お正月に縁起物とされる食べ物は?おせち料理のに隠された言霊の秘密

お正月には縁起物の食べ物を食べたいものですよね。

お正月は大切な1年のスタートですから、縁起の良い食べ物はどんなものがあるのか知りたい人も多いと思います。

そこでお正月の縁起の良い食べ物代表はやはり「おせち料理」なので、今回はおせち料理のことを中心にお話ししていきたいと思います。

縁起物の食べ物のことを知り、最高の1年を迎えましょう!さらにおせち料理うんちくを披露すれば人気者になれるかも!?

この記事を書いた人

おせち料理とは?正月に食べる理由と歴史

まずはおせち料理がどんなものなのか?というお話からしていきましょう。

おせち料理とは、ウィキペディアによると・・・

御節料理(おせちりょうり)は、節会や節句に作られる料理。節日のうち最も重要なのが正月であることから、正月料理(しょうがつりょうり)を指すようになった。単におせちともいう。

「おせち」は「御節供(おせちく、おせつく)」や「節会(せちえ)」の略であり、中国から伝わった五節供の行事に由来する。奈良時代には朝廷内で節会(せちえ)として行われ、そこで供される供御を節供(せちく)と言った。現在のような料理ではなく、高盛りになったご飯などであったとされる。

ウィキペディア

とのこと。

難しいので要約すると、

  • 中国から伝わった「五節供(おせちく)の行事」が元である
  • 奈良時代に朝廷で行われるようになった
  • 最も重要な節日が正月なので、正月料理のことを指すようになった

てなとこですかね。

また、おせち料理を重箱で重ねて用意するのは、「めでたさを重ねる」という縁起担ぎの意味でそうされるようです。

おせち料理はなぜ縁起を大切にするのか?

各食材にどんないわれがあるのかは、次項でお話ししますが、縁起物とされる理由は「言霊(ことだま)」と「型を見立てること」にあります。

まず、言霊ついて。

日本人は古来より、言霊を大切にしてきました。言葉の響きには魂が宿るという考え方で、同じ「音」の言葉は意味が違っても、同じ結果をもたらす働きがあります。

例えば、縁起物の食べ物でいうと、「たい」なんかが定番です。

これは「めでたい」からです。

こういったものが日本語にはたくさんあります。

 

また、型を見立てるということにも深い意味があります。

これは「型霊(かたたま)」という考え方で、先ほどの言霊と同じように、形の似ているものは同じ働きをする、とするものです。

例えば日本人にとって「富士山の形」はとても大切なものですよね。

あの形に似ているだけで、縁起が良いと考えられるのです。

 

こういった考え方が、縁起物としてのおせち料理のいわれとなっているのです。

おせち料理の食材・具材の縁起とは?

おせち料理の各具材には、どんないわれがあるのでしょうか?

縁起物の食べ物のいわれをそれぞれ紹介していきます。

かまぼこ

紅白のかまぼこは「日の出」を象徴し、縁起が良いです。

伊達巻

昔は大事な文書や絵は巻物にしていたことから、おせち料理には巻いたものが多いです。

伊達巻は、伊達者(オシャンな人たち)の着物に似ていた「カステラかまぼこ」がそう呼ばれるようになりました。

錦玉子

黄身と白身の2色が金と銀に見立てられるため縁起が良い。

また、二色と錦の語呂合わせは言霊にもなっています。

田作り(ごまめ)

五穀豊穣を祈り、小魚を田畑に肥料としてまいたことから名付きました。小魚ですがお頭付きなので縁起が良い。

栗きんとん

見た目が金色に輝く財宝みたいだから縁起が良い。また「きんとん」は漢字で「金団」と書き、お宝や小判を連想させることから。

黒豆

「まめ」とは、何事にも精を出すことや体が丈夫であるという意味があります。そこからまめに働き、1年元気に過ごせるようにという願いが込められています。

また、黒には魔除けの効果があるとされるため縁起が良いです。

昆布巻き

昆布は「よろこぶ」という言霊にかけられており、縁起が良いです。

数の子

ニシン(二親)からたくさんの子が産まれることから、子宝に恵まれることと子孫の繁栄を表すため、縁起が良いです。

菊華かぶ

菊は日本の国花であり、祝い事にはよく使われます。菊は邪気を払うともされているため、縁起が良いです。

こはだ粟付け

コハダはコノシロになる前の名前であり、出世魚です。出世魚は縁起が良いとされます。

紅白なます

紅白の配色で水引きにも見えるため縁起が良いです。なますというのは、生の魚、大根、にんじんと酢で作ったことからついた名前であり、根をはる根菜は一家の土台を支えるとされます。

えび

えびは長生きの象徴です。長いヒゲと腰が曲がるまで長生きするという意味で、縁起が良いです。

ごぼう

細く長い形状から、「細く永く幸せに」ということで縁起が良いです。また、しっかり根をはる根菜ですので、一家の土台を支えます。

お多福豆

ふっくらして「おたふく」の顔に見えることからついた名前です。おたふくは「阿多福」と書かれ、文字通り縁起が良いです。

するめ

「寿留女」の字が当てられ、とても縁起が良いです。ことぶきをとどめる女ですから、結納の品として使われます。

※するめは「お金をする」ということで縁起が悪いとされることもあります。その場合は「あたりめ」と呼びますが、「寿留女」だとすれば縁起が良いので、まああまり気にしないほうがいいでしょう。するめとして出す際は、「寿留女」の表記にしたほうが無難かもしれませんね。

れんこん

穴が多く空いて先が見通せることから、見通しの良い1年を過ごせる、という意味で縁起が良いです。

さといも

さといもの種芋には子芋がたくさんつくので、子宝に恵まれるとして縁起が良いです。

きんかん

きんかんは「金冠」なので、見るからに縁起が良いです。金やお宝を連想させ、金運アップを祈ってのことです。

くわい

あまり馴染みのない野菜ですが、大きな芽が出ることから「めでたい」ということで、出世の願いも込められて縁起が良いです。

こんにゃく

真ん中をねじったこんにゃくは手綱こんにゃくといい、手綱を引き締めて自分を戒めるという、武家社会からのなごりです。また結び目があることから、良縁を結ぶという縁起物とされています。

くるみ

くるみは硬い皮があることから、家庭を守る縁起物とされています。

あわび

アワビの身は長く伸びるため、末長く幸せに、発展するという縁起物とされています。

おせち以外の縁起物の食べ物

お正月はめでたいので、おせち以外にも縁起物の食べ物が多く食されます。

おせち以外の縁起物もご紹介します。

そば

細く長いので、末長く続く縁起物とされています。またちぎれやすいことから、去年の厄を打ち切ってくれる、ともいわれています。

去年までのことをさっぱりと清算し、前向きな気持ちになるためにちょうど良いですね。

カニ

甲羅の紅と白身の中身から、紅白で縁起が良いとされています。

はまぐり

貝殻が隙間なくぴったり重なり合うことから、夫婦円満に縁起が良いとされています。

たい

「めでたい」。もはや説明いらねーー笑

ぶり

出世魚だから縁起が良いです。

餅はびよーーんと長く伸びて切れにくいことから、寿命が長く伸びるということで縁起が良いです。

また鏡餅は正月に神様に供えます。一度お供えしたことで、神様のご神気をわけてもらえるという意味からも、神聖な縁起物なのです。

雑煮

神様にお供えした餅を、野菜や鶏肉や魚介類と煮込む料理です。

関西では味噌仕立て、関東では醤油ですまし仕立てにすることが多いです。

また、餅の形状は関西では丸餅を使います。これは鏡餅をそのまま型どっていることからです。

関東では四角い切り餅を使うのが主流です。

 

正月の食べ物で縁起が良くないとされるもの

正月に食べるには縁起がよくないとされているものもあります。

ただし、そこまで過敏に避ける必要はないと考えています。

というのは、食材自体に良い悪いもなく、みんな自然からいただいた恵みであることに変わりないからです。

神様からのお恵みとして、しっかり感謝していただけば特に問題はないでしょう。

お料理を提供する側としては、少し気にかけておく程度でよろしいかと思います。

牛・豚肉

神道的には牛や豚などの四つ足動物は食べることを避ける考え方があります。

なので雑煮には鶏肉を使います。

正月や祝いの席では避けたほうがいいかもですが、結婚式でも普通に出るので、出たら出たで感謝していただきましょう。

味噌

「味噌をつける」という失敗を意味する言葉があることから、縁起が良くないとされることもあるようです。

しかし関西の雑煮では普通に味噌を使いますし、そもそも大変栄養も良い食べ物なので、これはあまり気にしなくて良いでしょう。

たくあん

一切れは「人切れ」、三切れは「身切れ」とされ、縁起が良くないらしいです。なので二切れにすればよいとのこと。

うーん、他にも切れたものいっぱいあるし、これも気にするほどの話ではなさそうですが参考までに。

「なし」という言霊なので、正月や祝いの席では避けたほうが良さそうです。

まあ冬は旬じゃないのであまり食べないですが。

おせちに特に欠かせない「祝い肴」

紹介した縁起物の食べ物の中でも、とくに欠かせないとされるのが「祝い肴」と呼ばれるものです。

地域独特の違いはありますが、一般的に関東では「田作り(ごまめ)、黒豆、数の子」と餅が最低限あれば正月が迎えられるとされているようです。この3つは「祝い肴三種」と呼ばれます。

関西での祝い肴三種は、「田作り(ごまめ)or黒豆、数の子、たたきごぼう」の3つです。

田作り(ごまめ)には五穀豊穣、黒豆には無病息災、数の子には子孫繁栄のご利益があり、お重に詰める際は一番上のお重につめます

ということは関西ではたたきごぼうが一番上のお重にきますね。ごぼうは地中深くに長く伸びるので、土台を支える家内安全の願いがこもっています。

さいごに

日本人は古来から、言葉や型に霊が宿ると考えてきました。そのため、名前や言葉の響き、音、形に縁起の良さを見出してきたのです。

何かエネルギーの高いものに見立てるということは、ほんとうにその高いエネルギーを共有することになると、昔の人は知っていました。

例えば太陽のように、丸くて輝くようなものは総じて縁起物とされていたり、高価な財宝であったりするのです。

ですから、ただの語呂合わせ、型合わせというシャレ以上に、深い意味があるのです。

こういうことが大切に現代まで伝わっているということは、無意識の世界ではみんな知っていることだからです。

そういった日本人の精神性、歴史にも意識が向けられ、感謝していけると、より良い1年が迎えられそうです。

THE BIBLE 〜お正月に食べ物で縁起物は? 編〜

  • おせち料理の食材は、言霊と型霊にあやかって縁起物とされている
  • とはいえ、あまり深くとらわれずに、全ての食材に感謝していただくことが大切

ということで、今回も最後までありがとうございました。

あなたとご家族が光で包まれていただけますように!弥栄

※期間限定公開中!詳しい内容は以下の画像をクリック‼

みんなで光を広げよう!