで、ちゃんと人の為になることなら少なからず稼げます。

 

ほとんどの人がお金のせいで人生楽しめないと思い込んでますが、思い過ごしです。

稼ぐことも手放してしまえば、たいして心配になることもないのです。

稼がないといけない心配から解放されたら、好きに人生楽しめますよね?

 

手放すべきもの②ーステータスへの執着

有名になるため、とかエラくなりたいとか、そういった願望があると人生楽しめなくなります。

ステータスがあっても人生楽しんでない人もいれば、なんのステータスもないけど楽しんでる人もいます。

要は、ステータスが人生を楽しくしてくれるわけではないのです。

 

そして有名になることを目的にしてしまうと、逆に不幸になりかねません。

というのは、自分より有名な人と比べると、どうしても劣等感を感じるからです。

ステータスへの欲というのは、終わりがありません。

だからそんなこだわりはさっさと捨ててしまった方が、人生だんぜん楽しめます。

 

手放すべきこと③ー世間体

世間体があるから、好きなことをできない。と思い込んでいる人は多いです。

ですが、それも手放しましょう。

あなたが思っているほど、世間はあなたに関心はありません。(いい意味で)

 

そしてどう言われたっていいじゃないですか。

ああでもないこうでもないと説教してくる人は、実は”あなたに嫉妬”しています。

自由で楽しい人生を手にしてしまったあなたを、妬んでいるのです。

 

だから、世間体なんていらぬ心配なのです。

そんなのどうでもいいと捨ててしまえば、軽くなり人生楽しめます。

 

手放すべきこと④ー人間関係

正直付き合いたくない、と思っている人間関係は手放してしまいましょう。

そういった人の目があるから、それが気になって人生楽しめないのです。

あなたにとって悪影響で、モチベーションを下げてくる人、やる気を奪っていく人、悪習に誘い込む人、、
こういう類は、一旦手放しましょう。

そういう、お荷物な人間関係を手放せば、なんにも気にせず、あなたの人生を楽しめますね。

 

手放すべきこと⑤ー不要なモノ

モノへの執着を手放しましょう。

なぜ不要な物をたくさん所有してしまうのか?それは

「持っていないと不安だから」

です。

または、

モノについた思い出から卒業できない

からです。

いずれにしても、それらはあなたを古いときのまま縛り付けるものです。

新しくなろうとするあなたを邪魔するのです。

 

モノを持ってないと不安になるとしたら、一生、モノを守り続けないといけません。

それが人生を楽しめなくしています。行動が自由にできなくなるわけですから。

 

思い出を手放せないのも、ずっとあなたを過去に縛り付けます。

モノにはそういう、「情報」が含まれてます。

古い情報は捨てないと、新しい情報ははいりません。

だから、捨てないと楽しいことが増えないわけです。

 

手放すべきこと⑥ー人の成功を気にすること

人がどうしてるとか、知り合いがどんだけ成功したとか、
そういうのは一切無視しましょう。

それを自分のモチベーションに変えられる人はいいですが、

ほとんどの人は焦るだけ

です。

人のことを見ると、どうしても良さそうに見えます。
隣の芝は青いとかそんなかんじの。

ですが、それを励みに、とかほとんどできないです。

たいてい、焦って、それより劣る自分に劣等感を感じて、落ち込んで、妬むだけです。

そして、自分の道を見失います。

 

ずっと人と競争し続ける人生はキツいとおもいませんか?

人生が楽しめないのは、

人より上に行かなきゃ

と思っているからです。

そんなの手放してしまえば、楽チン楽チン。

脇目を振らず、あなたの道を進んでください。

 

手放すべきこと⑦ー結果

あなたがこれからやることの結果は手放してください。

結果などどうでもいいと思ってしまった方が、人生数100倍は楽しめます。

結果が思うように出れば楽しめそうですが、たいてい思ったようなタイミングではいい結果出ません。

いずれは出るかもしれませんが、いつになるかわかりません。

そうすると、ほとんどの人は、不安で動けなくなります。

不安なので迷ってしまい、また他のことに手を出してしまうのです。

 

だから、いっそ結果を出すことを手放す。

別にどうなってもいいなら、気楽に人生楽しめますよね。

そしてどうなっても、と言っても、まず死ぬことはないので大丈夫です。

 

手放すべきこと⑧ー後悔と将来の不安

全ての苦労は、

取り越し苦労 か 過ぎ越し苦労

です。

要するに、後悔か不安しかないのです。

そのいずれも、”今”ではない時点のものです。

つまり存在しないものです。

 

ほとんどの人は、その「存在しないもの」を頭で作り出して、勝手に苦労しているのです。

それらを抱えて生きてても、人生楽しめないですよね。

だから、手放しましょう。

 

後悔は過去のもの。古いモノと一緒に捨てましょう。

不安は未来のもの。結果と執着を手放しましょう。

 

そうしたら、その瞬間にあなたは自由に人生を楽しみ始められます。

 

人生を楽しむ:まとめ

さて、今日は「人生を楽しむために手放すべきこと」
という話でした。

私たちはいろんな思い込みや、執着心でがんじがらめにされています。

それらが足枷となり、人生を楽しめなくしているのです。

だから、人生を楽しむためには、まず手放し。
手放すべきものは、

  1. お金への執着
  2. ステータスへの執着
  3. 世間体
  4. 悪影響な人間関係
  5. 不要なモノ
  6. 人の成功を気にすること
  7. 結果
  8. 後悔と不安

でした。

大事なのは、これらは外的なものではなく、

あなたの心の内にあるもの

ということです。

紛れもなく、足枷は自分で作っているのです。

だから逆に、周囲の環境に関係なく、手放すことは可能です。

あなたの在り方次第なのですから。

 

いろんな重たいものを手放して、思いっきり人生を楽しんでいきましょう!

それでは!

 

手放す、ということに関してはこちらも参考にどうぞ。
↓↓↓↓↓
断捨離のすごい効果7選!運気アップの秘密の話〜体験談あり〜

 

みんなで光を広げよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください