悪口を言う人の心理と特徴。悪口は自分にブーメラン

あなたの周りに、悪口ばかり言う人っていますか?

悪口を言う人がいると、場の雰囲気が悪くなるし、まともに相手しているとすんごく疲れてしまいますよね。

それは悪口を言う人はエネルギーを奪う人だからです。

そんな、悪口を言う人にもちろんなってはいけませんし、無意識のうちにそうなってしまうことにも注意しないといけません。

なぜなら、悪口は言う本人にも周りにも悪影響だからです。

 

悪口を言う人の心理を知ることで、うまく対応できてエネルギーを奪われることを防ぐことができます。

また、あなたが悪口を言う人にならない対策にもなります。

ということで今回は、悪口を言う人の心理をみていきましょう。

この記事を書いた人

悪口を言う人の特徴

まずは悪口を言う人がどんな特徴を持っているのかをみていきましょう。

悪口を言う人自身は、自覚がない場合が多くありますから、自分にも当てはまらないかチェックしてみてください。

特徴1:視野が狭い

悪口を言う人は、視野が狭く一つの価値観にこだわる傾向があります。

「〜でなければならない」

「普通は〜のはず」

といった発言が多く、その狭い価値観しかないため、他人の意見を受け入れることができません。

 

ですから、意見が偏りガンコになり、人の話を聴かなくなります。

自分の考えが正しいと思い込んでしまうため、自分の価値観に合わない人をバカにしたり、悪口を言うことになるわけです。

特徴2:自分の意見がない

悪口を言う人の多くは、実は自分の考え、意見というものを持っていません。

それは自信がなく、自分の意見が否定されることを恐れているからです。

 

ですので、悪口を言う時は必ず

「〜らしいよ」

「〜って言われてたよ」

などという噂話になるのです。

強そうな意見に同調することで、自分も強い立場でいたいという心理の現れです。

いじめをする人間と近い心理と言えるでしょう。

特徴3:自信がない

悪口を言う人は、一見ものごとをよく知っていて、強い主張をもっているように見えます。

しかし、それは逆に自身の無さの現れであり、それを隠すためのものであります。

自信がないから、悪口を言って他人の評価を下げることで、自分が優位であることを示したい と言う心理が働いているのです。

特徴4:寂しくて孤独を感じている

悪口を言う人は、人の注目を集めたいという心理があります。

ですから、悪口を言うことで相手を下げ、自分を相対的に上に見せ、人から注目されようとしているのです。

計算してやっている訳ではありませんが、寂しいがゆえの無意識の行動となって現れています。

 

悪口を言う人の7つの心理

悪口を言う人は以上のような特徴を持っています。

次に悪口を言う人の心理について、もう少し詳しくみていきます。

優位性を示したい

悪口を言うことで、自分が正しく、自分が上であると言うことを示したい心理が現れています。

これも自身の無さがゆえで、自分が真っ当に実力で上ではないことを、本当は悟っているからむしろ悪口を言って批判したくなってしまうわけです。

共通の敵を作りたい

自分が弱く怖がりなために、仲間を集めようとします。

自分の存在感に自信がないですから、同じ悪口に共感してくれる人で固めて、自分の安全地帯を作ろうとする心理があるのです。

ストレス発散

個人のストレス発散のために悪口を言われたらたまったもんじゃありませんが、悪口を言う人というのはたいていがストレス発散です。

悪口を言って周りの人に同調してもらってる時は、気持ちがいいものです。

ですから、悪口を言う人はどんどんクセになりやめられなくなってしまいます。

コンプレックスがあるから

コンプレックスからの反動で、人の悪口を言ってしまっているパターンがあります。

これも、悪口を言うことで自分が優位になり、コンプレックス部分を補おうとする心理です。

仲間内から嫌われたくない

これは同調して一緒に悪口を言ってしまう場合に多いです。

悪口を言っている人がいたら、それに同調しておかないと仲間外れにされてしまう、という心理です。

いじめとよく似ています。

自分の正しさを示したい

自分が正しいことを示したいが、堂々と意見を言って否定されるのを恐れる心理です。

自身がないため、自分の意見をはっきり出すことができません。

ですが、影で悪口を言うことで、「あなたが正しい」と言ってもらい、自分が満たされることを期待する心理です。

安い居酒屋で政治論を披露し、すごいと言われて満足するオッサンみたいな感じです。

認められたい

これも安い居酒屋オッサンの心理に近いですが、同調してくれる場でのみ悪口を言い、自分の存在感を認めてもらいたいと言う心理です。

飲んで上司や会社の批判をしているサラリーマンはだいたいこれです。

もっともらしい意見で同調をもらい、「君がいなきゃだめだ」感を感じたいのです。

 

悪口を言うと損をする理由

悪口を言う人は、言うことで自分にメリットがあるかのように感じていますが、実はものすごく損をしています。

なぜかというと、悪口という負のエネルギーを発することで、それがいずれ増幅され自分に還ってくるからです。

自分が発した言葉は、響きとなり世界に影響します。

世界というのは、自分が発した響きをそのまま反映して写しますので、自分が負のエネルギーを放っていれば、当然その人には負のエエネルギーが戻ってくるのです。

つまり、悪口というのは人に言っているようで、自分に言っているようなものなのです。

 

また、悪口を言う人の周囲にいる人も、それに同調しないように注意せねばなりません。

ほんとは聞くだけで害ですが、近くにいたら避けられない場合もあります。

ですが絶対に悪口に同調してはダメです。

なぜかというと、悪口を言う人の負の響きに、自分もシンクロしてしまうからです。

悪い響きにシンクロした時点で、あなたの世界にもマイナス事象が反映されてしまうのです。

最後に

このように悪口は誰も幸せにしません。

そして自分だけでなく周りにも悪影響を与えてしまうものです。

ですから悪口を言うような人は当然神様からも応援されませんし、人からも信頼されません。(人も神様ですから)

なので、絶対に悪口を言う人にならないでください。

近くにいる場合は、なるべく距離を置き、影響を受けないように注意しましょう。

THE BIBLE 〜悪口を言う人の心理 編〜

  • 悪口を言う人は、エネルギーを奪う存在です
  • 悪口を言うと、負の響きとなって自分に還ってきます

あなたの周りが清らかな響きで満たされますように!弥栄!

みんなで光を広げよう!