3月3日は桃の節句、ひな人形はいつから飾るのが正解??

3月3日は桃の節句、ひな人形はいつから飾るのが正解??

3月3日は桃の節句。女の子をお子さんに持つご家族にとってもそれは特別な日。

でも…

こうした季節行事は年に1回のこと。
昔はおばあちゃんやお母さんが同居していて
やり方をおしえてくれたけれど…

現代の住宅事情の変化から、
子供を持つお父さん、お母さんは
実は分からないことも多いのでは??

例えば、ひな人形はいつから飾るのが良いかご存知でしょうか?
こちらの記事を最後まで読めば、

ひな人形を飾る段階から当日のお祝いの仕方、
片付けの方法までまるごと理解できます!

この記事を書いた人

ひな人形、飾りはじめはいつからが良い?

3月3日はひなまつりですね。
2月は通常の月よりも日数が少ないので、毎年、

「あら、そろそろ飾らなくちゃ」

と思ってひな人形を出している方も多いのではないでしょうか?

でも…飾るのに最適な日があったら、事前に準備を整えておいて、きちんと飾りたいですよね。

ひな人形の飾りはじめに良いとされているのは、2月3日の節分を過ぎてからが良いと一般的に言われています。
暦の上では、2月4日が立春。長い冬が明けて、季節が切り替わり、切り替わりの前に豆を撒いて厄を落としますので、その後がよろしいようです。

厳密に「何月何日に飾らなければいけない」とはっきりとした決まりはないですが、暦の上で春になり、お天気の良い日やお日柄がよいときを選んで行ったり、家族が揃って飾り付け出来る日を選ぶのも良いと思います。

 

意外!桃の節句は女の子のお祝いではなかった…?

そもそも桃の節句は現在は女の子のお祝いとして馴染み深いですが、その昔、中国では、ちょうどこの頃に邪気が入りやすいとされ、川で身を清め、邪気を祓っていたそうです。

その風習が日本へ伝わり、人形の形代に穢れをうつし、川へ流したことと、

貴族の女の子のお人形遊び、ひいなまつりの習慣が合体して、今のような形になったと言われています。

流し雛の習慣は、今でも各地でありますよね。

「お人形さんが身代わりになってくれる」

というのも、そうしたところからきているのですね!

 

当日のお祝いの仕方

さて、ひなまつりでは散らし寿司と潮汁(蛤)が定番ですね!

散らし寿司の具材であるレンコンや海老は、
お正月にいただくおせちと同様、縁起をかついでいます。

レンコン=見通しが良くなる
海老=長寿を願う
豆=まめに働く
蛤=夫婦和合(同じ貝のみがぴたりとあわさるため)

などがありますよ。

 

ひな人形を早く片付けないとお嫁にいけないは、半分本当??

昔から、ひなまつりが済んだ後は、人形は早めに片付けた方が良いと言う人がいました。

ただ、理由も知らずに、
「お嫁に行けなくなっちゃうよ」

というのはちょっと違うと思います。

昔の日本人は、季節を大切にしており、1つの出来事に対してしっかりと準備をして当日を迎え、済んだら次の行事に切り替えるということを行ってきました。

そんな流れの中、桃の節句が過ぎても

・いつまでもそのまま人形を出しっ放しにするのは良くないということ、
・きちんと物事を進めることと終わらせること

をしないと、それが人生全般、そして、女性の一大事である「結婚」というものにことばを変えて、

「出しっ放しは行き遅れる」

と言う風に言われるようになったのでは?と推察します。

つまりは、人生の大きなイベントを引き合いに出して、日頃から常に整えを行いなさいというのが背景に隠れているのではないでしょうか・・・?

嫁に行き遅れるは一つの例で、ひとつの事を行ったら、きちんと片付けをして切り替え、次のことへ注力していくというのは、何事に対しても必要な姿勢だとわたしは思っています。

ですから、ひな人形をいつまでも出しておくと、嫁に行き遅れるというのは、半分正解で半分は迷信という風に結論付けますね(*^^*)

こちらも同様、「翌日すぐに片付けないといけない」などという決まりはないので、出す時と同様、そのご家庭にあった日を選んで行うのが良いようです。

 

さいごに…

本日の内容はいかがだったでしょうか?

日本人は行事が大好きですから、ひな祭り以外にも多くの行事が年間を通して行われます。

ただ、その時に、イベントとして楽しむ気持ちと、あとほんの少しだけひとつひとつのイベントに対して「背景を知る」ということを行っていただくと、より、季節感を感じられ、日本の良さを実感できると思います。

また、そんな素晴らしい感性や文化を子供たちに引き継いでいきたいですよね。

背中を見せられるオトナ・・・共に目指して参りましょう。

 

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

 

 

 

みんなで光を広げよう!

ABOUTこの記事をかいた人

着る活動で着物を22世紀に繋げるきもの講師 【10年後のわたしが喜ぶ和服レッスン】主催。 発酵食で光り輝く‟発光美人”を増やすべく活動中。 年間200日の和服生活や発酵食生活を実践中。 花嫁さんの介添え歴8年。婚礼業界17年。視覚障害者のガイドヘルプなど、「その人に寄り添う」お仕事に従事中。