人生が開運しない人11の習慣と開運する人5つの習慣

こんにち和!

IYASAKA運営メンバーの橋本です。

 

開運して運気を良くするには、

パワーストーンを身につける、
アロマを焚く、
部屋のどこの方角に何を置く、
パワースポット巡りをする・・・など

そのようなことをすると良いと言われていますね。

あなたも、どれかしらやったことがあるでしょうか?

 

しかし、はっきり言ってこんなことをいくらやろうとも

何も変わりません。

 

まあこれらの類のものは、中には本当に効果があるものがあるかもしれません。

なので全否定はしませんが、こんな小手先のことよりももっと先にやるべき大切なことがあることは確かです。

 

そこで今回は、絶対に開運しない人がやっている習慣を11個紹介したいと思います。

そして、誰でも開運するにはどんな習慣を持てば良いか、一緒に見ていきましょう。

 

こんな人は開運できない!NG習慣11選

本当に人生が開運するかどうかは、ほとんどあなたの行動パターンにかかっています。

つまり”習慣”です。

決して、何か特定の開運アイテムを持つとか、何やらスピリチュアル的なまじない的なことで、開運するなんてものではないのです。

 

これをやればイコール、開運しますよ なんていう単純なものではありません。

ですから、何かそういったアイテムとか特定の行動に頼っている場合はまず開運などしないので、それが前提となります。

ということで、さっそく見ていきましょう。

 

開運しない習慣1:先延ばしにするクセがある

わかりやすいのは、小学校の夏休みの宿題です。

はじめから毎日少しずつやればいいのに、「後でやればいいや」と先延ばしに。。

そして夏休みも最後の3日になって、やっと手をつけるが「もう絶対間に合わん!」と絶望する。

そんな経験ありませんか?

 

まあ私も経験済みなんですが、こういったクセは自分で努力しないとなかなか治りません。

いつまでも治せない人は、大学の単位や卒論でも同じことになったのではないですか?

 

さらに社会人になっても、同じことにはなってませんか?

 

これは仕事に限ったことではありません。

プライベートでも私生活でも、「心に引っかかっているけど解決しないで放置していること」はありませんか?

これがある人は、常に気がかりとなり、心のエネルギーがどんどん奪われています。

つまり他の大事なことに廻すエネルギーが減っているのです。

 

ですから、先延ばしの習慣がある人は、いろいろとうまくいかないことが多くなっていき、開運できないのです。

 

開運しない習慣2:部屋が汚い

部屋にものが散らかっている、汚れが付着している人は開運しません。

これはスピリチュアル的にも、運気の流れを詰まらせるとかいわれますね。

 

これも先ほどの先延ばしに似ていますが、部屋が散らかっているということは、いるものといらないものを整理できていないということです。

つまり、情報を整理する習慣ができていません。

と言うことは、頭の中もグッチャグチャなのです。

 

整理整頓できていない空間では、エネルギーはどんどん漏れていきます。

必要な情報を探すだけで体力使いますからね。

 

開運しない習慣3:着ない服を大量に持っている

これも部屋が汚いのにつながります。

そして服を整理できない人は、その他のものも整理できていないことが多いです。

つまり、不要な物をたくさん所有してしまう習慣があるということです。

 

荷物が多過ぎれば重たくなり、身動きが取れなくなります。

また、例えば仕事をするデスクに無駄なものがゴチャゴチャしていると、それだけで作業が捗らないようなものです。

それは無意識にそのモノたちに意識を持っていかれているからです。

それは例え視界に入っていなくても同じことなのです。

 

開運しない習慣4:発言する言葉が極端

どういうことかというと、

ネガティブなこと
ポジティブなこと

の両方に偏った発言が多いということです。

例えば、ネガティブワードに偏った場合

  • どうせ〜
  • 私なんて・・・
  • 愚痴
  • 死にたい
  • サイアク

などという言葉ばかりを口にする習慣になっています。

ネガティブワードが良くないのはなんとなく分かりますね?

このような発言が多い人は基本的に”かまってちゃん”です。つまり人からエネルギーを奪う人です。

こんなことばかり言う人のそばにいると疲れるので、やがて友達がいなくなります。当然開運もできません。

 

一方、ポジティブワードに偏る人も良くありません。

例えば

  • 自慢ばかり
  • 俺ってめっちゃ運がいい
  • 俺って天才

こんな発言をする習慣の人です。

これは一見前向きで良さそうですが、実は本質的にはネガティブワードに偏っているのと同じです。

なぜかというと、自分は運がいいと思えていないから、わざわざこんな発言をするからです。

つまり、そう思い込もうとしているのです。

 

また自慢が多い人は、承認欲求が強すぎる人です。

認められたいと強く思っている ということは、裏を返せば認められていないと感じている。
承認されることに渇望している状態です。

ということは、心のエネルギーがカラッカラなわけです。

 

まとめると、満たされていないから発言が偏ります。

エネルギー循環がうまく行っていないので、開運できません。

 

開運しない習慣5:生活が不規則、夜型

生活リズムが不規則ならば、健康も害しやすいし、時間管理もてきとうになりがちです。

不規則ということは、毎回行動パターンが異なると言うことです。

つまり、毎回違うやり方になり、毎度新しいことをやるには、すごくエネルギーを消費します。
(慣れたことは簡単だけど、初めてやることはうまくいかないですね?)

 

また、人間は本来、朝起きて暗くなったら寝る生き物です。

本来あるべき習慣からズレれば、運気もおかしくなっていき、開運しません。

 

開運しない習慣6:靴や服がボロい

物を大事に扱うことは大切なことですが、逆にボロボロになっても使い続ける習慣は良くありません。

それもエネルギーの循環を滞らせているからです。

 

つまり、物をずっと持ち続けると、そこでエネルギーを止めている状態です。

新しいエネルギー(モノ)が入ってこないため、開運しません。

 

見た目の印象も悪いですから、しっかり使った物には「ありがとうね」と言って、次のステージに進ませてあげましょう。

 

開運しない習慣7:サイフがパンパン

レシートやクーポン券、使わないカード類でサイフがパンパンになっていませんか?

これは部屋を掃除できないのと同じです。サイフを定期的に整理する習慣がないと、こうなります。

 

不要なものでいっぱいに詰まっているため、新しい運気(つまりお金)が入ってこず、開運しません。

また情報の整理もできていない状態なので、エネルギーはずっと漏れ続けています。

 

開運しない習慣8:食生活が乱れている

ジャンクフードばかり食べる、
食べ過ぎ・飲みすぎ
の習慣があるということです。

健全な精神は健全な肉体に宿ります。

食生活が乱れていれば、当然 体はいい状態とは言えません。体が整っていない状態では開運できません。

 

「いや、俺は節約のために昼はカップラーメンだけど、病気になってないから大丈夫だよ」

とかいう人の体はカップラーメンでできていますね。

要するにガラクタ置き場の部品で作ったガンダムです。正規部品で作ったガンダムをどっちが強いですか?って話です。

 

飲みすぎ、食べ過ぎの習慣も良くありません。

消化にはかなりエネルギーを必要とします。
ですから食べ過ぎ・飲みすぎることによって、食べ物から得るエネルギーよりも、消化で使うエネルギーが上回ってしまいます。

つまり食べれば食べるほどマイナスです。

エネルギーがマイナスの人が、開運はしないですよね?

 

開運しない習慣9:スマホに使わないアプリが大量に入ってる

これは部屋が汚れているのと同じ状態と言えます。

こんな状態の人は、電話帳やLINE、メールなどもゴチャゴチャの可能性が高いでしょう。

つまり部屋と同様に、整理する習慣がない人です。

 

情報もエネルギーを奪っていくため、無駄な情報でパンパンになったスマホは疫病神のようなものです。

これでは開運のしようがありませんね。

 

開運しない習慣10:姿勢が悪い

しせいが悪いと、”気”の通りが悪い状態になります。

”気”とはエネルギーと考えてもれえればいいんですが、要するにいろいろと循環が悪くなっていくと言うことです。

 

体のバランスも崩しやすく、精神にも影響します。

繰り返しになりますが、体を整える習慣のない人が開運することはありません。

 

開運しない習慣11:テレビやYouTubeをダラダラ見てしまう

正直見るだけでエネルギーを奪われますが、ハマってしまうと時間管理ができなくなります。

つまり生活リズムが崩されます。

 

経験がある人は多いと思いますが、テレビやYouTubeで夜更かし→寝不足
というのを繰り返したら、いろいろ流れが悪くなるのは目に見えていますね。

流れが悪くなれば、どんどん開運しない習慣が根付いて行きます

 

これだけは押さえたい!開運するための習慣

残念ながら、ここまで見てきた開運しない人の習慣は、ぜんぶ昔の私です。

今でも、ちょっと油断したらやってしまうこともあります。

 

開運するためには、今挙げてきたことの逆をやっていけばいいんですが、なかなか常に完璧ているのは難しいことです。

そこで、ここだけは押さえたい!という開運の習慣をピックアップしましょう。

ポイントは、

  1. エネルギーを浄化する
  2. エネルギーを漏らさない

ということです。

 

開運習慣1:朝日を浴びる

朝日は1日の中で、最も浄化力が強い日光です。

朝の陽を浴びて、空気をいっぱい吸うととても心地よく、いい1日がスタートできますよね。

その感覚が、浄化された感覚です。

 

要は、いつもその”浄化された感覚”でいられれば、運気は開運していきます。

朝しっかり活動しているということは、生活リズムも整うので体調も良くなります。

つまり全てがうまく循環し始めるのです。

 

開運習慣2:塩風呂に入る

これも強力な浄化の習慣です。

塩は邪気を祓う力がありますが、これは盛り塩をしたり、相撲で塩をまくことからも、昔から取り入れられてきた習慣です。

科学的にも、塩を入れた風呂に浸かることで、発汗作用があり、代謝を良くする効果があります。

 

1日の終わりにしっかりと浄化する習慣が付けば、いろいろなことがうまく循環しはじめ、開運していきます。

 

開運習慣3:気がかりをなくす

気になっていること、先延ばしにしていることは、とにかく早く片付けましょう。

これはエネルギーを漏らさない習慣です。

めんどくさいことをさっさと片付ける、単純なことですが、片付いたあとはものすごくスッキリして、アクティブになれた経験がある人も多いでしょう。

それがまさに、うまく循環した状態であり、開運する人の特徴なのです。

 

開運習慣4:無駄なものを手放す

とにかく、把握しきれないものはどんどん処分する習慣をつけてください。

これはエネルギーを漏らさない習慣です。

 

モノはエネルギーを奪います。たくさんあればあるだけ、管理するのにエネルギーを使うからです。

犬を一匹飼うより、10匹飼う方が大変ですよね。

つまり、一人で掌握できる範囲は限られているのです。

 

モノだけでなく、情報空間やサイフも整理する習慣をつけましょう。

メールボックスやLINE、サイフの中も整理する習慣をつけ、不要なものは持たないでください。

 

開運習慣5:掃除する

これはエネルギーの浄化と漏らさないこと、両方の意味があります。

いつも掃除して、ムダな物を処分しましょう。

また、部屋は自分の体・頭とリンクしています。

部屋を清めることは、自分を清めることと同じ意味なのです。

 

開運するためには基本的な習慣の改善から

さて、お気づきかもしれませんが、開運するために必要なのことは、ものすごく普通なことばかりです。

塩風呂は普通あまりやらないかもしれませんが、毎日ちゃんと風呂にに入って清潔にする というだけで、それにちょっと塩を入れたほうが、もっと良いよってだけの話です。

 

つま、開運するのに特別なことはいらない
まして、変なクソ高いパワーストーンとかそんなのいらないってことです。

基本的な習慣の部分を直さないで、そんなウワベのもので塗り固めても、まったく無意味なのです。

 

本当にこんな簡単なことでいいのかよ!?って思うかもしれませんが、実はこんなことができていない人がほとんどなのです。

それは、意外とこの当たり前なことをしっかり続けるのが難しいということです。

いや、本来は簡単だけど、難しくさせられていると言ったほうがいいですね。

 

オカンにチクチク言われたようなことですが、これをちゃんとやれば確実に開運していきます。

変なアイテムに頼る前に、自分の生き方を見つめ直してみてはいかがでしょうか?

 

THE BIBLE 〜開運する習慣 編〜

  • アイテムでは開運しない
  • エネルギーを浄化する・漏らさないことが重要
  • そのために、基本的な習慣の見直しを

あなたの御霊が輝き、大開運していただけますように!

弥栄

 

他のみなさんはこちらの記事も読んでいます。
↓↓↓↓↓

【掃除で開運】する人としない人の違い!〜必ず効果が実感できる掃除術〜

2019年5月1日

みんなで光を広げよう!