「執着」の意味や執着心が強い人の特徴、所有意識を捨てて執着しない生き方とは?

こんにち和。

あなたは執着が強いと自分で感じますか?

執着が強い人は自分中心の考えに囚われているため、常にツラい想いを抱えています。

もしもあなたが現在苦しいと感じているならば、その原因は執着心にあるかもしれません。

今回は執着心が強い人の特徴を挙げながら、執着の意味についてや執着を手放す考え方についてお話していこうと思います。

この記事を書いた人

「執着」の意味とは?

まずは「執着」の言葉の意味を辞書で調べてみましょう。

執着
一つのことに心をとらわれて、そこから離れられないこと。
出典:デジタル大辞泉

とあります。

執着とは元々仏教用語からきており、心の状態を表しています。

仏教では、悩みや苦しみの原因は全て執着であると言われています。

例えば恋愛で相手と上手くいってない場合、執着していると「別れたくない!」という強い気持ちが湧きます。

「別れたくない」というのは自分の想いであって、相手のことは考えていません。

問題が発生してそれを解決する場合、本来ならば自分の言い分だけではなく相手の言い分、状況も対等に考えなければいけません。

しかし執着があると自分のことしか考えられませんので、問題が解決に進むことは困難になります。

仮に強引に解決したとしても相手を無理やり従わせたものなので、根本から解決できたことにはなりません。

このように執着があると問題の本質を見誤らせ、いつまでも苦しみを招くことになるのです。

執着心が強い人の特徴

それでは執着心の強い人の特徴を挙げていきます。

自分に当てはまる部分がないかチェックしてみてください。

執着心が強い人の特徴1:不安感を持っている

執着心が強い人は、不安感を持っています。

不安感が大きければ大きいほど、執着心も強くなります。

何も持っていない自分が不安で不安でたまらないので、代わりに何かを持ちたがるのです。

いろいろなものを所有することで不安感を満たしていますので、所有したものを失うことを非常に恐れます。

その恐れが執着心をますます呼ぶことになります。

関連記事
【不安の解消法】不安な感情の応急処置5選と不安の原因から見直す3つの解消法
仕事が不安で眠れない!休日も残る不安感。。不安を解消する9つの方法とは!?
なんとなく不安な気持ちを抱えてる・・・そんな感情が湧いたときの対処法!

執着心が強い人の特徴2:固定観念が強い

執着心が強い人は固定観念が強いです。

これは「自分はこうでないといけない」という想いに囚われているからです。

固定観念などのこだわりが強いと、事あるごとに周囲と衝突してしまいます。

周りが求めているものと自分がやりたいことのズレが生じるのですが、どうしても自分を優先してしまうために問題がいつも絶えません。

「自分はこうあるべき」を捨てないといけないのですが、執着心が強いためになかなか手放せないのです。

執着心が強い人の特徴3:見返りを求める

執着心が強い人は見返りを求めます。

自分が相手に親切にしてあげてその見返りが得られないと、何か自分が損した気分になります。

執着心が強いと、その損した気分が許せなくなります。

親切な行為をするとその相手から直接お返しが返ってくる場合もありますが、周り回って別の人から別の形で返ってくる場合もあります。

与えたエネルギーは必ず循環しているからです。

しかし執着心が強くて見返りを求める人は、エネルギーをかけた相手から直接返ってくるものだと思っています。

見返りを求める行為はエネルギーを奪う行為でもありますので、執着心が強い人は結果奪われて苦しむことになります。

関連記事
【幸せのための基礎知識】上手くいく人はみんな取り入れている「エネルギーの概念」とは?

執着心が強い人の特徴4:孤独を感じてる

執着心が強い人は常に孤独を感じています。

心の奥底に寂しさを抱いていますので、その寂しさを埋めるために執着心を持ってしまうのです。

自分が孤独ではなく満たされている人は、人や物に対して執着することはありません。

そんなことに囚われなくても心が満たされているからです。

しかし執着心が強い人は自分の心を人や物やお金で満たしていますが、外部からの物でいくら満たしても満足することはありません。

人間の満足感は決して満たされないからです。

執着心が強い人の特徴5:感情的になる

執着心が強い人は感情的になります。

自分の思い通りにいかないと納得が出来ず、感情のコントロールが利かなくなるのです。

すべてが思い通りにいくと思っているのは傲慢な証拠なのですが、執着心が強い人はそれが見えていません。

自分の考えに囚われてしまっているからです。

感情をコントロールすることは執着心を手放すことにもつながります。

関連記事
感情に振り回されると人生が上手くいかない!感情をコントロールするとっておきの方法とは?

執着を捨てられない所有意識

では執着を捨てられない原因とは一体何なのでしょう?

それは一言で言って「所有意識」から来ています。

人間は何も持たずに生まれてきて、何も持たずに死んでいきます。

元々人間は最初から最後まで何も持っていないのです。

目の前にあるスマホやパソコンも、あなたが住んでいる部屋や使っている家具もすべてあなたの物ではありません。

たまたまご縁があってお借りしているにすぎません。

目の前の物を自分の所有物だと思っているから執着が生まれて苦しくなるのです。

すべての物はただ単に神様からお借りしている、自分の所有物は何もないのです。

本来は誰の物でもないのに、なぜか自分の物だと主張するのは傲慢なのです。

所有意識を捨てて執着を捨てる

執着心を捨てるためには、所有意識を捨てなければいけません。

所有意識を捨てて執着から解放されれば、本当に気持ちが軽やかになります。

軽やかになるだけではなく、全てが大切に思えるようにもなります。

全ては神様から与えられた物、お借りしている物なので、大切に扱わなければいけません。

人間の生きる目的は魂の成長、御霊磨きのためです。

目の前にあるもの全て、自分の身体すらも御霊磨きのためにお借りしているものなのです。

執着を手放すには、まず「全てが自分の所有物ではない」ということを意識してみてください。

執着しないためのまとめ

THE BIBLE 〜「執着しない」 編〜

  • 執着は一つのことに囚われるので苦しみが続く
  • 執着の根本原因は所有意識によるもの
  • 所有意識を捨てられれば執着も手放せる

今回の記事はいかがでしたでしょうか?

仏教での教えの通り、人の悩みの多くは執着心からくるものです。

人間は一つの考え方に固執した時に、周りが見えなくなり苦しむことになります。

ものごとは幾通りにも解釈できるはずなのに、執着心があると一つしか見えません。

すると解決策があるにも関わらず、視界に入らないのです。

あなたがもしも今何かに悩んでいる、苦しんでいることがあれば、執着して視野が狭くなっていないか見直してみてはいかがでしょう。

きっと新たな発見があり、解決の糸口が見つかるでしょう。

それでは最後まで読んでいただいてありがとうございました。

弥栄ましませ。

※期間限定公開中!詳しい内容は以下の画像をクリック‼

みんなで光を広げよう!