シンプルな生き方とは何か?生き方の究極的な本質とは

こんにち和。

IYASAKA運営メンバーの橋本です。

 

現代の人は、あまりにも複雑な生き方をしています。

しかもそれは、ほとんど自分からどんどん複雑にして行っています。

私自身、知らないうちにかなり、複雑で難しい人生にしてしまっていることに気が付いたので、できるだけシンプルな生き方をしたいと思ったのです。

 

今回は、なぜ現代の人はシンプルに生きられなくなってしまったのか?

どうすればシンプルな生き方をすることができるのか?

ということを考えてみました。

 

なぜシンプルでない生き方になってしまうのか?

 

私は、「シンプルな生き方って何だろう?」と考えた時、

実は必要以上に、自分から複雑にしている、ということに気がつきました。

なぜそうなってしまうのでしょうか?

 

その理由の一つは、情報を多く取り入れすぎているということです。

そもそも情報はスマホやパソコンからのものがほとんどなので、スマホが悪い、とも言えるんですが、スマホを使わないわけには行かなくなってしまいました。

なのでスマホやパソコン自体は仕方ないとしても、毎日触れる情報が多すぎるのです。

情報が目に入ってしまうので、本来はいらないはずの情報まで取り入れてしまっているのです。

 

もう一つの理由は、モノも多すぎるということです。

便利なものが生み出されるのはいいんですが、ものが存在すれば逆に使わなければいけなくなってしまいます。

情報と同じように、すぐ手に入ってしまうから、「無いと困るんじゃないか?」と錯覚しているのです。

 

シンプルな生き方ができなくなってしまう最大の原因は、あれこれ考えすぎだということです。

今、 ITの発達によって働き方も本当に増えましたよね。

言うたら、なんでもかんでもビジネスになってしまう。

 

中途半端に賢くなってしまった私のような人間は、あれもできるこれもできると、すぐウロウロしてしまう。

そして浅くいろんなことに手を出すせいで、どんどんやることが増えて複雑になっていくのです。

 

仕事に関してだけではありません。

将来のお金や生活のことなど、勝手に難しく考えては不安になり、今からあれこれ対策しないとヤバイみたいな空気になっています。

そのせいで、星の数ほどあってよくわかならい保険とか投資とかそういうのを勧めてくる広告の山です。

それも情報が多すぎるから、ということになるんですが、本来はそんなゴチャゴチャと必要ないはずなのです。

余計に考えてしまうから、シンプルな生き方からどんどん遠ざかっていきます。

 

シンプルな生き方をする方法

このように、本来はシンプルでよかったはずの生き方が、情報や考えすぎによって自ら複雑にしています。

そこで、人間関係・仕事・モノ・生活 という観点から、シンプルな生き方をするためにはどうするべきかを挙げてみます。

 

人間関係をシンプルにする

人脈が広い、友人が多いのは良いことです。

でも、本当に親密に関われる人の数って限られています。

なので、別に人脈が広くなければ人間関係が寂しいとかでは全くないですし、親密な人とさえ良好に付き合えれば十分なのです。

 

そして顔が広くとも、みんなから好かれなければ行けない理由はありません。

八方美人になるとしんどいだけです。

ですから、正直利害関係だけでつながっているような人とは距離をおくべきです。

 

また、他人と自分を比較することも、シンプルな生き方から遠ざかるものです。

例えば、友人Aがインスタで1000人フォロワーを集めたとします。

それと自分を比較して自分ももっと増やさなきゃとか考えて、アレコレがんばってしまう。

次はどんなインスタ映えを撮ろうか・・・

これであなたにとって無駄なことが増えてしまいましたね。

やることも、気を向けることも増え、シンプルな生き方から遠ざかってしまいました。

 

こういうことをしないことです。

自分の価値観をもちましょう。

 

モノをシンプルにする

本当に高頻度で使うもの以外は、手放してしまいましょう。

そもそもモノを持ちすぎだから、シンプルから遠ざかってしまうし、シンプルでない生き方をしているから、モノが増えるとも言えます。

 

それはつまり、あなたが自分にとって大切なものが何か、理解していないということです。

あれも必要、これも必要と思うのは、ほとんど錯覚です。

実は、洋服をあまり持ってなくても、ひもじい気持ちにはなりません。

 

逆に、服をたくさん持っているから、どれを着よう?という選択肢が生まれてしまい、思考が複雑になってしまうのです。

 

スティーブジョブズもそうですし、優秀なビジネスパーソンは毎日同じ服という人も多いです。(同じデザインの、ということね)

 

仕事をシンプルにする

仕事自体をシンプルにするためには、

自分の役割は何か?

をよく理解することが重要です。

それは自分がやるべき最も重要なことを知る、ということです。

 

そうすれば、広く浅くではなくて、あなたの役割を深めて行くことができます。

 

次に仕事の進め方です。

これはアレコレと便利ツールを使わないことです。

あまり多くのツールやアプリを使うようになると、それを使うこと自体がいつの間にか仕事になってしまいます。

たとえば、

ToDoリストを作り、システム手帳に書き、グーグルカレンダーを入力し、フェイスブックを更新し、ツイッターを更新し、、、、

とか、こんなの書いてるだけでもう私は嫌です。

集客で戦略的に使うなら別の場合もありますが、そうでなければやること自体が業務化してしまい、シンプルから遠ざかります。

 

生活をシンプルにする

あなたの生き方をシンプルから遠ざけているのは、欲が多すぎるからです。

あれもしたい、これもしたい、あれも欲しい、これも欲しい、、

となると、自然とたくさんの情報に触れないといけなくなるし、人間関係もどんどん複雑化します。

モノも増えます。

欲深さがシンプルな生き方を失う原因の一つなのです。

 

また、思考をシンプルにすることです。

どういうことか?それは、過去と未来のことを考えないことです。

過去のことばかり考えるのは、後悔です。

未来のことばかり考えるのは、不安になります。

いずれも、「今」起きていないことです。

 

実現していないことに意識を向けるから、複雑に思えてしまうのです。

でも、本当は”今”しか存在しません。

もともとシンプルなのです。

 

人間本来のシンプルな生き方を

極端な話になりますが、もともと人間は

はたらく・食べる・寝る

こんだけでいいはずです。

これが究極にシンプルな生き方で、ほんの1万年前くらいはそうだったはずです。

 

まあ極論言ってもしょうがないので、現実にそこまでシンプルにしちゃったら、現代文明で生きられないですが、これが本質だとわかっていればそこまでブレないはずです。

 

そして、「はたらく」をひらがなにしたのがポイントなんですが、本来のはたらくとはなんでしょうか?

それは、「傍を楽にする」ということで、つまり他者を助けることです。

もっと本質的なことをいうと、人の魂を輝かせるために、自分の魂は存在するのです。

だから、仕事とは究極的には、自分以外の魂に貢献することなのです。

 

ですから、本来やるべき、シンプルな生き方はそれだけです。

そこに自分の欲とか見栄とか世間体とか、そういう無駄なモノがくっつき、あたかも必要なことのように錯覚しているだけなのです。

 

他者のためにはたらき、そのために必要な分食べる、寝る。

ここが本質であるなら、ゴチャゴチャした情報過多の現代でも、できる限りシンプルな生き方ができてくるのではないでしょうか。

THE BIBLE 〜シンプルな生き方 編〜

  • ほとんどは自分から複雑にしている
  • 究極にシンプルな生き方は、はたらく・食べる・寝る です。

あなたが本質的に光り輝きますように。弥栄

みんなで光を広げよう!