うどんじゃダメなのか?「年越しそば」の意味や歴史、開運するオススメ具材も紹介!

大晦日に食べるものと言えば「年越しそば」ですが、「うどんじゃダメなのか?」という疑問があります。

そもそも普段からそばよりも、うどんの方が好きという方もいらっしゃいます。

調査によると、「そばとうどんではそばの方が好きだ」というアンケートで「はい」と答えた割合が37.3%に対し、「いいえ」と答えた割合は62.7%だったそうです。
うどんよりそば派を調査 関東はそば派が41.5%に対して四国はたったの18.4%!

実はうどん派は6割にも上るのです!

今回は年越しそばはうどんじゃダメなのか?ということについて考えつつ、年越しそばの意味や歴史、食べれば開運するオススメの具材についてもお伝えしていこうと思います。

この記事を書いた人

年越しそばの代わりにうどんじゃダメなのか?

まず年越しそばの代わりにうどんじゃダメなのか?という問いですが、結論から言うとうどんでも大丈夫です。

一般的には大晦日は「年越しそば」というイメージですが、中にはうどんが強い地域もあります。

「讃岐うどん」で有名な香川県では、年越しそばの代わりに年越しうどんが定着してます。

そして他にも「水沢うどん」で有名な群馬県、「稲庭うどん」で有名な秋田県でも年越しはうどんを食べる人もいるそうです。

年越しにそばを食べるかうどんを食べるかは地域性にも寄るので、一概に「これじゃなきゃダメ!」ということはないようです。

年越しそばの意味

それでは大晦日に年越しそばを食べる意味をお伝えしていきます。

諸説あるようですが、これらの意味を思い出しながら年越しそばをいただくと、また違った趣が感じられるかと思います。

年越しそばの意味1:長寿を祈願

そばは細くて長い食べ物です。

ですので「長く生きる」という意味が込められているのです。

ちなみに引っ越しそばも同じような意味があり、「末永いお付き合いをお願いします」という意味を込めてるそうです。

年越しそばの意味2:家族の縁を祈願

健康と同じように、家族も長く続きますようにという願いも込められています。

家族で仲良く食卓を囲んで年越しそばを食べながら、末永く一緒にいられますようにという想いがあるのです。

年越しそばの意味3:一年の厄災を断ち切る

そばは細くて切れやすいところから「その年に起きた厄災を断ち切って新しい年を迎えられるように」という願いが込められています。

年越しそばの意味4:強いそばの実にあやかって

そばは天候不順だったり、米ができないような痩せた土地でも栽培されているような強い植物です。

雨風にさらされてもその後日光を浴びるとまた元気になる様子から、健康を祈願して年越しに食べられるようになりました。

年越しそばの意味5:金運向上を祈願して

江戸時代、金銀細工師は飛び散った金粉を、水で練ったそば粉を使って集めていたそうです。

このことから「そばは金を集める=金運が向上する」という縁起をかついで、年越しそばを食べるようになったとも言われています。

年越しそばを食べるようになった歴史

大晦日に年越しそばを食べるようになったのは諸説ありますが、庶民に定着したのは江戸時代からです。

江戸時代の商家では、毎月の最終日である晦日(みそか)にそばを食べる習慣がありました。

そばはサッと手軽に食べることができるので、忙しい月末に好んで食べられたようです。

それが大晦日に食べるものとして、庶民の間にも広まっていったと言われています。

開運する年越しそばの具材を紹介!

日本では昔から食べ物に対して意味付けをして頂くということをしてきました。

そうすることで栄養価以上のエネルギーを宿すことができるので、同じ食事でも美味しく健康的に頂くことができるのです。

エネルギーの高い食事を頂くことが、最も開運への最短ルートになります。

ぜひみなさんも意味付けを大切にして食事を頂いてください。

開運する年越しそばの具材:海老

海老の天ぷらは腰が曲がっている姿が長寿の老人に似ているとされ、お祝い事がある時によく食べられてきたほど縁起の良い食べ物です。

開運する年越しそばの具材:ニシン

ニシンは「二親(にしん)」という言葉と掛けて、たくさんの子宝に恵まれるように縁起かつぎとして食べられています。

「ニシンそば」は京都では年越しそばの主流となっています。

開運する年越しそばの具材:油揚げ

商売繁盛の神様として祀られている稲荷神、その使いとしてのキツネが好物な油揚げも、縁起物として知られています。

金運や仕事運が上がるようにとの願いが込められています。

開運する年越しそばの具材:ネギ

「一年の苦労をねぎらう」という語呂合わせもかけて、ネギも縁起物として食されています。

またネギは体を温める作用があったり疲労回復にも効果があり、健康に良い食材です。

開運する年越しそばの具材:卵

江戸時代の頃は高級食材だった卵も、縁起物として食されています。

卵の黄身が黄金を思い出させて商売繁盛、金運向上の願いが込められています。

開運する年越しそばの具材:鶏肉

鶏は一年のうちで一番最初に鳴く動物なのでとても縁起が良いとされています。

そして鶏肉の中でも鴨(かも)は、つがいで仲が良いので夫婦円満の縁起物とされています。

開運する年越しそばの具材:大根おろし

大根おろしは厄災を断ち切る、という意味で縁起物として知られています。

また胃腸にも良い食べ物なので、疲れた体にも良い効果を与えます。

開運する年越しそばの具材:紅白かまぼこ

紅白かまぼこは昔から大変おめでたい食べ物として、お祝い事のたびに用いられてきました。

半円の形は日の出に見立てられ、赤は「魔除け」、白は「清浄」の意味が込められています。

年越しそば、年越しうどん:まとめ

THE BIBLE 〜年越しそば、年越しうどん 編〜

  • 年越しそば、年越しうどん、どちらでもOK
  • 食材や具材には様々な意味や想いが込められている

年越しそばは江戸時代から年末の風物詩として、縁起物として庶民に親しまれてきました。

毎年なにげなく食べている年越しそばや年越しうどんも、意味や歴史を思い出しながらいただくと、波動が上がり全然違ったものになってきます。

縁起の良い食べ物をいただくことは体に良いエネルギー貯めることになり、開運への近道になります。

年越しそば、年越しうどんを頂くときはぜひ今回の記事を参考にして、食事から最大限にエネルギーをいただいて新年を迎えてください。

それでは最後まで読んでいただいてありがとうございました。

弥栄ましませ。

お正月に縁起物とされる食べ物は?おせち料理のに隠された言霊の秘密

2019年9月25日

※期間限定公開中!詳しい内容は以下の画像をクリック‼

みんなで光を広げよう!