家族嫌いを手放したら心が自由で幸せになる

こんにちは。井上りかです。

あなたはご家族とどんな関係ですか?

ご家族のこと好きですか?それとも、嫌いですか?

おそらくこの記事をご覧になっているあなたは、ご家族に対して何かしらネガティブな感情をお持ちかもしれませんね。

かくいう私は母親との関係は悪くはないものの彼女に対してマイナスの感情を持っています。

私の両親は仲が悪かったですし、私が中学生くらいからは家族と過ごすのが苦痛でした。私が社会人になってから両親は離婚(父にはすでに他の出会いもあり、、、)して、現在は母と私だけの親子関係となっています。

そして、私自身は結婚して子どもが生まれて”別の新たな家族”を持っています。

”別の、、、”というよりも、”家族が増えた”と言った方がポジティブかもしれませんね。

家族が嫌い、という感情って実はそうそう簡単に切り離せません。

なぜなら、あなたの価値観や思考、行動は良くも悪くも家族からの影響を受けているからですよね。

でも、あなたの家族がどうであれ、あなたの価値観が家族からどんなネガティブな影響を受けて形成されたにせよ、この記事を読んでくだるあなたが幸せになることがとても大切だと考えています。

ちなみに、私はというと、、、

この記事を書いた人

私は、就職して社会人としての価値観ができあがっていくにつれて母から受けた価値観を邪魔だと感じていました。

そして、母と会うときは不自然なほど激しく母の価値観を否定したりしていました。

でも、そんな状態で20年近く過ごしていたある日、祖母が亡くなったのを機にふと感じたのです。

あぁ、母が死ぬまで私が関わっていかないといけないんだ、、、と。

とても気が重かったのですが、それから2、3年してごく最近になって

母を受け入れられないまでも、母と過ごす時は私自身が心穏やかでいよう

と思うようになりました。

今だに、母の価値観には理解しがたいものもありますが、以前よりは心穏やかに「そういうものか」と受け流せるようになりました。

今回の記事を最後まで読んでいただけたら、

あなたがご自分の価値観を大切にすることで、あなた自身の幸せを感じられるようになります。

どうして家族が嫌いなのか?

「育った家庭環境がよくなかった」「家族は嫌いではなかったものの、自分が社会人になってみたら親の価値観に違和感を持つようになった」など家族が嫌いになる要因はさまざまです。

  • 母親は人の悪口ばかりで聞いているこちらが不快
  • 妊娠中に実家でつわりで寝込んでいたらその態度が気に食わないと母親に愚痴った弟。
  • 子どものころに私が遅くまで勉強していてもおかまいなしに電気を消す姉
  • 小さいことからすぐヒステリーを起こす。大人になっても人間関係が築けずにどこに勤めてもすぐに辞めてしまう妹。家族にお金を借りても返さない。
  • 強くならないと生きていけないと言って私や弟が泣いたりした時は殴る父
  • 祖母の生活音がうるさい。お皿とかも叩きつけるように置く。足裏全体をつかってドタドタ歩く。

家族(特に親や兄弟、姉妹)から受ける悪影響

特に成長プロセスにいる子どもたちは、家族(特に親や兄弟、姉妹)から受ける常識や価値観が正しいものなのだと受け入れざるを得ません。

もし、親の常識や価値観が他の人を悲しい気持ちにさせるものであるとしたら、周囲に受け入れられなくて、かつ、馴染めないという辛い状況に置かれる可能性があります。

  1. 親が子どもに追い越されたくなくて、何としてでも自分以下にしようとする
  2. 文句ばかりで自分が優位に立ちたがる、その割には自分は変わろうとしない
  3. 「お姉ちゃん(お兄ちゃん)なんだから、、、」という負担
  4. 子どもの意見、考えが自分と違うと受け入れない
  5. 親が過保護、あるいは、子育て放置しすぎで、子どもが自分の考えや意志を積極的に持つことができない

こういった悪影響は子どもの健やかな成長の妨げになるどころか、親や周囲に対する不信感になり社会的に孤立する可能性が高くなると考えます。

あなたが幸せになることが大切

家族、特に親は選べないですし、家族を変えることはできないです。

ですから、あなたが

”よし、私自身の人生を大切に生きるぞ!!”

と心に決めて忘れないようにすることがとても大切です。

家族にされて嫌だった、悲しかったことを他の人にやらない

意図的に他の人が嫌だと感じることをしている時はありませんか?

家族はあなたに嫌なことを言ったりしてきたりするかもしれません。

でも、あなた自身は他の人に対してそうならないようにすることが大切です。

あなたが他の人に嫌な思いをさせているのであれば、あなたのご家族もあなたの発言や行動で傷ついている可能性があります。

「自分が不幸なのは家族のせい」は思い込み

”家族が○○だから、△△だから、どうせ自分は幸せになれないんだ”と思っている限りはご家族の影響から逃れられません。

”家族が△△だし、□□だけど、どうしたら自分は幸せになれるんだろう、、、”と思い直して見ましょう。

家族への執着(好き/嫌いの感情、価値観など)を手放す

不本意ながら家族の好き/嫌いや価値観に囚われがちになることはありませんか?

”どうして私の家族はひどいの?!””なんでそんなに歪んだ価値観なの?!”と無意識に家族を批判する理由を探しているうちは、まだまだ執着が拭えていないです。

“母のヒステリックは私に何を学ばせてくれているのだろう、、、”と学びに変えると執着が和らぎます。

家族以外の人とのつながりを持つ

友人関係とは別で、会社やバイトなどの組織に所属したり、コミュニティに参加するのでも良いです。

あなたの価値観を受け入れてくれたり、あなたを良き方向に導くアドバイスをしてくれたり、一緒に勉強したりする同僚や仲間とのつながりを持ちましょう。

自分の存在価値を実感できる時間が家族への執着を手放す助けになる可能性があります。

おわりに

いかがでしたか?

あなたが、現在、家族嫌いだったとしても、これからの人生で家族の好き/嫌いに囚われなくなるといいなぁと思っていいます。

あなたはご家族(両親や兄弟/姉妹)と血の繋がりはあるかもしれません。

でも、あなたが自立しているのならば、あなたはご家族と血の繋がりだけの関わりです。

これ以上にご家族のネガティブな価値観の影響を受ける必要はないのです。

そして、あなたが大切に作り上げてきた価値観で、今、あなたの目の前にいる人たちを幸せにしてあげられたら良いと思います。

家族にされて嫌だった、悲しかったことを他の人にやっていませんか?

家族への執着(好き/嫌いの感情、価値観など)を手放せていますか?

私自身、どんなに意識してもいまだに母親への執着が出てきて、母に冷たい言葉を発してしまうことがあります。

罪悪感はありますが、そうなってしまったらそれは仕方がないです。

繰り返して気をつけているうちに、無意識で他の人に優しくできたり、家族の好き/嫌いの影響を受けなくなります。

あなたはあなた。そう、家族のものではない、あなたのものです。

あなたが心から幸せだと感じる時間が増えたら私はとても嬉しいです!

あなた自身、そして、あなたの目の前の世界がたくさんの光で溢れますように、、、

弥栄ましませ。井上りか(しょこらラボ Youtuneチャンネルも宜しくです。)でした!

※期間限定公開中!詳しい内容は以下の画像をクリック‼

みんなで光を広げよう!

ABOUTこの記事をかいた人

オンラインサロンIYASAKAメンバー。 プライベートでは育児・家事をしながら、フリーでビジネスをしているワーキングマザー。さらに、IYASAKAを広める活動を通じて”本当の幸せや豊かさとは何か”を追求している。暗い子ども時代を過ごし、自分はもはや豊かに生きることができない、と人生に絶望をしていたある日、IYASAKAに出会った。そこで、生い立ちや育った環境で人生は決まるものではないことに気づかされ、自分の人生を変える決心をした。 Twitter:井上りか@子どもと楽しく学べる教養コンテンツ作成中 Youtube:学ぶママチャンネル ブログ:しょこらラボ