職場の人間関係がうまい人は、実は、人に合わせていない

こんにち和。出先でよく道を聞かれる井上りかです。

今回の話題と関連しますので、少しお話しさせてただきますね。

私、不思議なくらい人によく道を聞かれるのです。

上司との出張先を歩いているとき、友人とランチに出かけた先で、旅先の道ばたで(日本、海外問わず)、、、

もしかしたら関係があるのかもしれませんが、職場でも、いろいろな人からさまざまなことを聞かれたり、1回くらいしか会ったことのない他部署の方からメールで問い合わせやお願いごとを受けたりします。

その時によく言われるのは、

「聞きやすい」「どうにかしてくれそう」「なんか解決しそう」

ということです。もちろん、すべてを解決できる”魔法の杖”は持っておりませんが、、、

こういう形で、幸か不幸か?いろいろな方とありがたいご縁をいただいております。

ちなみに、私ですが、職場での人間関係に長いこと悩んできました。目下、葛藤中のこともあり、仕事だけでなく人間関係についても毎日学ばせていただいています。

さて、あなたの職場や所属するコミュニティ(もちろん家庭も含めて)の人間関係はいかがですか?

  • 家庭も職場も人間関係に恵まれています。今の人生がとても楽しいです!
  • 上司のえこひいきで気に入られている同僚が幅を利かせていて、かなり仕事がしづらい、、、
  • 人のせいにしがちな同僚がいて、何か問題があるといつも私が悪いと思われる。
  • すごく仕事ができて周りからも優秀と認められている同僚が他人に厳しい、、、彼女(彼)の基準で仕事をしないとなぜか怒られる。しかも、すごい怖い、、、
  • いろんな個性が集まっている職場だけど、不要ないざこざを起こさないように、それぞれ気を配りあってそれなりに調和していると思う。

今回は、さまざまな職場において人間関係がうまい人はいったいどんな思考、行動を心がけているのかについてご紹介します。

この記事を書いた人

人間関係がうまくいっている状況とは?

まず、あなたに知っておいて欲しいことがあります。

それは”人間関係がうまくない人”というのはいないということです。

私たちが普段から表現している”人間関係がうまくいかない”という状況は、その瞬間の思考、行動が要因となっているにすぎないと私は考えています。

人間関係がうまくいかない状況として、

  • 人間関係、コミュニケーション全般が苦手。
  • 我が強くて、周囲と衝突してしまうことがある。
  • つい感情的になり、その後気まずい関係になることがある。
  • 自分の意見を伝えたり、表現するのが得意ではない。
  • 周囲から認められていない、また、心配されていないと感じる。
  • 自分がいない方がこの職場はうまくいく気がする。

といった気持ちや行動を思い浮かべていただけると思います。

実は、こういった状況はうまくいかない瞬間にだけ起こっているもので、あなたそのものではないということです。

それでは、”人間関係がうまくいっている状況”とはいったいどういうものでしょうか?

  • 言いたいことが言い合える
  • お互いに学ぶところを得ながら成長できる
  • とにかくみんながいつも笑顔
  • 悪口を言わないで、みんながお互いを尊重している
  • 誰かがミス、トラブルを起こしても批判することなく建設的に解決しようと助け合える

どれも大正解!

他にも、あなたがこうあればいいなと思う”人間関係がうまくいっている状況”が現実になったら嬉しいですね。

ここで、あなたに覚えていて欲しい大前提があります。

それは、

職場では、いつも笑顔の人、人当たり良い人、頼れる人、いつも自信がなさげな人、何かと威圧的な人、お人好しで甘え上手な人、などいろいろな背景を持つ人がいっしょに1つの目標に向かって仕事をしている

ということ。

それでは、この前提を忘れずに読み進めてくださいね。

人間関係がうまくいっている人とはどんな人?

どんな職場にも人間関係をうまくやりこなしている人がいると思います。あなたの周りにもいませんか?

困ったときに必ず助けてくれる

いつも忙しそうにしているけれども「話しやすい人」「声をかけやすい人」っていませんか?

”聞いたら答えが出て来そう””わからなくても力になってくれそう”といった印象を周りに与えているようです。

たとえその人が応えられなくても、人脈で解決に導いてくれたりする、頼もしくありがたい存在です。いなくなられると困りますよね、、、

周りの存在価値を高めている

とにかく、褒める、認める、ねぎらう、励ます、感謝するなど、いつも周りに肯定的な感情を伝えている人が多いようです。それに、多少苦手な人がいてもその人の良いところを探すという努力をしているようです。

相手の存在価値を高める表現のポイントは『感謝+褒め』の組み合わせ

「ありがとう!すごい助かった!」「プレゼン上手だね!分かりやすかった!」など。

自分から笑顔であいさつ「○○さん、こんにちは!」

『笑顔+あいさつ』はシンプルで最強です。

笑顔には「あなたに会えて嬉しい!」「あなたといると楽しい!」というメッセージが込められています。名前を呼ぶとさらに印象アップします。

仕事上で嫌な関わりがあっても、取り返せる可能性が高くなります。

聞き上手

まず、悪口やグチの対処が上手です。決して同調していないのに、リピートしてあげたり頷いたり表情で共感を示したり、、、話している方も”分かってもらえた”というスッキリ感を持つようです。

それに、聞き上手な人って、大げさなリアクションで「えっ!そうなんですか!」「さすがですね!」「素晴らしいですね!」「知らなかった!」「うわ~すごいですね!!」「なるほどですねー」といった反応をされています。

存在する世界が広い

会社以外でも家庭では良き母父であるとか、趣味や勉強を通じてコミュニティに参加されている方が多いです。

”自分の存在価値が認められている場”を持っている人は、たとえ空気の悪い職場にいても”私の世界はここだけではない”と冷静に自分のミッションをこなしています。

それでは、”人間関係がうまくいっている人”はどうしてこれらのようなことができるのでしょうか。

人間関係がうまくいっている人の思考、行動とは?

実は、無理してまわりに合わせていない

まず、すべての人や物事に対する反応や行動に一貫性があります。

たとえば、飲み会の場が苦手であれば、はじめに宣言をして無理に行かない、笑顔で「楽しんでねー」と見送る。お誘いに対する反応を一貫しているうちに、嫌味なく”飲み会は行かない”キャラクターとして定着します。

GIVE(与える)が基本

困っている人にはできる限り手を貸しています。GIVE&TAKEが暗黙の了解という職場が多いと思いますが、人間関係がうまくいっている人はTAKEを期待していません。(人に頼らないという意味ではありません。)

”同僚の仕事=自分の仕事”という意識を持っているから、そもそもGIVEだと思っていないようです。

嫌われることを恐れない

いろんな個性が存在するのが職場ですから、人間関係がうまくいっているからといってみんなから好かれているとは限りません。疎ましく思われることがあっても、その人なりの一貫性で発言、行動をしています。

人間関係がうまくいっている人が絶対にやらない5つのこと

NG -不要に自己評価を下げる発言をする

「プレゼンが下手なので、、、」「私、ぜんぜん仕事ができません」「パソコンが苦手なので」などなど、、、

腹ではこう思うことがあるのかもしれません。でも、たとえそう思っても、人間関係がうまくいっている人は決して口に出しません。なぜなら、自分の評価を下げたところで何も解決しないばかりか、相手を困らせることがわかっているからです。

NG -人のせいにしない

「やっぱり○○さんが元凶?」「私はちゃんと進めたのに、○○さんがその先をやっていません!」人間関係がうまくいっている人は”○○さん”ではなく”△△の作業”と言います。「△△の作業がマニュアル通りでなかったんだね」「△△の作業が進められなかった理由がありそうだね」

NG -「これ、前も言ったはずだけど…」

同じことを何度も聞いてくる方っていますよね。

その方にとっては苦手なことだったり自分の仕事だと思っていないのかもしれません。そんな人に対しても”忙しいのにいちいち全部覚えらいられないよね、、、”といちいち苛立ちを感じないようです。

自分に自信がなかったり、他の人よりも自分が優れていると思いがちな方が陥ってしまう思考のようです。

NG -イライラ状態で書いたメールをそのまま送る

ちょっとしたお叱りのメールについ反射的にイラっと「すみません、以後気をつけます!」の一言メールを返してしまう、という短絡的で幼稚な対応はしません。

まず落ち着いて、相手の文意にフォーカスすることを意識して『相手の求める情報を伝える』ためにはどう返したら気持ちよく私のメールを見てもらえるだろうか、と対応しています。

NG -否定的な言葉を使って批判する

「それは全然ダメだよ」「(あなたの)言っていることが分からない」「あなたのわがままでしょ?」

こんなことを言われたら頭が真っ白になりますよね。人間関係がうまい人は相手をリラックスさせて言いたいことを上手に引き出します。「気持ちはよく分かるので理由を教えてくれる?」「もう少し詳しく教えていただけますか。」

まとめ

いかがでしたか?

ぜひあなたの日常を振り返ってみてください。

人間関係がうまくいっている人の特徴や行動であなたに当てはまるものはありますか?

常に当てはまる、ではなくて良いのです。

もしかしたら、かすりもしない、と謙遜される方もいるかもしれません。

たとえば、”お礼だけは言うようにしている”それだけでも十分にあなたは人間関係をうまくいかせる思考、行動がてきています。

私もヘルプを求められたり話しかけられる割には解決できないことが多いですし、被害者妄想も多く、職場でも『私がぜんぶ悪い』とよく口にしていました。本当に子どもじみていて恥ずかしいですよね、、、

それに、人間関係がうまくいっている人が、すべてうまくできているというわけでもないのです。

考えを異にする人からは疎ましく思われていたり、妬みを持たれたり、うまくやっているなりに人間関係を割り切っていたりします。

今回ご紹介させていただいたノウハウのどれかひとつでも、あなたの実践に取り入れていただけたら、本当に嬉しいです。

あなたらしい関係構築ができると信じております。

職場では、いつも笑顔の人、人当たり良い人、頼れる人、いつも自信がなさげな人、何かと威圧的な人、お人好しで甘え上手な人、などいろいろな背景を持つ人がいっしょに1つの目標に向かって仕事をしている

私は、あなたがどんな環境にいたとしてもあなた本来の良さを発揮して輝いてほしい、と思っています。

ともに光の存在を目指してまいりましょうね!

ありがとうございました。

弥栄ましませ。井上りか(しょこらラボ https://chocolatlabo.com/も宜しくです。)でした!

みんなで光を広げよう!

ABOUTこの記事をかいた人

オンラインサロンIYASAKAのブログチームメンバー。 プライベートでは育児・家事をしながら、会社勤めをしているワーキングマザー。さらに、IYASAKAを広める活動を通じて”本当の幸せや豊かさとは何か”を追求している。暗い子ども時代を過ごし、自分はもはや豊かに生きることができない、と人生に絶望をしていたある日、IYASAKAに出会った。そこで、生い立ちや育った環境で人生は決まるものではないことに気づかされ、自分の人生を変える決心をした。 自身のブログでは、子育てをテーマに家族みんなが心豊かに成長していくためのマインドセットを紹介している。 https://chocolatlabo.com/