魅力的な人 ってどんな人物 ?人が 不思議 と 魅力 を感じる3つの 特徴 とは…。

こんにち和、西野です。

「魅力的な人 になりたい!」
「不思議と人を惹きつける 魅力的な人物 に憧れる!」

あなたもそう思ったことがあるのでは?

でも、魅力的な人たちは一体なぜ、魅力を感じるのでしょう?

人は、人のどんな部分に魅力を感じるのでしょう?

今までの世の中では、

「魅力的な人とは、聞き上手である!」
「魅力的な人とは、笑顔が素敵である!」

というアドバイスが叫ばれてきました。

確かに、それらのアドバイスも一理あります。

ですが、それらはあくまで、

『魅力的な人 の自然な振る舞い』

がそうさせているんですよね。

この記事では、

・”ホンモノ”の魅力的な人とは何か?
・2種類の「 魅力的な人 」
・高級ブランドで身を固める人の心の中

についてご紹介していきたいと思います。

うわべの 魅力 は、必ず化けの皮が剥がれる

いくら魅力的な人の行動や表面を真似したところで、すぐに化けの皮が剝がれることは、火を見るよりも明らかです。

魅力的な人 が着る洋服、香水、化粧品、仕草・・・

それらを真似したところで、真の 人間的な魅力 までは真似することができません

本物の 魅力的な人 になるには、

『そもそも 人間性 から 魅力的 になる』

ことが大切です。

 

魅力的な人 に共通する特徴とは?

では、一体どんな人間性であれば 魅力的な人 になれるのか?

まずは魅力的な男性と女性、その特徴から考えていきます。

が、間違っても「イケメン」とか「美女」とか、そういう容姿の違いではありませんよ。

そういう表面的なことではなく、「人間性」が魅力的な人の特徴です。

魅力的な男性 3つの特徴

魅力的な男性の特徴としては、主に3つあります。

魅力的な男性の特徴1)言い訳をしない

とにかく魅力的な男性は、言い訳をしません。

何かあるたびに、

「俺は悪くない!あいつが悪いんだ!」
「だって、仕方ないじゃんか!これはこうで。。。」

などと言い訳して責任転嫁する男なんて、絶対に嫌ですよね。

とにかく 魅力的な男性 に共通する特徴の1つは「言い訳をしない」です。

たとえ約束の時間に遅れてしまっても、何か失敗をしでかしても、いちいち言い訳なんてせず、悪いと思ったことは素直に謝る。失敗したなら潔く反省して、次に活かす。

そういう男性は、自然とその人の魅力がにじみ出ていますよね。

間違っても「髪型が整っている」とか、そんな問題ではありません。

魅力的な男性の特徴2)夢や理想を熱く語る

魅力的な男性はいつだって前向きで、大きな夢や理想を熱く語り、情熱的に生きています。

そういう人は自然と魅力が滲み出ていますよね。

「あの人、なんかカッコいいなぁ〜

と思うような男性というのは、目をキラキラさせて、いつまでも子供心を忘れず、夢や理想に向かってのめり込んでいる人です。

間違ってもあっちに行ったり、こっちに行ったり、フラフラしているような男性は、ちっとも魅力的ではありませんよね。

魅力的な男性の特徴3)腰が低い

前向きに夢や理想に燃えつつ、でも誰に対しても腰が低い男性は本当に魅力的ですよね。

逆に、傲慢で、いつも周りの人を見下して、横柄な態度を取る男性は、いくら髪型や服装を着飾ったところで、ダサいとみんな思いますよね?

僕が出会ってきた魅力的な男性に共通する特徴は、

1:言い訳をしない(潔い)
2:夢や理想を持っている
3:腰が低い(誰にでも物腰が柔らかい)

この3つです。

逆に、それらの特徴がない男性は、高級ブランドに身を固めていようと、いくらお金を持っていようと、異性だけではなく、そもそも人としてモテませんよね。

魅力的な女性 3つの特徴

男性に続き、今度は魅力的な女性に共通する特徴を見ていきましょう。

魅力的な女性の特徴1)何かに愛情を注いでいる

女性と言えば、とにかく「母性」の象徴なので、女性と愛情というのは切っても切れない関係です。

そして、魅力的な女性というのは、お洒落や洋服で着飾っている人ではなく『何かに愛情を注いでいる人』です。

それこそ、子供かもしれませんし、植物かもしれません。ペットかもしれません。

もちろん、旦那さんや彼氏など、パートナーかもしれません。部下かもしれません。

何にせよ「自分以外の何かに愛情を注いでいる女性」というのは、その母性が最大限発揮されるので、自然と魅力的な女性になっていきます

魅力的な女性の特徴2)一歩下がる

魅力的な女性というのは、「私が一番よ!」という人ではなく、いつでも「自分は一歩下がる」ような人です。

良きことは人にゆずり、自分が目立とうとするのではなく、あくまでパートナーや周りの人を引き立てようとする女性は、真の魅力的な女性と言えますよね(男性にも当てはまりますね)。

魅力的な女性の特徴3)相談に乗る

意外かもしれませんが、魅力的な女性というのは、人の相談によく乗ってあげられる人です。

間違っても、

「ねぇねぇ、 アタシってさぁ!」
「ねぇ聞いてよ!こないだデート行ってさぁ!」

なんて、延々と自分の話をしている女性は魅力的でもなんでもありません。

男性からも女性からも「この人は魅力的だなぁ」と思われる女性というのは、とにかく「自分」よりも相手の話を聞いてあげることが上手です(もちろん、いつもではありませんけどね)。

これは女性性の本質的な部分で、女性の性器は自分の体内へと「受け入れる」形をしています。

つまり、女性としての魅力は「包み込む」ことにあります

ですから、聖母マリアのような深い愛情で、人を包んであげられるよう女性は、魅力的ですね。

魅力的な人が纏うオーラ

人には、それぞれオーラがあると言います。

魅力的な人も、落ち込んでいる人も、オーラを持っています。

いや正確には、資格・聴覚・触覚などの五感を使って、それを「オーラ」に変換しています。

そして、魅力的な人というのは、自然と明るいオーラを感じることが多いです。

自然界でも、太陽はまさに明るい存在で、「太陽のような人」というのは、魅力的な人をさすことが多いですよね。

2種類の「魅力的なオーラ」

ただし、ここで注意しておかなくてはいけないのが、単に「魅力的な人」と言っても、人の魅力には2種類あります。

1人は「引きつける」オーラ。そしてもう一人は、人を「引き立てる」オーラです。

「引きつける」魅力的な人は、周りの人からエネルギーを奪うのに対し、「引き立てる人」は、周りの人に自然とエネルギーを与えられる人です。

その違いを分かっていないと、例えば芸能人などは、ほとんど(全員ではありません)が「引きつける」ために命を捧げている人なので、自分のことを構ってくれない人には、なんの興味もありません。

自分を理解してくれないなら、どっかへ行け。

それは、周りの人からエネルギーを奪う行為です。

すると、周りの人は奪われることを嫌がり、離れていってしまいます。

(ただし、人によっては関係性や立場が変わるため、全員ではありません。)

ですから、僕らが目指していく真の魅力的な人というのは、周りの人にエネルギーを注げる人だと思います。

一旦、自分のことは置いといて、もしその人がピンチになったら自分を差し置いてでも助ける。

そんな人こそ、ホンモノの魅力だとは思いませんか?

まとめ:人の魅力は「内側から」

この記事では、魅力的な人についてご紹介しました。

が、最終的には「人の魅力は内側から」が絶対条件ですよね。

人の中身の現れが、格好であり、行動であり、発言であり、現実です。

全ての人は「内側の現れ」です。

ブランド品で身を固めないと気が済まないという人は、ある意味、自分の内側に「恐れ」がある人です。

相手にされないのではないか、自分はちっぽけなのではないか。

それを認めたくないために、自分には価値があるのだと思いたいために、高級品などで身を固めようとします。

(他でもない、僕自身がそういう人生を生きてきました・・・。)

ですが、ホンモノの 魅力 を持つ 人 というのは、内側から輝いています。内側に魅力的な部分があるのです。

そういう人は、どこか楽観的で、常に前を向いていて、あらゆるものに感謝できる人。

そんな人に、僕らも”戻れたら”いいですね。

 

それでは今回は以上です!

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

弥栄ましませ
西野ゆきひろ

 

〈次の記事はこちら〉

⇒ ・本当の幸せ」とは何か?〜モルディブの「大自然」と、もう一つの大切なこと〜

みんなで光を広げよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください